Sonar Members Club No.1

since September 2012

白熱の延長戦2試合をみる

2018 OCT 28 1:01:33 am by 東 賢太郎

大正13年生まれの親父の94才の誕生日でした。杖ついて一人で歩くし頭はクリアでスマホを駆使してニュースから株価まで詳しい。焼き肉が食いたいというので行くとけっこう食べる。膝が痛いんだよもう年だねなんていうからそんな年だと思ってないんだろう。こっちだってこのところ膝が痛いし、とてもあそこまで生きる自信はありませんね。

そんな日に延長戦の凄いのを2つも見るなんて。思い出というとシカゴのリグレー・フィールドで観戦したカブス対マーリンズの延長16回があります。サミー・ソーサの場外ホームランがあったり凄い試合でしたが、終わったら夜中の1時を回っていてタクシー乗るのに苦労しました。アメリカ人と二人だったから良かったが、一人だったらちょっとやばかった。

野球というのは思えば27アウトとられるまでは夜中どころか何日かかって打っていてもいい恐ろしいスポーツです。ご先祖様であるクリケットがそうなのです。だから27アウトとって決着つけるまでやる。選手使い切って投手が代打に出たり野手がマウンドに登ったりして見世物として価値があろうがどうだろうが、それが原則なのです。

きのうのドジャース対レッドソックスのワールドシリーズ第3戦はWS史上最長の7時間を要した延長18回、3-2でドジャースの勝ち。楽しめましたが見るだけで疲れます。そうしたら夕方に始まった日本シリーズの方まで延長12回の2-2のドローなんてことになるではないですか。ドローねえ。「それではこのへんでぼちぼちお開きということで・・・」。お開き。何とも日本的ですねえ。

カープは勝てる試合だったのにどっと疲れてしまった。初回に菊池が千賀からホームランで機先を制し最高のムードで2点をとる。しかし野間や会澤が好機で外野フライすら打てず、無安打で来ていた大瀬良を援護するどころか松山が草野球のおじさんかと見まがうエラーで2点を易々と献上してしまう。この引き分けは負けに等しいですね。

ソフトバンクの投手陣の厚みは手ごわい。先発もそうですが後ろの方もコマがそろってます。守備は盗塁殺が2つあってこれも手ごわい。打力のチームと思ってましたが実は守り勝つ野球だったんですね。カープは菊池と松山以外はぜんぜん打てず田中と会澤なんて飛ぶ気配もなし。8投手が頑張って何とか引き分けましたが後半は押されっぱなしだ。

明日勝たないとそこからのヤフオクでの3連戦が危うい感じがするなあ。もし負けるとそのまんま4つの電車道?見たくないなあ。日本シリーズ初戦での引き分けは3度目で、全て広島が絡んでいるそうです。過去2度は75年の阪急3-3広島、86年の広島2-2西武。広島はこの2度のシリーズでは日本一を果たせなかった。

3度目の正直を信じよう。丸と鈴木ですね、この二人が打たないと火がつかない。期待してるよ。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

 

Categories:______広島カープ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

Luise Ono
三遊亭歌太郎
小林未郁