Sonar Members Club No.7

since September 2012

アベノミクスは成功するか?

2013 JUL 17 13:13:30 pm by 安岡 佳一

私の予想は、条件付で成功すると思います。 その条件とは上手くアメリカ経済の復活に乗れるかと言う条件です。 戦後の日本の奇跡的な経済の復活と80年代末までの成長の大元は、日本のインフラ投資からの経済効果と、アメリカ市場に対して強烈な輸出攻勢を掛けてドルを稼いだ事だと思います。その後、日本経済のバブル崩壊、アメリカ経済の停滞、輸出の主役が日本から中国や韓国に地位を奪われる事で日本経済は急減速してしまいました。しかしながら、漸く上記の様な低迷していた環境が丁度潮の流れが変わるように大きく変化しつつある様に思えます。

米国在住と言う現地の観点から、米国経済は大きな経済復活の予兆が感じ取られ、第二、第三の黄金期に入って行きそうな気がしてなりません。その上げ潮に日本が嘗ての様に如何に上手く乗れるかでアベノミクスの成否が掛かって来る様な気がします。

アメリカ経済大復活の要因:1.シェールオイル・シェールガスの経済的効果、2.製造業の米国内への回帰現象、3.新しい防衛戦略と経済効果、4.移民効果、5ドル高が挙げられると思います。

1.シェールオイル・シェールガスの経済的意義

皆さんご存知の様に、米国ではシェールオイル・ガスの開発は活発に行われています。お陰で、ここ数年で国内の原油生産量は日糧600万バーレルから800万バーレルに一気に増加し、国内消費分2000万バーレルの半分近くに迫ろうとしています。国内生産は、数年後には1000万バーレルを軽く超えるとも言われ、そうなるとサウジやロシアを抜いて世界最大の原油生産国になる可能性が高くなってきました。結果として、貿易収支、経常収支、国際収支が大幅に改善する事が予想されます。 規制されているシェールガスの輸出が本格化される2017年以降は、益々収支の改善になるものと思われます。 このエネルギー開発だけで、今後数年間で100万人の雇用が必要とされ、周辺産業等を考慮すると数百万の雇用創出になるとも言われています。又、より安全で効率良いエネルギー開発は、新テクノロジーの開発も誘発し、そこから新たな産業も生まれる可能性も出てきます。 シェールオイル・ガスの掘削方法は正しくその様な新テクノロジーの賜物です。

2.国内回帰現象

嘗ては多くの企業が安い労働力を求めて中国に進出しましたが、ここ2~3年に起きている事は、ダウケミカル、デュポン、外国の石油化学工業を始めエネルギーを大量に消費する大工場が何10年振りかに次々とアメリカ国内に新工場を立ち上げ始めています。これらの工場は通常数千人の雇用を必要とする事から、周辺企業や産業を含めますと経済の波及効果はかなり大きなものになりそうです。勿論、安いシェールガスを原材料として作る化成品等は国際的にも比較競争力が高まり、外国からの輸送もしなくてよく、世界最大の市場であるアメリカで生産する事のメリットを大きく受ける事になり、製造業が益々国内回帰の動きになる事が考えられます。

3.新しい防衛戦略と経済効果

アメリカの防衛費はイラク・アフガニスタンでの出兵もあり急増し、GDPの5%弱(約55兆円)まで達しましたが、今後は大きく削減されそうです。理由は、無人飛行機による代替、原油の中東依存が低くなる事等で中東派遣撤退、シーレーンの予算削減、強力な電磁波攻撃による原子爆弾依存の比率低下等々で、大きな構造改革を行おうとしています。因みに、中国は約10兆円強、日本は約5兆円弱が国防予算です。(予断ですが、米国の電磁波攻撃は本気を出せば、衛星や無人攻撃機から強力な電磁波を発し、狙った国の全ての電気系統を破壊する程の攻撃能力を持っているとされております。従って、これを使えばICBMを使う必要がありません) 防衛費の削減は国家財政の好転を齎す大きな要因になります。

4.移民効果

アメリカの人口は現在約3億2000万人弱ですが、毎年約300万人程人口が増加しています。 内訳は、出生ー死亡=200万人、移民100万人。 国務省の幹部によりますと、アメリカ政府は人口を4億人まで出来るだけ早く増加させ中国に対抗したい様です。従って、国益に適った移民を世界から選りすぐってドンドン引き入れるそうです。国益に適った人と言うのは、資本家、特殊技能保持者(スポーツ、芸能、科学者等)、そして最も求めている人は資本があり、頭があって、米国で事業を興し雇用を作れる人達です。この様な人は、通常なら数年待たなければならない永住権が即日発行されるそうです。 この様な国益に適った人達が、新しい企業、産業、サービスを提供するのです。 丁度、アベノミクスの3本目の矢である成長戦略をアメリカは移民からも取り込もうとしているのです。

5.ドル高

以上の、事柄を鑑みますとドル高シナリオになります。少なくとも海外から買う原油が少なくなり、貿易収支等は改善、製造業等の国内回帰から来る貿易収支も改善、国内の雇用が増加し所得が増加し、消費が促進され国家財政が改善、防衛費削減からも財政改善、移民が増加しドル需要増加、上記の様にマクロ的にアメリカ経済は双子の赤字が急速に改善し、国家財政は黒字転換も可能。ドル高は、輸入インフレ抑制、国内金利上昇抑制効果があります。従ってドルに対する信任が確固たるものになる事が考えられます。 これらの状況を見て、海外の富裕層、能力のある人、自国で喘いでいる人達が今一度「機会の国、アメリカ」を目指す状況になるのではないかと思われます。

この様な、アメリカの状況を鑑みて日本はどの分野でどの様に上手く乗るかによって日本の経済、アベノミクスは成功するか決まると思う次第です。

以上

 

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

柴野大造
中川龍太郎
福井利佐