Sonar Members Club No45

Since December 2014

旅する哲学 南イタリア・ナポリへその⑤ポンペイ遺跡

2017 JAN 28 12:12:43 pm by 野村 和寿

一生のうちで、たぶん何度か忘れられない日があると思います。ポンペイ行きはまさにそんな一日でした。素晴らしいとだけいってしまうのももったいないような充実した日々でした。

0124イタリア1

ポンペイ遺跡内で思わずの記念写真。これほど充実した日はたぶんかつてなかっただろう。

朝9時にマリオさんのタクシーを予約し、一路25km離れたポンペイへ。緑に囲まれた中に、ぽっかりと遺跡が並んでいます。よく整備されている遺跡ですが、炎天下を延々と歩かねばなりません。これはポンペイの入り口付近です。

ポンペイのよく舗装された石畳です。ポンペイの都市が埋まったのはAD79年8月24日だそうですから、その前に石で舗装されていたんだそうです。古代のトンネルに入り、ここを上りつつ、抜けると、ポンペイの町になります。

ポンペイ2

ポンペイに行くには石畳を通ります。

 

もともと古代ギリシャの植民都市として成立したポンペイには、ギリシャにちなんだ、アポロ神殿が建てられていました。その後、ポンペイは、ギリシャより独立して、自立していくのですが、まずは、古代ギリシャがあったんだなと思いました。

01281

巨大な凱旋門が迎えてくれます。

ポンペイの遺跡に初めて入った印象は、とにかく広大だということ、大きな都市がまるまるすっぽり埋まってしまい日常生活そのものが、埋まってしまったことです。大きなローマ神殿も飲み込まれてしまいました。炎天下の中、ふうふういいながら水分補給だけをたよりに、石畳を歩いていると、鳩がとまり、そして小鳥のなく声がします。きっとそんな光景は昔とぜんぜん変わっていないかもしれません。とにかく行けども行けども、遺跡だらけなんですよ。ここは本当にものすごい光景を見てしまった。あるいは心に宿ってしまったような、寂寥感みたいなものが、常につきまといます。まだ、観光客がいっぱいいることが逆になぐさめになっているかも。

01282

延々と並ぶ円柱。

もしも東京やお寺の多い京都が一夜にして廃墟と化したならば、いったいどんな遺跡になるんでしょうか? ベズビオ火山の突然の大噴火でくしくも都市ごとに埋められてしまったポンペイの石畳の道を歩きながら、ふと思いました。それまでの文化があっというまに、消えてなくなるかといえば、遺跡という形で残ります。それはずっと昔のポンペイに一気に戻ったような不思議な錯覚を覚えます。

ポンペイ5

廃墟の建物内に潜入すると、人の形をした柱が迎えてくれました。

 

ポンペイの入り口近くの売店にてsugo(スーゴ)と呼ばれるオレンジの果汁をいただきました。100%オレンジを手でしぼって、これで、約250円です。ほんとうにフレッシュでさわやか。このほかに、pompelno(ポンペルノ・グレープ・フルーツ)のスーゴもありました。

0124イタリア22

生ジュース(スーゴ)の屋台です。喉の渇いた後には最高に美味しいです。

 

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPはソナー・メンバーズ・クラブをクリックして下さい。」

 

Categories:未分類

Tags:
, ,

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐