Sonar Members Club No.36

Since July 2013

実験ショート小説 アルツハルマゲドン Ⅱ(その1)

2014 NOV 9 23:23:33 pm by 西牟呂 憲

 一人旅といえば聞こえはいいが、できるだけ現金をケチってウロウロするのもこの年になると楽ではない。はっきり言って車上生活をしているホームレスと言われても仕方がない。夏場に宮城・福島でボランティアめいたアルバイトに精を出して少しは被災地に貢献しただろうから、小金を持って南下した。埼玉に入ったあたりで少し休みたいと、高速を降りネットで探した最も安い所にチェク・インした。田舎だな、あたりをブラッと歩くと家畜の臭いがするときがある。写真でみたホテルは何やらプチ・高原ホテルといった趣で、悪く言えばバブルの落とし子の行く末の典型だ。恐らくリストラを迫られたのだろう、使っている部屋は二階建ての下だけで食事もつかない。
 このあたりは水が少なさそうで、水田というより畑。それも恐らく昔は養蚕のための桑畑だった地域と思われる。少し広い所は耕作放棄地が草茫々になっていて、それはそれで古の荒地風情だ。もう少し行くと工業団地になっているらしい。
歩いていたら、麦藁帽子のオッサンが畑の隅に腰を下ろしてタバコを吸っているのと目が合った。ニッコリするので『コンチワー。』というと『ご苦労様です。』等と返事が返ってくる。更に『いや~、参っちまったよ。』と言う。傍らに小型耕運機があった。
「ナントカ原のカントカが行っちまってよ、けえってくるって言ったけどどーこ行ったかさっぱり戻って来ねえ。」
面倒だったので聞き返しもしないで一緒に腰を下ろしてタバコに火を付けた。
「いい天気だねー。」
と話しかけると、ゆっくりこっちを向いた。
「早く直してくれよ。おりゃ仕事になんねーよ。」
と困った表情を浮かべた。
「直すって?」
「来てくれたんだろ。これ直してくれに来たんだろ。」
えっ、何言ってんだオッサン、いやジイチャンだな。指差しているのは耕運機だ。
「これどうしたんだい?壊れたのかい?」
「ずーっと待ってたんだよ。」
とニコニコしている。何だよ。その耕運機(手押し型)の所へいってスターターを引っ張ってやるとすぐにエンジンがかかった。なんじゃこれは。するとジイチャンは満面の笑みを浮かべて、
「ありがとう、ありがとう。やっぱりユズルがやってくれると仕事が早い。」
ユズル?誰のことだ??まあいいか。ジイチャンは耕運機を押しながら畑の向こうまで行っては返ってくる。二往復くらいしたらエンジンを切った。
「ああ、疲れた。ユズル、帰って一杯やろう。」
「いや、オレはユズルじゃないよ。間違えてるんだよ。」
と言ったが構わずスタスタ行ってしまう。振り向いて、
「ホレ、早くしろ。焼酎やるべい。」
不覚にも『焼酎』の一言に吸い寄せられてくっついて行ってしまった。直ぐそこの田舎作りのそれなりの一軒家に入っていった。誰かバアさんでもいるのか。
上がりかまちから覗くと土間になっていてジイサンは上がって手を洗った。オレも洗う。一年中このままにしているような炬燵のところに茶碗を二つ持ってきた。
「ほれ、いっぱいやれや。」
と焼酎をドボドボ注いだ。
「よう帰ってきてくれたのう、ユズルがいると酒がうまいわ。」
「ジイチャン、オレはユズルじゃないって。」
「んー?早く飲めよ。」
「ユズルじゃないって。間違えてるんだよ(ガブッ)。ん、うまい。ユズルってジイチャンの何なんだ。」
「なーにが。息子の名前間違えるはずがない。ちょっと待て。」
息子!これジイサンはボケてるのか、だったらまずいぜ。ジイサンは立って台所に行き、漬物を切って持ってきた。
「ジイチャン、オレ息子じゃあないよ。通りすがりの者だ。(ガブッ)。」
「そうかそうか。この漬物うまいぞ。(ガブッ)。」
「あのさー、ジイチャン家族とかいないのかい。(ガブッ)。」
「ウロコ雲が出たからそろそろ霜にも気を配んなきゃな~。(ガブッ)。」
「あのさ、ジイチャン・・・・。まっいいか(ガブッ)。」
そうこうしているうちに、オレも酔いが廻ってくる。
「オオ、ニホンシリーズなんだ。テレビテレビ。」
二人で一緒にテレビを見る。するとジイチャンは阪神タイガースのファンらしくて、いつの間にかトラのメガホンを持ってきてセッセと応援しているではないか。癪に障ったのでホークスを応援する。ジイチャンは『ろーっこーおーろーしー』等と元気一杯に歌ったり、スタンドに合わせてメガホンを叩いたり。負けちゃいらんないからコッチも力が入る。その間ガブガブ飲む。
 二人で騒いでいたら何と西岡が守備妨害でアウトになってしまって、二人同時に『アーッ!』と声を上げた。この瞬間ホークスの日本一が決まった。
「ジイチャン残念だったな。ん?」
返事がないと思ったら寝てるじゃないか。しょうがないな、オレも帰ろう。

 翌日、そのホテルをチェック・アウトしたのが昼時だった。フと気になって車で昨日の道をジイチャンの家の方に出した。すると驚いたことに昨日と同じ所に座っているではないか。
「おーい、じいさん、夕べは世話になったなー。」
「オオ!籠原のタケシじゃないか。良く来たな。」
「ん?昨日はユズルじゃなかったか?」
「なーに言ってんだ。ユズルはワシの息子だろうが。こう見えてもボケちゃいねーぞ。」
ボケてんだっつーの。まあいいや、と車から降りた。
「イヤー助かった。耕運機が動かねーんだよ。ちょっと見てくれよ。」
なんだよ、またかよ。はいはい、とスターターを引っ張ると直ぐかかった。
「ホレ、ジイチャン。」
「おーおー、さすがタケシだ。助かったよ。」
昨日と同じ所を耕運機を押して往復すると、オレを見てこう言った。
「よう、タケシ。せっかく来てくれたからウチに寄れよ。焼酎やるだろ。」
昨日と同じじゃないか。こりゃ本格的にイってるぜ。
「ジイチャン、オレ車だから飲めねーよ。」
「じゃ泊まっていけよ。」
なんだかデ・ジャ・ヴだ。こっちもヒマだけど・・・。
「分かったから車に乗ってくれよ。」

つづく

実験ショート小説 アルツハルマゲドン Ⅱ(その2)

実験ショート小説 アルツハルマゲドン Ⅱ(その3)

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
 をクリックして下さい。」

Categories:アルツハルマゲドン

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬