WSJ: Tokyo’s Art Scene Goes High-Tech 東京のハイテク・アートがすごい!

2015 SEP 13 13:13:05 pm by 是枝 理絵

2015年9月12日(土)午後11時、ニューヨーク。天気は雨、気温は22度。

夜になると半袖では寒いくらいです。USオープンも残すところ男子シングルス決勝のみとなり、この大会と共にまたニューヨークの夏が終わろうとしています。

 

今日のウォールストリート・ジャーナル紙に東京の最新デジタル・アートが大きく取り上げられていました。

http://www.wsj.com/articles/tokyos-art-scene-goes-high-tech-1441904375

TeamLab(東大生たちが立ち上げたベンチャー企業)のデジタル・アートがすごい。

http://www.team-lab.net/all/art/ffgarden.html

昨年2014年7月にニューヨークにあるPace Galleryで展示し反響を呼んだTeamLab、今の作品はもっとテクノロジーがパワーアップしているようです。”Floating Flower Garden – 花と我と同根、庭と我と一体” では、2300本以上の花々が日本の禅の庭園(空間)に浮遊しながら咲き渡っている。鑑賞者が、花が埋め尽くされている空間に近づくと、鑑賞者の近くに浮遊している草花は、一斉に上がっていき、鑑賞者中心に半球状の空間が生まれるのだそう。(動画あります↓)

http://www.team-lab.net/all/art/ffgarden.html

 

昨年のPace Galleryでの展示の時は、これとは違い、日本書紀、古事記など日本神話に登場する伝説の生物が登場したり、騎馬武者たちの戦いが次々と繰り広げられたりと次から次へと物語が展開して面白く、違った印象で素敵でした。バーカウンター越しにこんな作品を見ながらゆっくり日本酒が楽しめるバーなんてあったら最高だろうね、と友人と話した記憶があります。WSJによれば、今までの東京の現代アート・シーンは奈良美智や村上隆、草間彌生等が中心、香港や北京のアートに比べるとあまり目立たなかったが、この5年で束芋、さわひらき、Team Labなどが徐々に映像アーティストとして注目を集めており、デジタル・アートが日本の伝統的な美術(木版画や生け花)、またはアニメの新たな表現手段となりつつある、とのこと。

 

ところで、この記事はアメリカ人のAdam Grahamというジャーナリストが東京アート・シーンを追うという前提で記載されているのですが、ここで紹介されたギャラリー、レストランをネットで探して自分で行ってみようと思うと、外国人にはなかなか難しそう。まず、英語のウェブサイトがない。渋谷にあるギャラリー、NaDiff A/P/A/R/T。阿佐ヶ谷にあるという割烹「鶴に橘」。せっかくWSJで紹介されて最強のPRをしてくれているというのに、本当にもったいない。日本語の分からない外国人はこれらのお店を紹介されても、何が提供されているのか、お店にどうやって行ったらいいのかが分からないのでは。レストランについていえば、外国人は予約するのも一苦労。日本ではアメリカほどOpen Tableのようなオンライン予約サイトの利用が一般的ではないので、大抵電話で予約ということになるわけですが、英語対応している一部のお店を除き、外国人は滞在ホテルのスタッフや友人等、日本人に予約を依頼するしかない。有料予約サイトもあるようですが、デポジット100ドル、予約手数料35ドルで、予約時に100ドル以上支払うことに。また、先日東京出張から帰ってきたアメリカ人は一番タクシーに苦労したようで、「タクシーの運転手とコミュニケーションがうまく取れず大変。遠回りしたせいで余計に代金がかかった」とのこと。東京ではまだNYほどUberが浸透していないようですが、2020年に向けて訪日者が増加していく中で、語学の壁を感じずに済むUberのようなビジネスは日本でも大きくなるかもしれませんね。訪日外国人がストレスなく日本滞在を楽しめるようになるには、まだまだ工夫しなければならないことがある(ビジネス・チャンスもある)、という気が改めてしました。

 

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

柴野大造
中川龍太郎
福井利佐