Sonar Members Club No.36

Since July 2013

イヨッ!高麗屋三代同時襲名

2018 JAN 21 11:11:08 am by 西室 建

 まずは重鎮の山城屋・扇雀。そこから向かって右に述べて行き、一番はじっこに弟の吉衛門。今度は左側から「よろしく御願い申上げまする~」とやっていよいよ襲名口上。

ヨッ、高麗やぁ!

 左から金太郎改め染五郎、真ん中染五郎改め幸四郎、右に幸四郎改め白鸚の晴姿。
 白鸚って二代目なんですね。
 新染五郎はまだ12歳とのことで声変わり中のようなのはご愛嬌。高麗屋にしては細面で将来が楽しみです。この後勧進帳で義経を演るのですが、女形もイケそう。
 さて口上はそれぞれの役者の持ち味が醍醐味ですが、何と言っても以前からご贔屓の高島屋・市川左團次。この人は面白いアドリヴを必ず入れるのですが今回もやってくれました。
「二代目白鸚さんは、私の暁星学園の後輩でして、こちらが不良をやっていた頃には常に級長か副級長をやっておられた秀才でした」
 確かにこの人のチンピラ振りは有名でロクな高校生じゃなかったことは確認されてますが、当意即妙の鮮やかなモノでした。
 ところで初めて知ったのですが、高麗屋の屋号を早口で言うと『こりゃいいや』になるんですな。

 演目は『双蝶々曲輪日記』と『勧進帳』。
 『双蝶々曲輪日記』は色んな人のを見てますが、今回の与五郎(アホボン)と放駒長吉を替わりでやった愛之助がピッタリ嵌りました。この人関西ですから浪速モノのイントネーションがいい。
 『勧進帳』では新幸四郎の弁慶が見事に跳び六方。

 あと一週間ですよ!もう見られませんよ!

 ところで国立劇場では音羽屋・菊五郎一門が『小栗判官』をやってますが、こっちは空いてるみたいですぞ。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

六方詞(ろっぽうことば)

十二月大歌舞伎 玉三郎艶(あで)やかなり

Categories:古典

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

秋山実
水野智路
塩入冬湖