Sonar Members Club No.1

since September 2012

投手使い捨て時代の到来か?

2018 OCT 27 0:00:40 am by 東 賢太郎

今年のドラフト1位は

根尾4球団、小園4球団、藤原3球団

と高校生の競合でした。こんなのは見たことない。結果はわがカープが小園、ロッテが藤原を引き当ててくれ文句なしでしたが、ちょっと釈然としない気持ちが残ったのも事実です。それを書きます。

根尾はマルチの逸材ですがショートが本命です。小園もショート。つまり8球団がショートを欲しいということでしたね。藤原はセンターだしここに書いたことを思い出しました。

野球人類学

以前ならどう考えても東洋大の150キロ3投手の争奪戦だったと思うのです。でも投手は毎年出てくる。10年チームの大黒柱を張れるショートは希少で、根尾と小園の二人もいたのが今年のドラフトだったということでしょう。

今宮(ソ)、田中(広)、源田(西)、坂本(巨)がトップランクで中島(日)、京田(中)、安達(オ)、糸原(神)は総合力で落ちますね。大和(De)、藤岡(ロ)、西浦(ヤ)はさらに下です。チームの順位とけっこう相関してます。茂木、鳥谷が消えたのと楽天、阪神の最下位凋落もシンクロしてますね。だから根尾、小園。きわめてわかりやすい。

しかし、それだけでしょうか。少し気になる新しい兆候があります。広島の補強戦略の成功です。広島はこの10年間で観客動員を2倍、売り上げを3倍に増やした。純利益は実に100倍。球団経営者がそれをモデルと考えるのは当然のことです。ドミニカからタフで安くてハングリーで若い選手を連れてくる。フランスアなんか24才で年俸は880万円ですよ。それで左腕で158キロも出る。彼がもし日本人だったら根尾並みの争奪戦だったことは間違いないでしょう。それが簡単にできてしまうなら、ドラフトってなんなの?っていう感じでしょう。

ドラフトでは日本人でないとまずいポジションだけ採る。ピッチャーは故障したら終わりでリスク高いよね。かつて投手の肩は消耗品と言ったがいまや投手が消耗品だ。それならドミニカンでいこうよ、たくさんいいのが出てくるし安いし、日本人投手に1億円も払う必要ない、そうなってきてないでしょうか。つまりセンターラインは日本人の逸材で固める(タナキクマルだね)。だから高校生のショートとセンターに11球団も集中する異例の事態になったのではないでしょうか。

「ファーストとレフトが外人の指定席」の図式だったのが、ピッチャーまでそうなってきてないでしょうか ? 巨人がメルセデスやアダメスで真似しだしてますし、だんだん全球団その方向に行くかもしれない。そのうち理にも利にもさとい子供たちはハイリスクのピッチャーはやりたがらなくなるのか?そんな夢のない野球界になるのはやめてくれ。直球を磨いて空振りを取りたいと言って日ハムに行く金足農業の吉田クン。負けん気の強そうな唯我独尊なしゃべりっぷりも君はピッチャーそのものだ。たのむよ、大投手になって三振取りまくってくれ。やっぱり4番でエースだよねの世の中に巻き戻してくれ。応援してるよ。

PS

それにしても吉田くんがハズレ2巡目競合なしというのも大変意外だ。大谷のようにメジャー宣言してたわけでもなし、完成度が、伸びしろがうんぬん言われるがそんなの高校生なんだからあたりまえ。あの甲子園でのストレートへの僕の経験的評価は自信がある。不可解。

 

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:______プロ野球

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

Luise Ono
三遊亭歌太郎
小林未郁