Sonar Menbers Club N039

since Oct. 2013

本日25日テレビ出演のお知らせ

今月18日~22日まで池袋のシアターグリーンで、『子供の時間』を上演していました。ご観劇頂きました皆様、本当に有難うございました。

さて、東さんからも宣伝して頂いて恐縮ですが、本日25日再現ドラマに出演致します。 時間:19:00~23:00

チャンネル:日テレ

番組名:『ザ!世界仰天ニュース』春爛漫  勇気と希望と感動の4時間スペシャル  「元警察官の男が起こした連続殺人事件…信頼の厚かった男はなぜ転落したのか!?借金が増えるたび繰り返された殺人…その事件の真相に迫る!」 私は何の役でしょうか?ヒントは元警官の借金です。そして私は最後にどうなるでしょうか? 実際にあった事件の再現ドラマです。

実は『子供の時間』の稽古中に撮影が決まり、台本も撮影前日と、かなりバタバタだったので、放送日は早いのではないかと思っていたのでした。

私は『ザ!世界仰天ニュース』の再現ドラマにあと二つ出演しました。 最初は福田和子のホステス殺人逃走事件でした。福田和子が逮捕された福井でおでん屋を営み、悩んだ末警察に通報した人の役でした。

次は大阪の料亭の女将・尾上縫で、主演でした。 数兆円という巨額詐欺の犯罪者でしたが、その時阿曽さんにカラオケボックスで大阪弁を教えて頂きました。しかしながら阿曽さんは若いので、ちょっと時代的に違っていて、更に大阪の母にチェックして貰った思い出深いドラマでした。同じ大阪でも北と南、時代、職業によっても方言が違うのですよね~。

そして今回で3回目です。 結構暴れました(笑)。お時間がありましたらご覧になって下さいませ。

Categories
未分類
  1. 東 賢太郎

    3/25/2015 | 3:09 PM Permalink

    今日は早く帰って見ます!

  2. 早野 ゆかり

    3/25/2015 | 3:14 PM Permalink

    東さん有難うございます。宜しくお願い致します。

  3. 吉田 康子

    3/25/2015 | 3:24 PM Permalink

    僕は普段テレビを見ないのですが、今日は7時から「出待ち」してます!なんせ4時間なのでけっこう長丁場になるかもしれませんね。

  4. 早野 ゆかり

    3/25/2015 | 3:51 PM Permalink

    申し訳ございません。そうですね~どこで元警官の再現ドラマをするか分かりません。他にも再現ドラマがあるようですしね。
    宜しくお願い致します。

  5. 中村 順一

    3/25/2015 | 4:02 PM Permalink

    僕も今日は早帰りして見ますよ。ビデオも取っておきます。楽しみですね!

  6. 吉田 康子

    3/25/2015 | 10:10 PM Permalink

    いよいよ始まりましたね。これまで長かった・・・

  7. 中島 龍之

    3/26/2015 | 1:45 AM Permalink

    再現ドラマ、見ましたよ。「子供の時間」は残念ながら見られませんでしたが、テレビの方はみました。「悪」ぶりが良かったです。他の役者さんのことになりますが、最近、吉田剛太郎さんが気になる役者さんです。シェイクスピア俳優として凄い方のようですが、テレビドラマが面白いです。少し前のドラマ「Mozu」の「悪」ぶりがとてもよくて、私は役柄を「嫌な奴」だと思ってしまいました。早野さんもテレビでは、どんどん「悪」になってください。という、変な要望になってしまいました。舞台もテレビも頑張ってください。

  8. 阿曾 靖子

    3/26/2015 | 5:50 AM Permalink

    「子供の時間」お疲れ様でした!
    好きなジャンルであり、類似作品に出演した事もあって
    かなり注意深く拝見し、かつ楽しませていただきました。
    観劇初体験の斉藤さん、東さん、西室さんと囲んだ慰労会は
    舞台と共にかなり記憶に残る思い出に・・・
    なんといってもほとんど「シラフ」は私だけ、皆様の様々な
    パフォーマンスは値千金、撮影しておきたかったです。
    昨日のテレビもしっかりビデオで見ましたが、あの衣装は最高ですね。
    特に取り立てにゆく場面。
    せっかく生きていたのに2度も殺される役なんて・・
    できれば車のボンネットから飛び出て、蘇って戦ってほしかったですが。
    尾上縫の役、懐かしいー。そうでしたか、確かに方言は府内でも地域によって、職業、環境によって違いますからね。また稽古お付き合いしたいです。

  9. 吉田 康子

    3/26/2015 | 7:57 AM Permalink

    番組欄のトップタイトルだけあって、「トリ」の扱いでしたね。早野さんのワル役はとても凄みが感じられハマっていました。最後の「何の罪もない金融業者が犠牲云々」のナレーションには若干違和感も感じましたが、あくまで被害者ですからね。

    阿曾さん、私もほとんど「シラフ」だったと思いますが・・・

  10. 東 賢太郎

    3/26/2015 | 10:34 AM Permalink

    さすが迫真の名演技でした。街金のやり手ぶりがよく出てましたよ。土地売却の偽装がうまくいくことで主人公は堕ちていくという運命のターニングポイントだから、あそこで騙される方が普通の素人だと彼は単に悪いやつだったになっちゃいます。そうじゃなかったというのがミソだからあの役は演技力ある舞台の役者さんしかできないのかなと思いました。彼の妻子、特に息子さんはお気の毒でなりません、人生頑張ってほしいですね。

  11. 早野 ゆかり

    3/26/2015 | 9:15 PM Permalink

    皆様、御覧になって頂いて有難うございました。
    前半ダイエットの話や、髪の毛を食べた話で、途中観ているのが苦痛になりませんでしたか?(笑)
    私は人生初の61歳の婆さん役で、自分ではもっと色々やりたかった事の反省しきりでした。
    仰天のスタッフさん達は本当に優しい方々ばかりで、幸せな時間を過ごしました。
    次回、皆様とお会いした時には撮影秘話などお話したいと思います。

    それにしても、殺されたお二人、元警官の妻子さん、お気の毒です。犠牲者ですね。

  12. 吉田 康子

    3/26/2015 | 10:23 PM Permalink

    ゆかりさん、こんばんは。先日はお疲れ様でした。またお酒をご一緒できることを願っております。