Soner Menbers Club No43

Since May 2014

動画編集奮戦記 その2

演奏もそれなりに(汗)何とか乗り越えて、録画と録音も行い、

カメラマンの方から写真データを受け取り「さて」と考えました。

先ずは手慣れた写真からと300枚以上の写真を

ヤフーボックスにアップロード。

解像度をそのままにフォトショップでサイズダウンして

ブログにも掲載しました。そこまでは公演後にいつも

行っているので順調に終わりました。

 一眼レフで撮った写真

今度はいよいよ動画です。先ずiPhoneの画質の綺麗さにビックリ!

iPhoneは他のスマホより高価ですが、このあたりでの実力差を実感しました。

デジカメは手持ちだったせいもありますが、歴然の差がありました。

今どきのデジカメなら事情は違ったと思いますが、なんせ9年前の製品。

技術の進歩をこんなところでも実感です。

デジカメの動画よりスクリーンショット

iPhoneの動画よりスクリーンショット

感心ばかりしていられないので、実際に録画を見て考えました。

先ず「これは公開出来ない!」と。メイキングの動画は巷に溢れています。

当初はTVなどで見る超メジャーのプロオーケストラのような

イメージが先行していました。

が!現実はキビシイ・・それを思い知らされたような感じでした。

録音はシビアです。やはり所詮アマチュア、しかも初回の練習となれば

CDで聴くようなプロの演奏とは比べものにならないくらい遥かに遠いところにいます。

そういえば指揮者の先生(プロ)がこの話を聞いていて、困ったような様子

だったことに思い当りました。

折角盛り上がった雰囲気に水を差すのは気が引けたのでしょうか・・

よくYouTubeで「ウチの子の発表会」とかをアップしていますが、

あれって世界中の人が見るという想定はないのだろうか?と思った事が

しばしばあります。「そう思うなら自分は止めておけ、年相応の良識は忘れずに」と

急に謙虚になりました。私達アマチュアの演奏は、本番の熱演とホールでの空気、

視覚から受けるイメージなどに脚色されてライヴならではの条件がプラスに

作用してくれるものだと痛感しました。まぁ「伸びしろはたっぷりある!」ということで、

自分を励ましながらもブログにアップするのは写真のみになったわけです。

 

詳しくは、「ライヴ・イマジン始動」をご覧ください。

ライヴ・イマジン37 始動

 

 

 

 

    One comment so far | Leave your own comment

  1. 4/7/2017 | 8:43 PM Permalink

    メイキングを狙ったわけだけど、現実とのギャップはまだ大きそうですね。
    ビデオカメラのウデ、ハードの知識、編集の知識などなどやるべきことは沢山ある割に、まともにアドバイスをくれる人がいない状況でしょうか。
    ただ、ビデオカメラの性能アップ、編集ソフトの充実、演奏レベルのアップを考えると、必ずしも悲観するものではないと思います。
    まずやってみること、行動したことは素晴らしいことで、必ず扉は開かれるのではないでしょうか。

    Respond to this comment

  2. Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *


    *


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>