Sonar Members Club No.7

since September 2012

クリスマスギフトはやはり光物でしょうか?

2012 DEC 24 15:15:17 pm by 安岡 佳一

クリスマス関連で、もうひとつ米国事情の一こまをお知らせします。

先日、クリスマス商戦真っ只中のNY5番街を歩きながらウィンドーショッピング。

某超有名宝石店に入ってしまいました。5番街の喧騒とは遮断され、重厚感溢れ、高級感が隅々にまで滲み出ている店内。店員の方も、雑誌から抜け出た様な方々が恭しい雰囲気で徐々に距離を縮めて来ます。このアプローチの仕方は正に芸術的。多分、彼らは私の事を金持ちの中国人だと思っているのだろうなと思いつつも、飾られている幾つかのダイヤモンドを見ていると、静かに「You have a right choice 」と言われ、近くの席に案内されてしまいました。そして、私が見ていたブルーダイアモンドがケースから取り出され、目の前に出され、「This is the only blue diamond we have here」と言いながら自分の指に嵌めて見せてくれたのです。確かに美しいです。その店員さんの容姿とブルーダイヤモンド、そして彼女のブルーアイはマッチします。因みに、2.6カラットと小さいですがブルーダイヤモンドは非常に稀との事で、値段は$4.2ミリオンと少々張るとの事です。勿論GIAの鑑定書付きで、このダイヤモンドは当社が発掘するダイヤの選りすぐりで、トップ1%の物だけ店内に陳列しているそうです。 このブルーダイヤモンドは最後の品なので、店員が当社の米国CEOに電話をし、特別CEO価格と言う事で$3.5ミリオンに値下げして頂きました。

実は、私は全くの冷やかしでは無く某顧客から頼まれて調査に来たのですが、この2分間で$700,000も値下げしてくれたのは驚きでした。多分仕入れ価格は半値以下でしょうから、この値段でも大きな利益になるのでしょうが。因みに、香港に輸出する場合には税金は掛からず、これぐらいのクラスのダイヤですと当社の人間が直に香港まで運んでくれるそうです。

検討させて頂くと言う事で、店を出ましたが帰り際には名刺を頂き、そこにはBoutique DirectorとBrand Ambassador と言う肩書きが書いてありました。ただの店員さんではないとの事です。

と言う事で、皆様これからの光物のギフト、特にダイヤモンド等をお求めになる際には私に一声お掛けください。アドバイスが出来るかも知れません。因みに、ダイヤモンドが一番売れるのはクリスマス前では無く、バレンタインデー前らしいです。その次は春、6月の結婚シーズン前との事です。この時期はタイトな需給関係から値が上がりそうですね。

 

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

柴野大造
中川龍太郎
福井利佐