Sonar Members Club No.1

since September 2012

ヴァン・クライバーンの訃報

2013 MAR 1 0:00:06 am by 東 賢太郎

審査員は審査終了後、ニキータ・フルシチョフにアメリカ人に優勝させてもよいか聞いた。フルシチョフは「彼が一番なのか?」と聞き、「それならば賞を与えよ」と答えた。(Wiki)

こうして冷戦下の1958年、ソ連が国威発揚のため設けたチャイコフスキー・コンクールで、しかもソ連の看板曲であるチャイコフスキー・ピアノ協奏曲第1番を弾いた23歳のアメリカ人が優勝した。

クライバーンの『チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番』(コンドラシン指揮RCA交響楽団)(1958年)は、ビルボードのポップアルバムチャートで1位(7週連続)を獲得した唯一のクラシック作品である(2007年現在)。(Wiki)

このいきさつは中村紘子さんの「チャイコフスキー・コンクール」(中公文庫)に詳しいのでお読みください。当時の米ソ冷戦の緊張をはらんだ様相がリアルに伝わってきます。結局、世界を騒然とさせたクライバーンは大家の仲間入りを果たすことなく、一閃して消え去る花火のごとく燃え尽きてしまいました。

昔、阪急ブレーブスに山口高志という投手がいました。「史上最も速い球を投げた男」と言われながら4年で消え去った彼をどこか思い出してしまいます。クライバーンの上記チャイコフスキー、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2、3番などは、「最速男」だった頃を髣髴(ほうふつ)とさせる颯爽とした演奏です。

こう訃報が続くと寂しくなります。ご冥福をお祈りします。

Categories:______演奏家について, クラシック音楽

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬