Sonar Members Club No.19

since October 2012

ホークスのシーズン終わる

昨日の敗戦でホークスの今シーズンが終わりました。圧倒的な戦力と言われながら終わってしまえば、戦力不足となっておりました。原因を来年に向けて考えてみました。

まず、打撃面は、私が終盤文句をつけた「日替わり打線」です。一番の原因は、5番イ・デホの抜けた穴を埋められなかったこと。これは、フロントがホームランバッターを補強しなかったことにあるでしょう。打撃陣も層が厚いと考えたかもしれませんが、ホームランバッターは一打で試合をひっくり返すことのできる存在です。イ・デホのホームランで劣勢をはねかえした試合もあり、柳田、内川、松田ほど派手ではないが貢献してました。それがシーズン最後の貧打線に効いてきたのではないでしょうか。ヒットを打った好調なバッター(ほとんどの選手が2割5分そこそこなので毎日変わることになったのですが)を起用するため、「日替わり打線」となりました。ロッテとのクライマックスから、1番中村、2番本多、三番柳田、4番内川、5番長谷川、6番松田、7番明石、8番今宮、9番捕手となりましたが、私も今の戦力ならこれだと思いました。不調な時は、実績のあるベテランの起用として、本多、長谷川をあげましたが、最後に工藤監督が聞いてくれてよかったです。(パワーは届いていないでしょうが)ただ、最後の昨日はオーダー変えてきましたが、それはよしとしましょう。

来年は、このオーダーをもとに、入れ替えて作ってほしいです。

5番については、①ホームランバッターを補強する。②今のメンバーから選ぶ(私としては、長谷川でもいいが、ホームランの打てる、江川、吉村を育ててほしい。松田は6番でいてほしい。)

打順について、1,2番を固定してほしい。1番中村、2番は本多、今宮でしょうか。細工するなら、同じ選手がよい。(昔の中日の荒木、井端コンビのように、今年の広島の田中、菊池もそれに近いかも。)

3番柳田はそのまま。4番内川は体力次第。6番松田、7番は5番と絡んで長谷川、江川、吉村、8番今宮か本多、9番捕手

というところですが、若手の育成が今年の広島のように成功すれば、交代もありでしょう。トレード補強で大きく変わるでしょうが。

次に投手陣ですが、私も以前書きましたが、サファテの9回同点での登板で7敗したのが大きかったです。あれが5割でもリーグ優勝でした。解説者も指摘してましたが、来年は止めてほしいです。全体的に、先発、中継ぎとも不調だったということでしょう。来年の構想は

先発 第1グループ 武田、バンデンハーク、和田

第二グループ 千賀、東浜、岩嵜

第3グループ(ベテラングループ)摂津、中田、大隣

ベテラングループは、ローテを1回飛ばしての登板とします。

中継ぎ、第1グループ 森福、森、サファテ

第2グループ 寺原、五十嵐、スワレス

これに、柳瀬、バリオス、飯田、嘉弥真、山田をからませる、というところです。ほかには、松坂も来年は期待ですが、沖縄甲南で甲子園春夏連覇の島袋などの若手が出てこないので、育ててほしいです。

好きなことは書き連ねましたが、日本シリーズがないと寂しいものですね。ホークス来年は頑張れ!

 

Categories
未分類

    5 comments already | Leave your own comment

  1. 西室 建

    10/17/2016 | 10:48 PM Permalink

    中島さん、
    架空トレードどうですか?
    陽 岱鋼がFAでホークスに行くでしょう。それに中田も付けますから東浜と松田をくれませんか。

    Respond to this comment

  2. 中島 龍之

    10/18/2016 | 8:47 AM Permalink

    西室さん、面白いですね。東浜とはいいところに目を付けてます。ホームランバッターをほしいホークスに、中田はある意味いい提案です。松田はホークスが手放せない選手ですが、意外に起こる可能性あるかも。

    Respond to this comment

  3. 東 賢太郎

    10/19/2016 | 9:48 AM Permalink

    イデホがぬけて柳田は怪我で破壊力が落ちたのが痛かったですね。元からいなければそれなりの勝ちパターンが作れる能力充分の打線ですが飛車角落ちの感じになると監督は悩んだでしょう。投手はラストで和田がいなかったのも誤算でしたが、得点力が落ちるとプレッシャーが増して盤石の投手陣も後半戦は疲労がたまった感じがしました。それでも破竹の勢いのカープを交流戦では押し込んでいたし日本シリーズになっていたら結果はわからない強さです。それだけ日ハムが強かったし栗山がいい勝負師だったということでしょう。彼はメジャー志望の大谷を口説いたし、最初は本気かどうかともかくショートにしようなんて言って煙に巻いてましたよね。世論に負けず試行錯誤で二刀流を成功させたのは功績と思います。

    Respond to this comment

  4. 西室 建

    10/19/2016 | 11:52 AM Permalink

    中島さん、
    ワタクシ実は松田の隠れファンなんです。

    あの空振りしたあと奴踊りみたいにクルリと回るアクションが大好きで、ファイターズにくれませんか。

    Respond to this comment

  5. 中島 龍之

    10/19/2016 | 5:43 PM Permalink

    東さん、リーグ戦終盤の柳田の欠場、和田の離脱が無ければ結果は変わってたかもしれませんね。そこは残念ですが、11.5ゲームを追いつかれたチーム力がホークス、ファイターズの差でしたね。栗山監督さすがの采配でした。西室さん、松田は出すべきではないですが、孫オーナーが松田の打率を見たら放出ありかもしれません。優勝失敗の責任をどこに求めてくるでしょうか。今年は荒れるのでは。

    Respond to this comment

  6. Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *


    *


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>