Sonar Members Club No45

Since December 2014

旅する哲学 南イタリア・ナポリへその⑥スパッカ・ナポリ

タクシー運転手のマリオさんに案内してもらって、ポンペイからナポリに戻ってきました。人生最良の日の午後は、スパッカ・ナポリです。

012821

スパッカ・ナポリは庶民の街。日常を垣間見ることが出来ます。

スパッカ・ナポリとは、ナポリの下町。通常はちょっと治安が悪いとも言われることがあります。タクシー運転手のマリオさんは、ここの出身で、案内してもらいました。

0128233

ナポリの個人タクシー マリオさん

この人がマリオさんです。このあたりの顔で、このピッツェリア「ヴェスビアーナ」にもちょくちょく顔をみせるんだそうです。なんでも、若いときは歌手を目指し勉強していたが、サッカー応援で声を出しすぎたのか、大きな声が出せなくなり、やむなく断念したそうです。それで、タクシー内では、「オーソレ・ミオ」やロッシーニの「セビリアの理髪師の私は街のなんでも屋さん」など、つぎつぎと歌ってくれました。ぼくは、とてもいい人だと思いました。いくらなんでも、実家近くを案内して、ピッツァまでご一緒してくれるとは、こういうときに、イタリア語が少ししゃべれるということがよかったなあと思っています。

ナポリ ピッツァその2は、ナポリの下町「ピッツェリア・ヴェズビアーナ」にて。ピッツァ・フリットです。このお化けのようにでかいしろものは、中に、オリーブやトマト、ベーコン、それになんといってもモッツァレッラ、それにほかのチーズを入れ、そのまま揚げたものです。日本でいえば、イタリアンで、ピッツァのカルツォーネのお化けみたいにおおきいやつです。生ビールのグラスとひかくするといかにでかいかがわかると思います。これで、400円くらいです。もちもちとしたパスタ生地となかでとろとろになったモッツァレッラが融合して、甘く、酸っぱく、柔らかがいっぺんに味わえます。なんで2皿かといいますと、教えてくれたタクシーの運転手と一緒にお昼をしたんです。そのことはまた。前メールのピッツェリア「ヴェズビアーナ」は、漁師からの新鮮な魚介類を売る地区の、中にあり、これはなかなか見つかるものではありません。タクシー運転手のマリオさんとは、年齢が近くなぜかきがあい、この2日ほどご一緒し、あちこち案内してもらいました。この店は築地場外の「すし清」みたいな関係かもしれないです。

012826

ピッツアを作る調理場も取材させてもらいました。

でも、生地をこねるところはもちろん大理石でなにしろ家族的、協力して取材させてもらった感あり。

0128210

スパッカ・ナポリの魚屋さん

こちらは魚屋さん。旬の魚は、アリーチかたくちイワシのことです。またイワシはほかにも大きさや産地で厳格に呼び名が違っており、もうひとつは、「サルディーナ」といういわゆる、オイルサーディンに使われるような、小さなイワシ。日本でいえば、新子に似ています。こちらは貝専門店です。ちゃんと砂だしはしているそうで、さすがにこのままボンゴレとして、パスタに使えますね。いつもお水はたやさずに、新鮮さを保っているんだそうです。

01288

マリオさんのお母さんが2階から顔をのぞかせています。

2階から顔を出しているのが、タクシーのマリオさんのお母さんアンナさん。とても気さくな方で手を振ってくれました。マリオさんは、ここで生まれ大人になるまで育ったんだそうです。活気あふれる下町の洗濯物がいっぱいの素顔のナポリです。

012829

サラミ屋さんはマリオさんのおばあさんがやっている屋台のお店でした。

このサラミ屋さん。お店番をしているのは、タクシーのマリオさんのおばあさんです。もう80をとっくにすぎているんですが、ひがな1日こうして店番をしているんだそうです。サラミとチーズを一緒にうっているところが、下町的ですね。

漁師のお店がずらりと並んでいる下町近く。タクシーのマリオさんはこの町で生まれて育ったそうで、歩いていると知り合いばかりで声をかけあっています。この混沌そのもので活気あふれるお店は魚屋、貝屋、八百屋と多種のお店です。

012822

街角にあるマリア像です。日本のお地蔵さんと同じような感じです。

こんな複雑に入り組んだ、魚や野菜の市民の台所にも、角角に、キリスト像がおかれて、みんなを見守っています。なんか日本でいえば、道祖神かお地蔵さんに似ていますね。とにかくみなさんカトリックで信心深いです。八百屋さんです。トマトの赤がまぶしいばかりです。普通こういった光景を取材させてもらうときは、(個人だから取材とはいわないかも?)気を使うのですが、なにしろ、マリオさんをみんながよく知っていて、これも撮れ、あれも撮れといわれて好意的そのものです。しかもたとえば、いんげんは、今の時期旬なので、フリットにするとうまいよ。とか説明もしてくれます。

012827

マリオさんとの記念写真です。

タクシーのマリオさんと記念写真です。マリオさんは、52歳だそうで、ぼくと妙にうまがあいました。もちろん観光客に合わせてくれたんだと思いますが、イタリア語の教師であり、ぼくのイタリア語にもいやな顔ひとつせずにつきあってくれました。レモンチェッロをすすめられて飲んだ後で少し酔っています。

ここでワイシャツと、スーツを買ったんですよ。いや買ってしまったんですよ。こういうのが旅の醍醐味だと思います。シャツのお店です。マリオさんの親戚がやっているんだそうです。表通りの洋服屋よりも格安だよと紹介してもらいました。なにしろ、ぼくは、おなかがでっぷり体型でなかなかそろわないんですが、さすがにイタリアの下町にはぼくのサイズがありました。黒のジャケットとズボンともにフィット。さらに、生地のいいワイシャツを買って全部で、1万円ほどでした。おみやげにとてもすごい色のナポリらしいネクタイももらいました。もちろん少し調子に乗ってだまされたのかもしれないのですが、まあそんなこと考えないでいようと思います。スーツとワイシャツで1万円。今部屋にもってきているんです。こんなおみせ、自分だけじゃぜったい買わないですよね。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPはソナー・メンバーズ・クラブ

をクリックして下さい。

 

をクリックして下さい。」

 

 

 

 

 

 

Categories
未分類,

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *


    *


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>