Sonar Members Club No.1

since September 2012

ますます大坂なおみファンに

2019 JAN 27 1:01:04 am by 東 賢太郎

世界一というのは地球一ということです。その景色ってどんなものなんだろう?日本一でも大変だろうけど、地球儀では小さな島の王だ。そんなところに21才で駆け登った女の子が見たものは何だろう。相手のチェコ人はメンタルにタフで勝負強く見えたけど、彼女のパーソナリティはそんな風に見えない。それでいてこの強さは??? う~ん、この子はどこか宇宙的な茫洋として底知れぬものを秘めているなあと思ってしまいますね。

僕らの多くは頂点のアスリートしかテレビで見ません。なんでもなく100mを10秒で走りぬける男ばかり見ていると、人間が100mを10秒で走るのと11秒で走るのとどんなに開きがあるか実感が持てませんね。12秒ぐらいかかった僕がそれをああだこうだ言っても一文の値うちもないし。というのは13秒の奴が俺も頑張れば12秒は出せたと、たぶん無理なのだが言われてしまっても何も言えない。それが12秒というものなのです。10秒はそれを誰にも言わせない、言っても誰も信じない鉄壁の如き凛とした響きがある。しかし、それを出しても、まだ地球一ではないのです。

僕はアスリートへの称賛は才能半分、努力半分と思って見ています。才能はずるいけど仕方ないもの。先日カープの菊池がJ リーガーにまじってサッカーに興じていましたが、最初は彼をサッカー選手と思いこんで観てました。あの運動能力なら体操だろうがテニスだろうが超一流になれる。そういう連中がすさまじい努力もしている世界がプロなのだとは思うのですが、そんなレベルの景色は僕には成層圏外であって想像もつかない。だから宇宙をのぞき見したい一心で、僕らはお金を払って球場へ出かけるわけです。

日本人は努力のほうに重きを置く傾向がないでしょうか。頑張れば誰でも10秒がでるわけではないのは自明なのですが、その才能あっての努力だよねなどとストレートに言えば嫌われるのも自明の国です。15秒の人の走りを金を払ってでも観たいという人がいないことも自明ですが、その人が懸命の努力で12秒になったなら金は出さないが応援する人はいくらもいるでしょう。そのメンタリティーで日本が繁栄したのは事実と思いますし、僕は自分がやっていた高校野球というものにそのにおいを強く感じてあまり好きでなかったのですが、そのおかげで15秒の我々の野球を観てもらえる恩恵にも浴していました。

その主催元である高野連が高知商野球部に対して処分を検討と聞きましたが、500円の入場料が「商業的利用にあたる」とはどういう根拠なのだろう。ではダンスイベントで働いて定時制高校に通う勤労青少年は高校球児になれないのでしょうか?球児には「15秒の人」レベルから「10秒が出る人」レベルまでいます。後者の人を金を払ってでも見たい人々にはプロもアマも高校生もなく、そこに新聞社の事業である甲子園大会は乗っかって堂々と収益をあげています。根尾君や藤原君がダンスを応援するなら1000円払っても観たいという人はいくらもいるだろうが、両者の違いがよくわからないのです。

商業的利用ではなく自分で稼ぐのはどうなのか。15才のJ・リーガーがいたし、ゴルフでは石川遼が16才でツアー優勝して賞金を得ているし、大坂なおみは14才でプロツアーに出ているし錦織圭も高校時代からツアーで勝って賞金を稼いでいる。将棋では藤井くんが中3で2000万円近く稼いでいる。この世の中で500円の券が云々など言うこと自体がすぐれて浮世離れしているし、悪法もまた法だというならその法のほうも構成要件が全くわからない。僕は1991年ごろ、初めて日本でワラント債が出たときに法務省が「賭博罪に当たる」として絶句したのを思い出します。まだ刑法という根拠法があるだけましではあったのですが。

僕がいま子供だったら、きっと野球は好きだろうがやりたいとまで思うかな?怖い監督、先輩に理不尽にしばかれるし坊主頭はカッコ悪いし遊べないしね、ゴルフかテニスに行ったかも。大坂なおみさんの世界一、地球一はテニス人気に火をつけるでしょうね。というのも根拠があります。日本ではメジャーリーガーの年俸ばかり騒がれますが世界で見ると野球などマイナーで、2018年のフォーブズのアスリート年収ランキングで野球はやっと37位にカーショウ(ドジャース)の37億6千万円が登場、35位は錦織圭(37億7千万円)でどのメジャーリーガーより上です。女性はというとトップ10のうち9位がレーサーなのを除いてなんと9人がテニスであります。1位が20億円のセリーナ・ウイリアムズで、それを倒してとうとうランキング1位に昇りつめた大坂さんは30才まで女王でいれば200億円は軽く稼ぐでしょう。

高野連の人はスポーツは健全な青少年の育成のためにある、商売はいかんというのだろうし、自分も育成していただいた御恩は決して忘れないのですが、高知商の措置を見ると野球は世界の潮流からどんどん置いていかれてるという危機感を覚えます。努力・育成は教育者として大切なテーマですがお金のピューリタニズムの強要は児童の性教育を忌避するようなものでしょう。健全な体で健全な向上心を持つ子が健全な欲を持つのは人間として当然のことだし、それを抑圧して何かいいことがあるかというと僕は思いつきません。

 

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

Categories:______日々のこと

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

菊野昌宏
ミヤザキケンスケ
島口哲朗