Sonar Members Club No.13

since September 2012

剣道の魅力

2012 SEP 18 15:15:34 pm by 西室 建

私は42歳で剣道の稽古を始めました。ドイツで生まれた次男を日本文化に触れさせたくて、日本に帰国直後、彼を近くの剣友会に入会させる際に、一人ではきっと通わなくなるだろうと思って私も一緒に稽古を始めたことがきっかけです。その後次男は、日本でのお決まりの塾通いが始まり稽古の時間が取れなくなり退会、私だけが続けることになって早くも10年が経ちました。なぜ私が剣道にのめりこんでいったかその理由をいくつか列挙したいと思います。

✔  昇段試験があること

ゴルフであればシングルを目指すように、剣道には昇段という目標があります。現在三段ですがここにいたるまで何度も躓いており、その度に発奮してより稽古に励むようになりました。私のように高齢で始めて、一般人の最高位の七段(最高位は八段ですが八段への昇段審査の合格率は1%未満で一般人は事実上不可能)になった人はたくさんおり、励みになります。

✔  費用・時間的な制約がそれほどないこと

防具竹刀をいったんそろえれば、継続的にかかる費用は多額ではなく剣友会への月謝も驚くほど安いです。理由の一つは先生方がほとんどボランティアでご指導くださっているからです。また、稽古時間はせいぜい1-2時間で職場あるいは自宅の近くで稽古する場合が多いので、ゴルフウィドウというような問題が生じる可能性も低いと思います。ただ稽古へ行く回数にもよるとは思いますが。

✔  運動能力が高ければ良いという単純なものでないこと

ゴルフでもそうですが、用具(竹刀)を使うことにより単純な運動能力比べではなくなります。メンタルな要素、剣道の場合は「気攻め」という要素が入ることにより、高齢者でも若者と立ち会うことができます。

✔  生き死にを体験することができること

真剣だったら完全に死んでいたなと思える瞬間が何度もあります。ああ生きていて良かったと思える体験を得られるものは剣道の他にはそんなに多くないと思います。また、生き死にを経験できる割には怪我をすることは驚くほど少なく(例えば柔道と比べて)、リスクは高くありません。

私の駄文を読んで少しでも共感していただいた方は、今からでも遅くありませんからご一緒に稽古しませんか?

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

松上一平
中川龍太郎
福井利佐