Sonar Members Club No.1

since September 2012

「量が質を生む」(大フーガ と K.546)

2018 AUG 9 13:13:32 pm by 東 賢太郎

データによると書いたブログは1774本になるが1675本だけ公開した。だから99本は捨てたか未完だ。モーツァルトに未完作品がなぜあんなにたくさんあるか不思議だったが、案外こんなことかもしれない。いいと思って書きだしたがほかで忙しくなる。あるいは途中で気乗りせずしばらく放っておく。そのうち忘れるか当初の情熱が失せてしまうというところではないか。

僕は男はprolific(多産)であるべきと思っていて、モーツァルトやワーグナーが生涯に書いた楽譜はまずその物量に羨望を覚える。物量はエネルギーに起因する。ゴルフなら飛距離だ。「飛距離だけじゃない」が通用するのは素人同士の話で、まっすぐ300ヤード飛ぶプロに僕らが小技を鍛えて勝つことは全く不可能である。何事もやる前からマイナーリーグ狙いというのはポリシーにない性分だ。

彼らが魔笛や名歌手だけ書いていても名は遺したろうが、実はそういう現実はない。ああいう質の作品は膨大な物量を書いてこそで「量が質を生む」とはそういうことだ。始めて5年10か月だから1880日ほどで、捨てたのを入れるとざっくり1日1本というのはクオリティはともかく僕としては限界物量で、これ以上の挑戦は無理だから質も限界的ということになるのだろう。

ブログを誰に向けて書くかというとNowhere Man(for nobody)だ。モーツァルトの和声を分析したところできわめて一部の人しか興味ないだろうし、野球技術のことを書いても経験者にしか通じないだろうが、そういうことを危惧しても何もおきない。だから、コーテシー抜きという意味では不親切でユーザー・アンフレンドリーだと思う。

しかし、知らない人の文章がフレンドリーだから読まれるわけではないとも思う。そんな暇な人はいない。おもてなしだけで飲食店が繁盛しないのと同じだ。悪貨が良貨を駆逐するのは悪貨が人気があるからではない、良貨は選別されて退蔵されるからだ。良貨と信じることだけ、わかる人だけわかる本質的な事を書くのが本当のコーテシーと思う。

ベートーベンは弦楽四重奏曲(SQ)でそれをやった。ピアノソナタは自分のために、交響曲は大衆のために書いた。SQ第13番作品130の終楽章だった大フーガは初演でまったく受けず、第7交響曲が対象としたような大衆に聞かせても理解できる楽章に差し替えを迫られた。19世紀を通して事態は変わらなかったが、百年たってストラヴィンスキーがこれを「永久に現代的な楽曲」と称賛した。良いものは発見される。

大フーガの終結部、14分35秒のユニゾンに第8番、唯一大衆向けに書かなかった交響曲の第2楽章が聞こえる。他の交響曲はそうではなかったが8番だけは大フーガを志向して命脈を保ったのだ。こういう質の作品が量を生み出せない人、prolificでない人の手からこぼれ落ちたり、何かの拍子で脳裏に天啓のごとく降ってくると信じるのは憲法の保障する信教の自由の範囲内ではあるが、その世界観に従って述べるなら、神は人をそのように作っていない。

この音楽はまたモーツァルトのK546(アダージョとフーガ ハ短調)の血を引いている)。3分20秒からのフーガをお聴きいただきたい。ベートーベンは交響曲をフーガで終わらせるアイデアは第九で合唱に置き換え、翌年の作品130の終結にフーガを持ってきたのだ。

この作品は交響曲第39番(K543)と40番(K550)の間に書かれたという、41番(K551)になぜフーガ風の終結がやってきたかの出自を物語る作品である。後にベートーベン7番に浮かれることになる性質の聴衆にK546が理解されたかどうか、少なくともモーツァルトが本音では彼らにおもてなし精神を発揮する気はさらさらなかったことはうかがえる。それが最後の交響曲を前年に書き終えて同じ心境にあったベートーベンの心に共振したことは考えられると思う。

3大交響曲を書いた日々のモーツァルトにとって、書いてみようという本音の関心領域はこういうものだった。意識がNowhere Manに向けばこうなり、それはK491に端を発しているから大衆に理解されないことは所与の前提だったろう。ではなぜ、そんな中で、あれほど人口に膾炙する3大交響曲を渾身の力を込めて書いたのだろう?誰にも頼まれてないし、お金にもならないのに・・・。その謎が解ける仮説は何度も書いたのでそちらをご参照いただきたい。

歴史は史実から演繹法的に書くしかない。モーツァルトの1787年以降について歴史家の筆が鈍るのは、非常に筆まめで生活の細部までくどいほどdescriptiveな指示をしていたレオポルドが逝去して一級文献であった父子の手紙が消えるからだ。旅先から妻への他愛ない私信やプフベルクへの借金を無心する手紙のexposureが必然的に突出して見えるが、それはそちらが重要になったのでは必ずしもなく、父の手紙が質、量ともに重かったことの間接的な証明に他ならない側面もある。

クラシック音楽の評価は後世の他人の叙述の多さが作る。古いからではなく、「語られた言葉の物理的な総量」が、何物であれ、シェークスピアでも論語でも万葉集でも、クラシックになるかならぬかを決める。従って父が膨大な物量の手紙という文献を残したことが息子の評価に貢献したことは否定しがたいが、それは父の群を抜いた知性が資料の一級性を担保し、それが後世の一級の知性に響いて叙述するインセンティヴを与えてこそのことだった。「モーツァルト」は肉体も知性も技術も名声も、あらゆる意味で、prolificなレオポルドの作品であった。

歴史は史実から演繹法的に書くしかない。これは知性ある人の絶対の法である。しかし史実と思しき一級文献がないか、あっても史実と合理的に推量するに足る物量に欠ける場合、帰納法的に書くしかないのである。演繹法に拘泥すれば、プフベルクへの借金を無心する手紙のexposureの高さから、彼は貧乏だったと推量的に結論するのが合理的でないと断じる理由はない。

しかし、何度も無心するほどひどくお金に困っていたと自分で結論したはずの人物が、人生でもハイドンセット以外に類例のほぼないこととして、お金にならない仕事に精を出した、しかも、その精の出し方は手慰みや退屈しのぎではあり得ないもので、人類史に残る質の大規模作品を2か月で3つも書いた。この自分で言っていることの矛盾を非合理と思わない人が合理性を主張するのは苦しいという僕の問題提起は、どなたも納得していただけるのではないか。

「いや、モーツァルトは天才なのだ、無報酬でも書きたくなったのであり、それでもジュピターが書けたのだ」が演繹法派の主張だ。これを否定することは、教祖は空中浮揚ができると信じたあの人たちにそれは誤りと諭すほど困難なことだろう。宗教なのか恋愛なのか、関心は全くないが、少なくとも天才という言葉が出た瞬間に彼らは思考停止しているのであって、そもそもが論理の産物である演繹法でもなんでもない。ロジカルシンカーがそういうものをまじめに相手にすることはだんだん減っていくだろう。

帰納法は空想のSF小説ではない。「貧乏だった」を否定するか「資料に残っていない理由があった」と推量するのが合理的と結論するロジックの産物なのである。合理性に則るのが知性ある人の絶対の法である。法は法なのであって賛美や信心や帰依が入り込む余地はない。モーツァルトはカネに困ってなかったが能力に見合うカネと名誉がない不満を持った徹底したpractitioner(実務家)というのが僕の長年の考察の結論だ。僕は手紙、楽譜という一次資料と、政治・経済・社会環境に関わる二次資料しか信じないが、前者の物量の多さは当時の作曲家に類例がなく、「量が質を生む」とはここでも真なりと感じる。

 

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:______ベートーベン, ______モーツァルト

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

Luise Ono
三遊亭歌太郎
島口哲朗