Sonar Members Club No.31

since February 2013

スニーカーから考えた

2019 AUG 13 17:17:54 pm by 西村 淳

スニーカーのリセール市場が活発と、テレビで放送していた。2025年には全世界で60億ドル(!?)のマーケットとか。そういえば電車に乗っていてもスニーカーを履いている人が男女を問わず8割くらいはいる。これ、革靴業界は苦しいだろう。履き心地を求め海外旅行をするたびに、やれオールデンだ、チャーチだと買いまくっていた時期があった。 そこには惚れ惚れとするようなこだわりの品質と個性があったし、今でも大切に履いているものもある。
一方スーツ業界は絶滅危惧種の筆頭らしい。IT業界の人たちでスーツを着ている人なんかいないし、Tシャツ姿。昔は暑い夏でも我慢してスーツを着て頑張っていた人たちは絶滅危惧どころじゃない絶滅寸前だ。当然Tシャツに合わせるのはスニーカーしかない。これをファスト・ファッションと呼んでいる。この業界の大様はユニクロ。そういえば20世紀にたくさんいたファッション・デザイナーなる人たちもどこに隠れているんだろう?
これは衣食住の「衣」の部分だが、さて「食」はどうだろう?勿論、ファスト・フードと言えばマクドナルド。紆余曲折、浮き沈みがあろうと体にいい悪いがあろうと王様だ。さらにコンビニ弁当からスーパーの弁当などなど流れはそちらに傾いている。やはりここでもフレンチだのイタリアンだの高付加価値高級店は相当に苦しいと見た。
「住」は?ファースト・リビングなるものが出現しつつあるのだろうか。不動産にはさすがにファストはなさそうだが、仮設住宅みたいなものがそれにあたるかもしれない。
衣食住すべてがこうなると、なーんだ生きることの楽しみなんかこれっぽっちもないじゃないか。
アナログの時代にあった高品質、高付加価値製品が軒並み姿を消しつつ、一方でデジタル(勝者はたった一人)の申し子たちはグローバル化を推し進め個性を認めない世界が出現する。老いも若きも、貧乏人もお金持ちも、ビル・ゲイツもTシャツにスニーカー、マクドナルドをパクついてiPhoneをいじる。
でもこれって偉い学者さんが言わなくてもそういえばどこかに書いてあった・・そうだ、19世紀末に書かれたあの本に!20年前に読んだ時にはそんなことが起きるわけがないと思っていたが、その予言通りの世界になりつつあることに気が付いて慄然としてしまった。
ここにきてトランプさん、プーチンさん、エルドアンさん、そしてアベさんたちが知ってか知らぬかこの流れに負けてたまるかと頑張っているけれど所詮流れに棹させば窮屈だ。

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

石田太志
久保大樹
柴野大造