Sonar Members Club No.15

since September 2012

ポンペイ通信 支倉常長の子孫

 

イタリアに残る油絵

イタリアに残る油絵

 歴史上名高い支倉常長、伊達政宗の命令を受け、ローマへ旅立ったのは、皆様の習った歴史上の事実で有りましょう。
 さて、彼は同時にかなりの艶福家でも有ったようです。
 ローマ法王に拝謁し帰国へと向かいましたが、時は移り秀吉の時代になり、キリシタン禁止令が施行されました。
 洗礼を受けていた常長は入国することが出来ず、アカプルコからフイリッピンの間を行ったり来たりを繰り返していたようです。
 ポナペの隣り、コズラエ島に「支倉常長の子孫」を名乗る一族がいます。
 シグラ大酋長です。
 なぜシグラと言う名前かというと、「支倉常長」の名は日本へ帰国してからの名前で、当時は支倉六之門(シグラロクエモン)と名乗っていたのです。
 賢明なる方はもうお判りとでしょう。
 今もアカプルコ、フイリッピンにも「シグラ」を名乗る家系が有るそうです。
 そのコズラエのシグラは、長年市長を務めていました。
 世が世なら、シグラ大酋長と言えばその家の前を通る時は頭を下げたまま通らなければならなかったそうです。しかし、最近(15年前ほど)になり,そう言う制度も廃止され、今では平民となりました。
 小生と彼(50代)とは長年の付き合いがあり、とても気さくなオッさんです。
 コズラエ島も同じく米国のコンパクトマネーで経済が成り立っているので、援助の金もほとんどが政府職員の給与となり、人の良い彼のオッさんも長年給与を貰っていなく、嘆いています。
「それならなぜ市長をやめないのか?」
「誰も立候補しないからさ」
とうとう、アメリカへ行ってしまいました。

Categories
未分類

    2 comments already | Leave your own comment

  1. 東 賢太郎

    10/3/2016 | 3:38 PM Permalink

    ミクロネシア連邦の前大統領であるモリ氏が冒険ダン吉のモデルの 森小弁の子孫ですが、支倉常長とはこれまた大物ですね。島ですと家系はたどり易いでしょうから本当なのでしょうね。

    Respond to this comment

  2. トム 市原

    10/5/2016 | 9:23 PM Permalink

     近年、支倉の子孫(国内)から提供されたロザリオを持った絵が公開されたので、それをきれいにプリントしてコズラエへ持って行き、シグラに渡すとえらく感激していました。
     その晩はそのための大パーテイで一族皆集まりました。
     中でも驚いたの一族の一人で検事総長をしている男が、常長の絵に顔立ちがよく似ているのでやはり血が繋がっているのかなと皆思ったようです。
    しかしコズラエの人たちは良く飲みます。
     キリスト教国家のため、日曜日は一切の娯楽、飲酒、食事作りもは禁止されています。ひたすら教会 もしくは自宅で祈りを捧げる事になっています。観光で行った人も対象で、かろうじてその人達のための食事作りだけが許されているようです。
     ジャイカで行った若者達も 休みの日は見張りを交代で立て、そっとあたりを見渡して泳ぐそうです。

    Respond to this comment

  3. Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *


    *


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>