勝手流ウィーン・フィル考(2)

  1996年の年の瀬のことです。野村スイス勤務だった僕は両親、家族とお正月を迎えるために年末から一時帰国して東京の自宅にいました。そこへ突然、秘書室より「社長が所用でウィーンに行くからすぐ現地で待ってお供しろ … 続きを読む 勝手流ウィーン・フィル考(2)