Sonar Members Club No.36

Since July 2013

良く分からない

2015 OCT 19 21:21:48 pm by 西牟呂 憲

 何を基準にしているのか良く分からない。思いつくままに受賞者を上げればマザー・テレサやネルソン・マンデラ、ダライ・ラマあたりはまあそうかも知れない。
 しかしセオドア・ルーズベルトは日露戦争の調停・斡旋によって受賞したが、同時に日本を仮想敵国としたオレンジ計画の作成を指示した大統領でもある。
 コーデル・ハルはどうか。悪意満々のハル・ノートを提示し、日米外交交渉断念を仕掛けたのはミエミエ。
 ジョージ・マーシャルに至っては先の大戦の対日戦争計画を推進した陸軍参謀総長で、マッカーサーやニミッツでさえ躊躇した日本本土侵攻を積極的に唱えた。勝ったものにやる賞じゃないんでしょうね。ついでにアメリカ人でオバマ大統領はまだ戦争の最中だ。
 たまには東洋からと思ったのか。佐藤栄作はチョットおいて、金大中は金正日と会って(マッそれはそれで大変なことだが)受賞したがそれには物凄い金がかかっていることは良く知られた話。同じ元韓国大統領金泳三からは『金大中が受賞とは犬も笑う(韓国風の悪口らしい)』と言われた。
 ノーベル平和賞の受賞者達である。平和は無論尊いが簡単ではない。ジョン・レノンは天才で僕もイマジンの歌詞やメロディを愛する者だが、国家が無くなれば戦争が無くなるなずもない。

 以下の人々を私は知らない(無教養なだけだろうが)。高行健(中国)、 V・S・ナイポール(イギリス)、ケルテース・イムレ(ハンガリー)、J・M・クッツェー(南アフリカ)、エルフリーデ・イェリネク(オーストリア)、ハロルド・ピンター(イギリス)、オルハン・パムク(トルコ)、ドリス・レッシング(イギリス)、ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ(フランス)、ヘルタ・ミュラー(ドイツ)、マリオ・バルガス・リョサ(ペルー)、トーマス・トランストロンメル(スウェーデン)、莫言(中国)、アリス・マンロー(カナダ)、パトリック・モディアノ(フランス)、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ(ベラルーシ)。
 皆さん何人御存じか。こちらはここ10年のノーベル文学賞受賞者である。私は小説なんか読まないバカではある故一人も知らない。そもそも英語に翻訳されなきゃノミネートもされない賞であることは分かる。
 日本人も受賞者がいるが、川端康成のあの魔性を西洋人が分かるはずもないだろうに。大江健三郎は個人的には好きじゃない(ファンの方ごめんなさい)。村上春樹が取るのはいいけどね。

 国民栄誉賞は懐かしいオヤジの方の福田内閣の時から始まり、最初は王選手がホームランの世界記録を達成したことに対し贈られた。その後スポーツ選手と芸能関係者が受賞するが、後者は何故か没後が多い。亡くなった後に弔意を示すためにやるとするとチョット変。何だか政府が人気者に便乗しているような気がしてならない。
 無論受賞者個人の絶え間ない研鑽を腐すつもりでは毛頭ないし、なでしこJapanの受賞の時はよかったナァと喜んだ。
 それが松井選手と長嶋さんが同時に受賞した、何てのは若干の違和感を感じざるを得ない。長嶋さんってそんな程度じゃないでしょう、もっと雲の上のはずだ。イチローは現役を理由に辞退した。

 ところで、初受賞した王選手と対決することに燃えていた江夏投手は自らを『自分では「国民迷惑賞」くらいの価値』と言っているが、大したセンスで好きである。こういったピカレスク的人物も人気があってしばしば『アウトロー列伝』といった特集が組まれる。良く分からないが・・。
 歴史上には人気のあるダーク・ヒーローは多いので戦後日本に関して僕なりのベスト10を考えてみた。モメると大変なのでプロ野球と存命者は除いた。
 名付けて『国民良く分からない賞』

1位 笹川良一 日本船舶振興会会長。後の日本財団を作った右翼の大物。元A級戦犯。川島芳子とデキていた。ロッキード事件で児玉誉士夫がコケてからは日本のドンとなりテレビCMに素顔を出した。表に出た特異なフィクサー。
2位 唐牛健太郎 60年安保闘争時の全学連委員長。その後居酒屋経営、漁船乗組員、工事現場監督もやった怪人。思想がどう変貌していったかは把握不可能である。
3位 田岡一雄 山口組三代目。ほぼ全国制覇した大親分。美空ひばりや高倉健を後援して芸能界にもメチャクチャ顔が利いた。葬儀に上記唐牛健太郎の花輪があったのは下記田中清玄の仲介による。
4位 野坂参三 日本共産党議長。ソ連のスパイ・公安のスパイ説がある。昭和天皇に風貌が似ていたような。モスクワで日本人同志の山本懸蔵をチクって粛清させた。
5位 安岡正篤 漢学者。戦後歴代総理の指南役。血盟団事件の井上日召から『特高に密告した』と証言されるも真偽不明。確かに5・15、2・26の当事者達と人脈はあった。晩年細木数子に入籍された。
6位 瀬島龍三 大本営作戦参謀。伊藤忠商事会長。大物財界人だったが佐々淳行に『ソ連のスリーパー』だったことをバラされる。抑留11年。『不毛地帯』のモデル。
7位 田中清玄 右翼。戦前は共産党委員長。転向してフィクサーとなる。上記田岡親分と親しく、対立する岸ー児玉サイドから銃撃され重傷を負うが不死身。アラブ・インドネシア等に強い。CIA協力者。
8位 万年東一 愚連隊の神様。戦前から暴れ回り、ヤクザの杯を受けなかった。安藤昇(俳優、安藤組組長)・加納貢(新宿愚連隊)・宮崎学(キツネ目の男)等のアニキ筋。
9位 三笠宮寛仁親王殿下 今上陛下の従兄弟。アルコール依存症。深夜放送に出て酔っ払ったことも。ダークではない、明るい。筆者はエスパーだったと考えている。麻生太郎の義兄。
10位 梶原一騎 作家。『あしたのジョー』『巨人の星』等の原作者。極真カラテのナンバー・ツー。アントニオ猪木を脅したとか。酒癖女癖が悪かったそうだ。

 尚、昭和亜空間戦争 及び昭和亜空間戦争 Ⅱ で検証した通り、平将門に憑依された形跡があるため白洲次郎は除いた。

 どうも世の中は僕などの知らないところで回っているらしいな。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

考えないヒント Ⅴ (これは陰謀では)

 

Categories:考えないヒント

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬