Sonar Members Club No45

Since December 2014

旅する哲学 南イタリア・ナポリへその①

2017 JAN 24 9:09:37 am by 野村 和寿

『旅する哲学 〜大人のための旅行術 アラン・ボドン 安引宏訳 2004年集英社刊』という本があります。この本はなぜ人は旅するかを哲学から考察した本でとても面白いのですが、の後書きにジャーナリストのジャン・モリス(英国)の旅行術について要約すると下記のようになります。

旅する哲学

アラン・ド・ボトン著(1969〜)安引宏訳 著者はロンドン生まれ ロンドン大学大学院哲学指導教官 2004年集英社刊

1,      何処に行こうと、初めての土地だと自分に言い聞かせること

2,      どんな経験でも、旅人を豊かにする素材であることを忘れるな

3,      都市を見る最良の方法は、「目的もなくさまようこと」(E・Wフォースター)にある。

4,      他の人が見に行くからといって、見に行ったりしない。

5,      カメラではなく、スケッチブックを持って行こう。

6,      バスツアーに参加することを羞ずかしがるな。

7,      一人で旅をしよう。

まさに、そんな旅を経験したことがあります。2012年の5月にイタリアのナポリを1週間ほど旅をしました。当時のボクは、大きな仕事が一段落し、そのときの自身の結果の失望落胆のもとに、すっかりと自信を失っていました。そこで、休みをとってたった一人で、旅行に行くことを思い立ちました。おりからイタリア語をやっていましたので、それを試すのにもよいと思ったからです。それでは2012年の5月に、時計の針を戻すことにします。

成田空港出発ゲートにて

成田空港出発ゲートにてアリタリア9:00発

成田空港は雨。アリタリアの朝便でローマ経由ナポリへ一人旅。もちろん休暇です。旅の始まりです。

 

 

 

 

 

アリタリア航空キャビン

アリタリア航空成田発ローマ行き航空機内の後部キャビンに集うキャビンアテンダント達

 

成田発ローマ行き、アリタリア航空ボウイング777の最後部のキャビンです。客室乗務員のおねえさんたちは、井戸端会議に余念がありません。なにしろ、お客様は満席で、やることないわけでもないんですが、ここに飲み物とかをとりにいく方式なので、別に待機しているだけなんですが。ボウイング777は、1つ前の新鋭機で、座席もけっこう幅が広くよかったです。やはり、やりたいことを最初にやるというイタリアの気質でしょうか?

ローマの空港にて

乗り継ぎ便の小さな飛行機に乗る。

アリタリアの国内線は、世界中で使い古された1980年代ものの、MD80(その昔はDC9-80ともいわれた)が使われています。もう席はあちこちで、がたがきていて、ぼろぼろです。乗り降りは、最後部から階段でおりるという懐かしい形です。まあ、ローマナポリ間は、ほんの25分くらいなので、安全を祈りつつ。懐かしいです。TDAがまだあった頃に乗った記憶が,,,,,

 

ローマ発ナポリ便の飛行機

ローマ発ナポリ便の飛行機内で、救命胴衣を説明するいかついキャビンアテンダントのおじさん

アリタリア・ナポリ便の白眉は、海外ドラマ「24」のキーファー_サザーランドみたいないかついおじさんが、救命器具の実演をやってくれることです。あのもしたりないときは口から空気をいれて、なんかもなかなかによい演技でした。席はBがないAとCを含む、2席、3席の5席で、たてがうんと長いのです。席はすごくて、リクライニングにしないのに、リクライニングになってしまい、離陸のときに乗務員のおじさんが、もとにもどそうとしてももとにもどらないような席があちこちで見受けられたことです。なれもあってか誰も驚かない。おんぼろ飛行機でした。ボクは20年以上前、コリアン・エアでヨーロッパに行った際に意図しないリクラインシートを初めてみました。機内の窓などにやたら日本語表示があるので、よく見たら、JALのお古の機材だったようです。 この章つづきます。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPはソナー・メンバーズ・クラブをクリックして下さい。

 

 

Categories:

Tags:
,

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐