Sonar Members Club No.36

Since July 2013

The Smoke Man Show Ⅰ

こんにちわ!スモーーク・マンです。きょうも元気だタバコが旨い!
皆さんくれぐれも健康のためタバコの吸いすぎに注意しましょう。

喫煙者のナントカ病の発症率は禁煙者の〇倍、といったキャンペーンはたくさん発表されていますね。
一方で喫煙者と禁煙車の平均寿命は全体で見ると一週間くらいしか違わない、といった研究もあって、大したことはないかもしれません。
私は勿論タバコを止められません。何故かと言うと昔アメリカで解禁されていたあるモノを常用していて、ソノ感触が忘れられず帰国してからスモーカーになりました。
そのモノは現在の医学的分析からは体に害はないとされていますが、日本では禁止されているアレです。神事に使われたり七味唐辛子に入っているアレ。わたしはそれをガン・ガンやってました。アブリとかコケ・ヘロじゃありませんよ。解禁を公約にして選挙に出た人もいるくらいです、その人パクられましたけどね。
肉体的に害は確かにありません。吸い込んだ時の抵抗感はタバコの方がはるかに強い。ただし日本では不法です。
それでもアレはあんまりやると食欲なんか確かになくなってやせます。依存性もないといえばないのですが、酒と同じで簡単には止められませんよ。
まぁ、体に悪いと言えば酒の方が悪いかもしれないでしょう。アレは二日酔いにはなりませんから。

もう直ぐ室内での喫煙は全面的に禁止にされるそうで、困ったもんです。JTはどうするつもりでしょう。
JTだけじゃないですよ。皆さんはJRに分割民営化される前の国鉄、正式には日本国有鉄道を覚えていますか。国鉄がなくなってから生まれた方も多いでしょう、今から30年も前に民営化されJRになったのですから。
国鉄は色々と政治の介入やら労働組合問題を抱えながら前回東京オリンピックの年以降毎年大きな赤字を出してしょっちゅう値上げをしていました。
そしてもうダメ、となった時点で清算事業団解散時に28兆3千億円の借金が、28兆円!そのうち16兆1千億円の有利子債務は国の一般会計(たばこ特別税)に承継されたんですね。おかげで1箱200円(マイルドセブン)だったのが段階的に今の440円(メビウス)にまで上がり、大雑把に言って毎年2千5百億円がタバコ税としてこの借金の返済に充てられているのです。もちろん払っているのは我等喫煙者なのですよ。
それなのにJRの我々に対する扱いはひどい!新幹線の喫煙ボックスくらいもっと増やしたらどうなんだ!
ですがそれも難しいでしょうね。
飛行機や車両のような密閉された空間だと禁煙者の嗅覚は非常ーに鋭くなるらしく、タバコに対するクレームが物凄いんだそうです。
禁煙者の皆さん、一度でいいからアメリカの解禁州にいってアレを試して下さい。タバコなんか気にならなくなること間違いなしですよ。

くれぐれも健康の為、吸い過ぎに注意しましょう。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

Categories
言葉

    One comment so far | Leave your own comment

  1. ハロー、Mr,Smokey

    もう、「あれ、あれ」の年齢になりましたか?

    「あれ」っていうと醤油を掛けてたべるやつですか?

    それとも、デミグラスで喰う奴ですか?

    ああ、どちらでもない、きっと「ポナペ名物」の方ですな。

    TVチャンネルで「PCM」と言って過去の映画専門で、懐かしい映画ばかりです。

    バスターキートンを始め、グレタガルボ、ジョンウエイン等々、

    一昔の映画場面には「間」を持たせる場面に必ず喫煙シーンが登場します。

    今日は「ノルマンデイ上陸」をやっていましたが、機関銃を咥えタバコで撃っていましたよ。

    現在のTVでは何か喰うか飲むシーンでしょうな。

    日本のドラーマは見た事がありませんが間違っても喫煙シーンは出てこないでしょうな。

    もし、でたらクレーム殺到ものですね。

    Respond to this comment

  2. Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *


    *


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>