Sonar Members Club No.19

since October 2012

ソフトバンクホークス、2年連続日本一となる

ソフトバンクホークスが、ヤクルトを4勝1敗で破り、2年連続日本一となりました。

セリーグ一の強打線ヤクルトを抑えた、投手陣は盤石でした。ヤクルトは山田の調子次第ちうのは厳しかったですね。ソフトバンクは、4番内川が欠場しても、代わりの4番イ・デホがMVPですからね。層の厚さが他チームを圧倒しての優勝ですね。球団の長期観点でのチーム作りは、ダイエーホークスの時代の初代監督根本睦夫氏が、西武ライオンズの監督、実質的GMとして行い、それをホークスにおいても行ってきたのが今に続いているとのこと。西武時代に獲得した新人が、秋山、工藤だったこと、ダイエーに2人を移籍させたのも根本氏だったというのも凄い長期戦略だと感心します。それがここで実ったということは、西武ライオンズのような黄金時代の可能性ありでしょうか。それを、他チームがどう阻止するかがテーマですね。

今年のホークス、シーズン当初の先発投手は、摂津、スタンリッジ、中田、大隣、寺原、東浜ですが、最後は、武田、バンデンハーク、中田、摂津、スタンリッジとなりました。摂津、スタンリッジ、中田は途中、故障、不調で離脱もありますが、その間、他の投手代役をつとめ、ぶっちぎり優勝となったわけです。時々しか1軍で投げられなかった2軍の岩崎、山田、千賀や、中継ぎ、抑えの二保、飯田、巽、嘉弥真、森福、森、サファテの安定感で後半の失敗がないのも強みでした。サファテの救援失敗はほとんどなかったと思います。他のチームならローテーションで行けそうな投手が沢山います。

攻撃陣は、私のイメージでは、シーズン初めは一番から、今宮、本多、柳田、内川、イ・デホ、松田、長谷川、中村、細川という感じでしたが、不調な選手もあり、1、2番を中村、明石、川島、福田、そして今宮、本多を加えて争い、7,8番を中村、吉村、今宮、というオーダーとなりましたが、出る選手が活躍したので不安定感はなかったですね。主力の3~6番はほとんど固定していたので、1、2、7、8番を動かすだけなのも楽な起用でした。元首位打者の長谷川が故障から復活しても出られない攻撃陣も凄いです。

というわけで、投手陣も攻撃陣もどちらも強力だったのが今年のホークスでした、応援する側も安心して見られましたが、ハラハラ感がないのもどうかなという贅沢な悩みのシーズンでした。来年はどうなるでしょうか。

Categories
未分類
  1. 西室 建

    10/30/2015 | 10:56 AM Permalink

    負け無しの先発。失敗無しの救援。死角なしのバッター。これじゃ勝ちますね。内川を欠いてのあの攻撃力でした。

    現在来年の補強の計画を練っています。ダルビッシュ帰ってこないかなァ。

  2. 中島 龍之

    10/30/2015 | 1:02 PM Permalink

    日ハムは、大谷がいるうちに優勝しないといけないですね。有原が育って二本柱になりそうですが、吉川、武田勝はどうでしょう。外人投手は補強をどうするかですね、ホークスのスタンリッジ、サファテ、バンデンハークのような投手がいれば、日ハム優勝だったかもしれません。ダルビッシュは、弟の賭博問題で日本に戻ったりして。ホークスは、メジャーの和田、川崎を狙っているとかいないとか。松坂を獲るくらいですからわかりませんね。