Sonar Members Club No.1

since September 2012

SMC忘年会に思う

2013 DEC 21 0:00:15 am by 東 賢太郎

お陰様で12名でとことん盛り上がりました。皆様、ご多忙の中ありがとうございます。とくに遠方新潟からご出席の青木先生、韓国からの三田さんには感動です。新メンバー江崎さんもすぐうちとけられました。想定外?の本数の酒、ワインの空瓶が並んだように記憶しており、僕以上に記憶をなくされたと見える方もおられ、皆様の無事のご帰還だけがいささか心配ではありましたが・・・。

皆様とは古くは30余年、最近ではわずか1か月のおつきあいですが、その長短にはかかわらずおひとりおひとりに出会いの物語があり、すべてがかけがえのない宝物です。それが僕だけの宝ではなく、やがてみなさん同志の宝物になることこそ僕の夢です。西室の名幹事でそういう一歩がふみだせました。

人の出会いはほんとうに不思議なもので、ソナーという会社は英国人Sさんが僕に出資してくださったことで産声を上げました。必ず波長が合うからロンドンまで会いに行ってみろといってくれたのはNYの安岡さんです。僕はSさんは初対面でしたが安岡さんを良く知っています。安岡さんは僕もSさんも両方を良く知っています。一か八かでしたが僕は安岡さんを信用しています。即決でロンドン行きの英国航空のチケットを買いました。

こうやってひとつの出会いが波紋のように広がるのは世の常ですが、実は目に見えず広がっているのはこの「信用」なのではないかと常々思っております。僕が安岡さんを信用し、安岡さんも僕を信用し、Sさんが飛び込みで来た僕を信用してくださった。両氏にいただいた信用に努力で応えるのは当然のことであり、それが信用をもっと強くします。

ソナーがなければSMCもありませんでした。そこでメンバー全員の皆さんと、そして皆さん同志でも、新しい信用の和が築かれつつあります。それを感じました。信用というものからは、誰だってにわかには信用しないほど大きなものが生まれます。1+1が5にも 10にもなります。僕は何度もそれを体験しております。そして、それが単なるお知り合い関係、お仕事関係からは絶対に生まれないものであることも体験しております。いつかメンバーの皆様にはそれがお分かりいただける日が来ることを願っております。

最後に、盛況にみちびいてくれた畏友西室に深謝です。

 

 

 

 

 

Categories:______日々のこと, SMCについて, ソナーの仕事について, 徒然に

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐