Sonar Members Club No.9

since September 2012

蛙鳴蝉噪(為替)

2013 JAN 25 15:15:14 pm by mtsuzaka

政府も日銀も国民も皆で「脱デフレ」の大合唱だ。                  その甲斐あってか、11月14日の野田首相(当時)による「やりましょう、だから」発言後、日経平均は20%以上上昇し、ドルも対円で10%以上円安となった。「適正な」為替レート」など無いに等しいから、早晩1ドルで¥100マックを買えるかも知れないし、日経新聞の夕刊ですら買えなくなるかもしれない。

先日、銀行生活の大半を為替ディーラーですごされた先輩に食事をごちそうになった。昨年12月からのドル上昇相場で、大いに活躍されたと思いきや、やや長めの休暇をとっていたため、全く参加できなかったと悔しがっておられた。

相場に「売り」、「買い」、「休む」の三法ありとは、有名なフレーズだ。確かに、相場の方向性がはっきりししない時には、何もしない(売買しない)ことも必要だが、参加しないことではない。私のように小心者は、「何もしない」事が不得手だ。同じく、相場の格言で「頭と尻尾はくれてやれ」というが、私のように欲が深い者は、いわしの丸干しのように頭から尻尾まで食べてしまいたいとの欲望が強いからだ。だが、結果として尻尾だけになるか、最悪の場合料金だけ払って食べられなかったりすることもあった。

先日、ロイターニュースは、日本の個人投資家を意味する「Mrs Watanabe」が、最近の円安を背景に新興国への投資を再開した伝えた。なるほど、Mrs Watanabeは、相場の極意を心得ている。円高の間は、国内の債券にお金をじっくり寝かせ、相場のトレンドが変わると見るや、すかさず外国債券、それも金利の高い新興国債券に投資する。昨年11月22日(いい夫婦)の前日に発表された明治安田生命保険のアンケート結果では、世の中の奥さまのへそくりの平均額は127万円強で旦那の約3倍だそうだ。堅実な投資家だ。海外メディアからMrs Watanabeと称されることだけある。

 

 

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

柴野大造
中川龍太郎
福井利佐