Sonar Members Club No.36

Since July 2013

ファイターズ!やるじゃないか パリーグ強し

2018 MAY 30 0:00:54 am by 西室 建

 開幕3連敗をしたライオンズをドロドロの試合で3タテして、作戦通り交流戦前に貯金5つの目標をクリア。堂々2位で首位とのゲーム差は1!ところがこの3戦で18失点。それを24得点で3連勝したという忙しさである。これではまるでフライヤーズに先祖返りしたかのような大味さ、懐かしくもあるが。これで対ライオンズ5連勝、ということは5ゲーム縮めたわけだ。
 特に3戦目はしょっぱな有原が6点取られてぶち壊しかと思いきや5回の被本塁打まで投げさせ、シコシコ迫って延長で勝った。おまけに中田を外しての勝利、中田!まじめにやれ。
 強くなってきている(もっとも直前のロッテ戦は似たような展開でサヨナラ負け)。
 これからの交流戦は調整期間だから5割でいい。清宮を鍛え上げるチャンスだと思えば十分であると栗山監督にはヨーク言ったところ、アドバイスが効きすぎて二軍落ちさせてしまった(ところが2軍で本日2HRしたが)。
 ところで私がファイターズと言えば日本ハム・ファイターズに決まっているが、最近もう一つのファイターズにも注目が集まっている。そう、反則によってQBが怪我を負った関西学院大学ファイターズ。あのアメフトのブルー・ファイターズである。名前の誼で応援していた。QBの復帰はおめでたい、ガンバレファイターズ。

久しぶりのドーム

 話を戻して好調なチーム状態を見てやるか、と久しぶりに東京ドームに出かけた。東京ドームは主催ゲームを行う準フランチャイズなのだが、交流戦の巨人戦ビジターである。前回来た2年前は優勝がかかっていてスタンドも燃え上がり、中田までが2本もホームランを叩き込んだ。大谷もいた。「オレのために優勝しろ」のTシャツを着ていた。一昨年なのに随分昔の話のように思える。

 初戦に栗山監督はいいのか悪いのか良く分からんマルティネスを先発させる。敵は2試合連続で完投した山口だ。よし、巨人からトレードで来た大田(泰)と公文投手が古巣を相手にどう挑むかをテーマにしようと決めた。
 しかし内野席のビジター・サイドでもオレンジの巨人カラーのオレンジ一色。ライトスタンドの一角にわずかに同志が懸命且つ健気な応援をしている。闘志が燃え上がるなー。
 始まってみるといきなり大田が四球で塁に出たところを近藤がガーン!とホームラン。投げればマルティネスがやたらと重いボールで巨人打線を簡単に打ち取るではないか。
 7回にも西川が2ランを叩き込む。
 マルティネスは坂本・ゲレーロに一発を浴びるが全てソロ。8回を投げて90球いかない省エネ投法と言うか、巨人の稚拙早打ちとでも言うのか。
 いや、山口だって結構いいボール投げてましたよ。だが我がファイターズの破壊力はダテじゃない。8回追加点の際のチャンス・マーチには思わず泣けてきた。
 さて、完投で華を添えようかと思いきや9回裏、いきなり亀井が余計なホームランを打って青ざめ、早くトンキンに代えろ、と思う間もなく岡本にも打たれる。一発で延長だぁ・・・。
 代わったトンキンが(暴投もあったものの)何とか抑えた。フゥー。
 公文は出なかった。

 野球は瞬間と戦略のスポーツだ。

 気が付けば本日パ・リーグの5勝1敗。なんじゃこりゃ、順位が変わらん。
 あすのコメントにつづく

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

Categories:ファイターズ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

池田俊彦
島口哲朗
深堀隆介