Sonar Members Club No45

Since December 2014

カメラのおけいこその⑩復刻版ズマロン28㎜

2017 JUL 14 16:16:15 pm by 野村 和寿

このSummron(ズマロン)28㎜f5.6は、なんと2016年に復刻された最新レンズなのです。全長もわずか18㎜、重量も約165グラムしかありません。ぼくにとっては、ものすごくかわいい小型のレンズです。このレンズはもともと1955年から1963年にかけて全部で6200本製造されたとされるSummron(ズマロン)28㎜f5.6をライカ自社で復刻したレンズになります。

ズマロン28mmf5.6

ズマロン28㎜f5.6のフォーカスレバーと無限遠のロックです。

レンズフードは、とても価値のある伝統的なフードSLOOBKと呼ぶフードの復刻版が附属されていました。

ズマロン28㎜f5.6をライカの最新カメラ ライカSLに装着したところです。

しかし62年も前のレンズをライカは何故復刻したのでしょうか?そしてぼくは何故このレンズを入手してしまったのでしょうか? それはライカのもつ、普遍性に触れることにもなりとても大事な点なのです。たんに、オールドファッションが懐かしくて素敵ということではなく、現代のレンズ研磨技術をもってすると、シンプルな62年前には果たせなかったような、特に赤に顕著なあかかぶりなどを払拭しているようにも思えました。

ズマロン28㎜f5.6

ズマロン28㎜f5.6を上からみたところです。絞りは5.6から22まで絞り込みが出来ます。メートル表示のピント距離計、ライカSLとはマウントアダプターM-Tで装着可能です。

横浜港船勢揃い

横浜港大桟橋で豪華クルーズ船勢揃いの風景です。写真をクリックすると拡大できます。

 

28㎜の広角レンズというのは日本では人気のある広角レンズだそうです。日本では35㎜、28㎜、20㎜というラインナップに対して、欧米では24㎜が主流だと聞いたことがあります.日本ではなかなか24㎜をみかけたことがありませんが、アメリカのライカ好きに出会ったときに、やはり24㎜をつけていました。ぼくは前々から28㎜が好きであらゆるといってよいほどの28㎜を集めに集めてきました。そして2016年11月に発表されたこのズマロン28㎜復刻版を入手するかどうか悩みに悩んだ末に、入手することにし、4ヶ月待ちで2017年3月ようやく入手できました。それは期待を裏切らない素晴らしいレンズでした。たしかにf5.6という現代のレンズではちょっとありえないくらい暗いレンズではあるのですが、現代のデジタルカメラのISO感度をもってすると、十分に実用に耐えられます。

にっぽん丸の入港風景

にっぽん丸の入港風景です。横浜港大桟橋乗客ターミナルにて 写真をクリックすると拡大できます。

エントランスを取り付ける

にっぽん丸に乗降用のエントランスを取り付けているところです。写真をクリックすると拡大できます。

横浜港大桟橋に、豪華クルーズ船にっぽん丸は、驚くほどすーっと着岸してきました。岸壁に幅寄せしていくように、だんだんと岸壁に近づき、エントランス用の乗降口とのドッキングを果たしました。このような、にっぽん丸の横腹とエントランスの状況などなど、情報量の多い写真を撮影するのには、広角レンズは活躍すると思います。

ダイヤモンドプリンセス

こちらは英国船籍のダイヤモンド・プリンセス号です。なんと総トン数は115875トンもある世界最大級のクルーズ船です。こうした巨大な船の全貌を撮影するのは、大変に難しいですが、広角レンズの活躍のしどころです。写真をクリックすると拡大できます。

ズマロン28㎜f5.6

最新のカメラ・ライカSLに最新の復刻版!ズマロン28㎜f5.6を装着したところです。

正面からみたところLEICAとSUMMARON-M-1:5.6/28mmと表示されています。

 

Categories:未分類

Tags:
, ,

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐