Sonar Members Club No.36

Since July 2013

平成28年の海 (今月のテーマ 今年は何を)

2016 JAN 19 0:00:35 am by 西牟呂 憲

満月の夜

満月の夜

 寒い中ハーバーに行って新年会をやりました。今年の航海の安全を祈願して振舞い酒も頂いたらコロッとキャビンで寝てしまい、夜中に揺り起こされます。正確には午前3時頃でしたか。
「オラーッ、すんげー満月がでてるぜー。」
とか言われて厚手の装備をゴソゴソ着込んでデッキに上がるとオォッ!まるで暗天に向かう光の道です。風は冷たいが強くはなく、唯一人酒の飲めないオーナーが舵を取って城ケ島の沖合を微速でセーリングしていました。海は静かに凪いでます。

出撃を待つ 油壷第一艦隊

出撃を待つ 油壷第一艦隊

 お湯を沸かして焼酎をお湯割りにして少し飲んで暖まり、
「去年は八丈行ったけど、今年は島伝いに三宅までにしようか。」
「下田に付けてそこから東伊豆の温泉をズーッと回るのはどうだ。」
「いっそ東京湾の奥まで北上してディズニー・ランドの花火を見ようよ。」
 などと今年の抱負を言い合いました。大体今頃口に出すハッタリは実現しないことが多いのですが。
 年明けでも貨物船は行き交っているのが遠くに見えていてワッチ・マンは気が抜けません。一眠りした後に夜中の12時に出港したそうです。
 水平線まで続いて、その光に向かっていけば満月に届いてしまいそうな気がしながらメイン・セールだけでジブは使わずに進んでいきます。
 船はチャプチャプ行ったり来たり。江ノ島の灯台は見えていたのが観音崎や房総の光がチラチラと。航跡を見ると大分千葉側に来ていました。スキッパーから
「そろそろ戻ろうか。」
 と声が掛かりました。流れ星が沢山見えてくるとそろそろ夜明け、東が明るくなってきます。
 満月はいつの間にか見えなくなりました。

 そして房総の方が!

翌日の朝焼け

翌日の朝焼け

敵迎撃に備える 油壷第二艦隊

敵迎撃に備える 油壷第二艦隊

 闇を消し 空を割りたる 朝焼けに
   音も届かず 波も騒がず

 今年の航海の安全を祈って柏手を打ってしまった。日本人だなぁ。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい

今はもう秋 港で思ったこと

Categories:ヨット

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬