Sonar Members Club No.1

since September 2012

ここからどう生きるかについて

2015 FEB 6 0:00:44 am by 東 賢太郎

今日はドイツ時代の友人Tさんと野村時代の後輩Kさんと飲んだ。まあこっちはもう還暦の身だし、次の人生に入ったということでこれからはこんなことをやりたいという話になった。

それは我々資本主義の権化のような業界に生きてきて、何か国のため人のためになったか?困っている人から有難うと何回心から言っていただいたことがあるか?という話だ。僕など悲しいかな2回しかない。だったらここからは死ぬまでにそれを何回言っていただけるか、そのために全力を尽くすべきじゃないかということになった。

言うは易しで、それをするにはいろいろな方のご協力もいる。どうせここからの余生?年をかけるなら、思い切って大きくやった方がいい。おふたりともそれをわかってくれて、一緒にやりたいと言ってくれて本当に良かった。僕は個人的にミクロネシア連邦に思い入れがあって、この国も信託統治をしていた米国も、もちろん日本国も三方一両得の方策をすでに考えている。

おそらく戦中派の方々はミクロネシアにいろいろな思いをお持ちと思うし、森元首相のお父上はそこで終戦を迎えられ特別な地であられるともきいている。日本軍がドイツ軍を追い出し、だから日本軍が米軍に徹底空爆されてミクロネシアの人がまきぞえで何万人も命を落とされた、それにもかかわらず日本人を恨むことなく歓待してくれる。こういうご縁を反故にする人も国も世界では尊敬されないと思っている。

テロとの闘いもあるが、最後は人間は何国人であっても「徳」がある人を大事にする。理屈でも地位でも学問でも資産でも武力でもなく、最後は徳のあるなしで勝負がつく。人もそうだし国もそうだ。そうやって日本は堂々たる国になって欲しい。ささやかながら、その一助になれれば生まれた甲斐があるかなと思っている。ふたりは今年行くときにいっしょにミクロネシアに行ってもらうことにした。

 

Yahoo、Googleからお入りの皆様。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:自分について

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬