Sonar Members Club No.15

since September 2012

管理人からのお知らせ

2020 FEB 22 2:02:09 am by 西牟呂 憲

 味のあるブログを投稿してくださったポナペ在住のトムさんの訃報が届きました。
 謹んでご冥福をお祈りします。

 尚、ご遺族の意向を尊重し、ソナーメンバーズクラブはブログを長く保存することと致しました。

以下、ご子息のメールを掲載いたします。

1月20日昼ごろ
大使館から連絡があり、父親の死亡連絡が大使館より連絡があった。
現地警察の調査によれば、事件性はなく突然死とのこと。
数日前に話した方によれば、タバコを吸っている最中に吐血があった模様。
19日夜は、咳が続いていたようだが、のちにいびきに変わり寝付いたようだと近所の話。
20日友人が19日の夜21時のメッセンジャーに連絡がなかったので、覗きに行くと冷たくなっていたとのこと。

仕事を片付け、切符を手配、パスポートの写しのためにパスポートを確認すると期限切れであった。
謄本を取り寄せ旅券事務所に行くと、外務省に確認してもらったところ、人道支援のため緊急で2時間で発行いただいた。

色々ありつつ 整理のため、1月28日に日本出発
グアムで一泊して、3時間かけてチューク経由でミクロネシア入り。
大使館の方に出迎えていただき、病院で遺体確認、警察で所持品荷物及びの受け取り及び状況確認の説明。
所持品から通帳を確認し、銀行に行くも死亡届及び裁判所の命令書がないと口座の開示は出来ない。
裁判所の提出書類は弁護士を通して、1000ドル必要とのこと。
ミクロネシアもコロナウィルスの影響で、中国船が入港しその調査のために病院の先生がいないため、死亡診断書の発行も遅れて出てこない。
そもそも、この島では内科しかなく、大きな外科手術はフィリピンかグアムに輸送しかない。

これ以上は滞在中には出来ないと判断し、埋葬をどうするかを検討する。
ミクロネシアには共同の墓地がないため、個人の所有地にしか埋葬方法はない。
色々検討した結果、最後の居住書の紹介者に埋葬をお願いした。

ブログでは面白おかしく、書いていたが残っている書類を整理していると、外国で暮らすなりの苦労があったようだ。
札幌で青春時代を過ごした割に寒いところが嫌いで、10代の頃からダイビンングが大好きだった。
何を思って、ここに居着いたのか全くの不明であるが、26年住んだこの島が余程よかったのであろう。

この島に最後まで残すことが最大の親孝行と考え、結果埋葬を選択した。
火葬とも考えたが、第2時世界大戦の日本統治影響下で30数年前までYAKIBAがあったが、現在はなく土葬が現在の風習であると聞く。

1月30日 埋葬場所の下調べ(既にある一族のお父さん墓標の1つ隣)
1月31日 掘り起こし

P・S

1940年11月21日生まれ 没2020年1月20日 79歳
市原 力(ツトム)
大好きであった、ポンペイに埋葬

最後に
海外で亡くなる場合、今回は大使館に助けられましたが、海外の銀行口座はやはりネックで預金残高によっては捨てざる得ません(当方は旅費と合わないので放置といたしました)。
年金暮らしで、余生を終わられる予定の方、きちんとしておいた方が後の方に迷惑がかかりません。

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬