Sonar Members Club No.1

since September 2012

読売巨人軍のシビリアンコントロール

2017 JUL 28 12:12:17 pm by 東 賢太郎

広島カープの独走はけっこうなことだが、巨人が戦犯だという声が高い。優勝経験があり打線は貧弱だが勝ち方は知っている。菅野、マイコラス、田口と盤石な先発3人がいて、抑えもマシソン、カミネロの剛球は昨日のカープすら手も足も出ない。それで対カープ戦績が4勝13敗はないよね、というのは至極ごもっともだ。

高橋由伸の監督力よりフロントの問題だろう。高橋と井端を無理やり引退させる。監督は社長だ、出世は嬉しいはずだ。ここからして上から目線で読売のサラリーマンと思ってる。おそらく、まだ全然枯れてない選手生命に忸怩たるものがあった二人が今いればスタメンだ(笑)。フロントの勘違いド素人ぶりはそれに留まらない。「FA制度を効率的かつ機動的に活用し、他球団のスター選手をなるべく高値で獲得して制度への参入障壁を確立し、球団の繁栄と競争力を盤石にする」というポリシーが巨人軍の輝かしい伝統となりつつあるのである。

ざっと見ても、陽はケガで斜陽に、山口は泥酔暴行、森福は億万ワンポイント・リリーバーに。弱いセカンドにと採った片岡、クルーズはハズレと判断し、ご同類のマギーを二塁に回したら守備ド下手で投手がブチ切れて負ける。ご賞味期限切れ選手の掃き溜め状態であり、二塁で余ったクルーズを在庫整理で楽天に売ったらパリーグ首位チームで即日に試合に出て大活躍だ。この凄まじいほどの人を見る目のなさ。日ハムに出したらレギュラーで10ホーマー打ってしまった太田だけじゃない、もうここまで見事に戦略が逆噴射するとマンガである。

人を見る目がないのは選手だけの話じゃない。聞くところによるとこのチームは試合開始直前にフロントのトップでいわば会社の巨人軍担当大臣である球団社長が選手をロッカー裏に集めて訓示をたれるらしい。それがなんと読売新聞の売上げ部数低迷の話で、君らが弱いのがいかん、いま親会社は危機なんだぞ、頑張ってくれ、らしい。難攻不落である相手エースのフォークボール攻略法を必死に考えていた選手たちは、これに目が点になってのけぞって、13連敗の記録樹立まで負けてしまう。

試合開始直前の選手というのはまさに戦場に赴く兵士であり投手はブルペンで血がたぎり、マウンドにのぼると足が震えたりもする。野手は殺気立っている。そこにわけのわかってない背広のおっさんが革靴のまま寄ってきて・・・。

「シビリアン・コントロール」(文民統制)は読売本社のお好みの方針らしく誠に結構だが、「ああお気楽勘違いのシビリアン」をのっけると制服組はこいつ殴ったろかとなる。これは間違いない、殺したろかに近いかもしれない。子供の時からグラウンドに出入りする時は一礼と厳しく躾けられ、やらないと殴られてきた連中である。一般には分からないだろうし仕方ない、でも硬派のスポーツやった人は想像がつく。

まさかそうはできないのでプレーが散漫になる、そして、やる気満々の相手にコテンパンに負ける。当たり前だ。それで怒るのは筋違いであって、何もわかってないハイヒールの巨人軍担当大臣を任命した本社の社長の方が大きく「ああ勘違い」なのである。

「カープ戦は激戦だったらしいな、選手にけが人が出たというのは本当か、報告は受けてるのか?」「はい、監督から受けました、でもファンにはなしとウソ言ってますが」。「困ったな、スポーツ新聞が騒いでるぞ、どうするんだ?」「はい、ウソはつき通すしかございません。私はいつでも球団社長を辞任して、いち社員に戻る覚悟でおります」「そうか、いつも苦労をかけるな、まあそうなっても可愛い君だ、後は面倒見るから心配するな」。

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories:政治に思うこと

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

柴野大造
中川龍太郎
福井利佐