Sonar Members Club No.19

since October 2012

ホークス、2位で前半戦を終える

2017 JUL 12 11:11:56 am by 中島 龍之

プロ野球は、今日で前半戦が終わり、オールスター戦になります。

ホークスは首位の楽天イーグルスとの2連戦の初戦を落とし、2位で折り返すことになりました。昨日の試合、ホークスは好調の若手石川、イーグルスはエース則本の先発でした。則本相手では厳しい試合になることが予想されましたが、3回までにホークス4-0イーグルスとなったときは、「ヨシ」と思ったのですが、その後、6回に石川が1点取られました。4-1なら、先発石川はよくやったと言えるでしょう。しかし、7回中継ぎがつかまり、3点取られ同点にされ、9回抑えのサファテが久しぶりに打たれて4-5の逆転負けでした。イーグルスは強い。

この試合、則本から4点取った攻撃陣は合格でしょう。先発石川はしっかり仕事をしました。問題は中継ぎ陣でした。この試合展開での敗戦は、監督の采配の失敗による敗戦と言っていいでしょう。(実際は結果論であり、中継ぎが失敗することもあるので仕方ないですが)

ただ、勝つべき試合を、「いつものように」、森、嘉弥真、五十嵐、岩嵜を出して同点にされました。一昨年、広島が黒田、前田で優勝を逃がしたとき、緒方監督の批判の少ない、決まりきった中継ぎ投手起用で失敗したのを、批判しましたが、いまの工藤采配も同じことをやっているようで、つい批判してしまいます。前回のイーグルス戦、美馬を打ち崩し10点、岸も打って4点取り、敗戦投手にしました。イーグルスの主力2投手を叩いて、最後のペナント争いにプラス材料となりました。しかし、その2試合最後は1点差で勝っており、中継ぎは打たれているのです。

昨年、ホークスは優勝を逃がした原因、ポイントは、①5番打者を作れなかったこと、②中継ぎ陣を整備できなかったこと。大きく分ければこの2点だと思います。5番打者が作れず、毎試合打順が固定できず、繋がりを欠いて失敗、中継ぎ陣は、先発投手の故障もあり中継ぎに影響がでました。

今年は、5番デスパイネ獲得で解消しました。しかし中継ぎはいまだ整備中。層の厚いホークスでこんな状態では、8月の中継ぎの疲労する時期、また失敗する兆候がでてます。投手コーチ、監督は誰を1軍に上げるか腕のみせどころです。

ペナントレース、パ・リーグは上位2チームに3位西武、4位のオリックスまでCS候補になってきました。ファイターズは大谷が投げて15連勝でもしないと厳しいですな。

セ・リーグは広島で決まりですね。阪神がCSにくるでしょうが、DeNA、中日、巨人は可能性ありです。私が1位予想の巨人は選手がふつうに活躍すれば3位にくるでしょう。

今年のペナントレースは、順位に動きが少なくて面白くないですね。

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐