Sonar Members Club No.9

since September 2012

蛙鳴蝉噪(ギリシャ編)

2012 SEP 28 22:22:09 pm by mtsuzaka

ギリシャは良い国だ。アテネを歩くと道端の石ころでも遺跡に見えてくる。エーゲ海と限りなく青い空。ギリシャの神々はオリーブと青い海が好きなのだ。ユーロ圏のゼウスの国「ドイツ」からきた観光客も多い。ドイツ人は旅行が好きだ。特にギリシャは人気の国だ。彼らは言う。「ギリシャはいい国だ。但し、ギリシャ人がいなければ・・」と(旅行先を「日本」にして、ドイツを「中国」や「韓国」と読み替えても違和感はないが)。 ドイツ人は冷徹だ。冷静といったほうが良い。おまけに堅実家だ。全方位に資金をばら撒くどこかの国とは違い、資金援助に関しては非常に慎重だ。財政破綻に陥っているギリシャへの支援に関しても厳しい。

最近の世論調査結果(9月2日付フィナンシャルタイムス紙)では、ギリシャが資金を返済すると信じるドイツ人はわずか26%しかいなかった。大多数のドイツ人はギリシャがユーロ圏に留まるべきではないとも考えているのだ。イタリアでは77%、スペインでは57%の人が、ギリシャは緊縮財政を耐え抜き、借金を踏み倒すことはないと信じている。善良な人達が集まる国だ。

この問題に対するドイツ人の冷静さは、今に始まったことではではない。2010年3月にフィナンシャルタイムス紙に掲載された結果でも、ドイツ人の61%がギリシャに財政上の支援をすべきではないと答えていた。  同じ南欧地域とはいえ、トロイア王家の末裔によって建国された(とアエネーイスに書いてある)イタリアはギリシャに救いの手を差し伸べようとしている。

ギリシャは欧州の心の故郷なのだ。      「ヨーロッパ」の名称は、牛に化けたゼウスが背中に乗せてクレタ島に拉致してきたフェニキアの王女エウロペに由来する(と神話に書いてある)。大英帝国が誇るナショナルギャラリーや各国の美術館で連れ去りの目撃情報を確認することができる。

「The Rape of Europa」 1637-9,

Guido Reni  National Gallery

ギリシャも証拠を残している。         ユーロ圏加盟17ヶ国3億3000万人が使用する統一通貨のデザインにそれは刻まれている。紙幣は加盟国統一のデザインだが、コインのデザインは各国に任されている。ギリシャで発行されたコインには、ゼウスとエウロペの姿が刻まれている。「全能の国ドイツ」が、か弱いギリシャを乗せてユーロ圏という海を泳いでいるのだ。ゼウスはエウロペの美貌に一目ぼれしたため背から振り落とすことはない。しかし、ドイツはいつまでもギリシャを乗せているとは限らない。現代のエウロペは自力で海を泳ぎきる体力はない。必死でゼウスの背にしがみついていなければならないのだ。

2010年1月フィナンシャルタイムス紙はギリシャ中央銀行総裁のプロボポラス氏のギリシャ財政危機に関する寄稿文を掲載した。彼はギリシャがユーロ圏を離脱する選択肢を「オデュッセイア」に登場する海の魔物(?)のセイレーンになぞらえた。オデュッセイアでは、セイレーンの甘美な歌声を聴いた船乗りは、彼女(?)に引き寄せられて生命を失う。勇者オデュッセウスは、歌声に引き寄せられないよう自分の体を船のマストに縛り付けて無事故郷に着くことができた。寄稿文は、The future of its(Greek) economy is unwaveringly tied to the mast provided by the euro. と終わる。   警告を意味するサイレンは、セイレーンを語源とする。私たちは、セイレーンの歌声がギリシャがユーロ圏を離脱するサイレンとならないよう祈るとしよう。

 

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

柴野大造
中川龍太郎
福井利佐