Sonar Members Club No.7

since September 2012

米国のエネルギー黄金時代到来か?米国原油・天然ガス産出量ついに世界一

2013 NOV 4 2:02:14 am by 安岡 佳一

既に幾つかのメディアで取り上げられておりますが、どうやら米国の原油と天然ガスの産出高合計がこの夏にロシアを上回って世界一になったようです。ここ数年の増産ペースは異常とも言える位のスピードで、一体何が起きているのか少々調べてみましたのでご報告致します。

先ずは、直近の米国エネルギー庁の発表によりますと、この夏の米国の原油・天然ガス産出合計(天然ガスは原油1バーレルと同様の熱量計算をしバーレル数として計算)はどうやら世界一と言われているロシアを僅かに上回り、1982年以来の世界一奪還を果たしたようです。同庁の発表では、米国が日量2200万バーレル(内原油が1030万バーレル)、ロシアが2180万バーレル(内原油が1080万バーレル)だった様です。原油の産出ではロシアが米国を50万バーレル程上回っている様です。原油産出だけに限れば世界一はやはりサウジアラビアで1170万バーレルだそうで、2位はロシアの1080万バーレル、3位は米国で1030万バーレルです。

つい数年前までは、米国の原油産出高はせいぜい700万バーレル弱で、70年代にピークを付けた後着実に減少して行きました。一部の見識者の間では北米の原油産出も北海原油の様に枯渇して行くのではないかと危惧しておりました。一方では、ブラジルのリオデジャネイロ近海では次々と大規模油田が発見され、羨望と焦燥感を持った米国オイル関係者も多かったと思います。又、BPが引き起こしたメキシコ湾での油田のリグの爆発炎上、その後の止め処も無い原油流出問題は、米国原油発掘市場には未来は無いのではないかと思わせる位に充分憂鬱にさせました。

そんな中、救世主の様に登場したのがシェールオイル・シェールガスの発掘です。このシェールオイル・シェールガスの発掘メカニズムは既にあらゆる所で紹介・説明がされておりますのでこの場では詳しくは記しませんが、殆どのメディアが書いてない事をお伝えします。

これらのシェールオイル・シェールガスの発掘方法は主にフラッキング法と言う手法が使われており、この手法を開発したのはエクソンでもシェブロンでも無く田舎の小さなオイル掘削業者達の様です。前述の様に、米国内陸部での原油産出が頭打ちになってきたのをいち早く察知した大手オイル会社は、メキシコ湾の油田、外国油田に活路を見出そうとし、大規模な投資を始めました。一方、米国内陸部の掘削業者達は中小企業の為に大手と同じ様に海洋油田や海外に行く様な資金や人材も無く、地元に残るしか選択肢は無かった様です。そこで、地元の油田は本当に枯渇しているのか、改めて調査したところ頁岩と言われる多層岩の中にはどうやらオイルやガスが溜まっているらしい事が分かり、その取り出し方法の開発に全精力を傾注し、その結果フラッキング法の開発に至ったそうです。これが、たった数年前の話です。

今では、シェールオイル・ガスの発掘市場も第二ステージに入って来た様で、産出の効率化がメインテーマになって来ているようです。シェールオイル・シェールガスの発掘場所として有名なのは、ノースダコタ州のバッケン地区、テキサスのイーグルフォード地区、ペンシルベニア州を中心とするマルセラス地区、コロラド・ネブラスカ州界隈のナイオブララ地区が主要な鉱区です。これらの地区が主力となりここ数年で米国全体で日量300万バーレル産出増加を果たした様です。因みに日量300万バーレルと言うのは世界第五位のカナダの産出高に相当します。これらの主要なシェールオイル・ガスの油田地帯での発掘を実際に行うリグの数は2010年頃に約700基程度でしたが2012年の中頃には1200基程度に急増しました、しかし、現在は1,100程度に漸減し始めています。一方、一リグ当たりの産出量は、2010年当時2,200バーレルだったのが2013年現在では何と3,600バーレルまで急増しています。この様な一リグ当たりの産出量増加は、フラッキング法の使用方法が日々の「カイゼン」の効果である事と、生産効率の良い油井へのスイッチが機動的に行われているのも産出効率が上がっている理由の一つの様です。

又、この様な学習効果宜しく他の大規模油田地帯での発掘調査が始まりつつあり、大手石油会社が本格的に米国内陸部に回帰して来た事は大きなニュースで、今後の米国内陸部でのシェールオイル・ガスの産出量は粗間違い無く増加するだろうと考えられます。一部では、向こう数年の内に更に500万バーレルの増産も可能と言う見識者も現れています。それが実現するならば、米国の原油・天然ガスの産出量は2700万バーレルに膨れ上がり、ダントツの産出国になります。その時には外国からの原油・ガスの輸入は要らないどころか過剰になり、世界に輸出出来る程になる事も予想されます。

正に米国のエネルギー黄金時代到来の様相です。

 

 

 

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

松上一平
中川龍太郎
福井利佐