Sonar Members Club No.19

since October 2012

ソフトバンク・ホークス、日本シリーズへ

2015 OCT 19 16:16:05 pm by 中島 龍之

ソフトバンクがCSでロッテに勝ち、日本シリーズ出場となりました。日ハム相手だと、大谷がいるので、もしも、という心配もありましたが、ロッテならという予想通りの結果となりました。

今年のソフト・バンクは強すぎましたね。レギュラーが調子悪いと、2軍からあげた選手がほとんど活躍するという、監督はいらないのではと思わせるくらい強かったです。工藤監督の選手起用はさすがでしたね。投手については、投手出身の実績ある監督として、思い切った起用も納得させてのことでうまく回転させました。シーズン当初は、摂津、スタンリッジ、中田、大隣、寺原、あと一つを東浜、武田でというローテーションでしたが、摂津が不調になり、大隣も体調的に無理できず、あぶないところでしたが、中田が好調で、交流戦あたりから、今季まだ無敗のバンデンハークがでてきて、その後、武田が定着して、夏には摂津が戻ってくるといういい流れで、優勝まで行ってしまいました。中継ぎ、抑えに、二保、巽、森、五十嵐、サファテが良かったうえ、CSでは千賀がいい中継ぎをしました。他に、岩崎、山田もおり、帆足も1勝だけで引退となりました。2軍で活躍しても、1軍に出られないという層な厚さは凄かったですね。

攻撃陣は、内川に4番を任せたことが成功したのでしょう。柳田が3番で、5番イ・デホということで、内川で勝負せざるを得ないところ、ヒットを打つなら、チーム1の内川4番は相手チームとしては大変だったでしょう。うまく塁を埋めたとしても、6番に松田という、投手として何を投げたらいいか、最もわからない男が控えているという、最強打線でした。1,2番だけは今年決められませんでしたが、試した選手が活躍するという、誰も止められない打線でした。

という訳で、何の心配もなく優勝したシーズンで、試合を見なくても大丈夫という贅沢な悩みの一年でした。あとは、ヤクルト戦ですが、柳田、山田対決が見ものというところでしょうか。もうすこしで野球シーズン終了です。

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐