Sonar Members Club No.22

since November 2012

オークス、ダービーの季節

オークス、ダービーが行われる東京(府中)競馬場

オークス、ダービーが行われる東京(府中)競馬場

オークス、ダービーが迫ってきた。競馬が盛り上がるシーズンである。春の3歳馬の頂点を決めるレースであり、長い歴史がある。オークスは第75回、ダービーは第81回である。両レースとも戦前からの伝統があるのだ。距離は2400Mのクラシック・ディスタンス、東京府中競馬場のスタンド前からのスタートだ。各馬はスタートしてすぐ左回りに回っていくことになる。昔のダービーは今よりも出走頭数が多く(昭和30年代までは32頭、その後長い間28頭)、スタートの枠順が極めて重要だった。大外では、勝利はまず不可能とまで言われていた。ハクシヨウが勝った昭和36年のダービーで、不利な大外32番枠から直線強襲し、惜しくも鼻の差で2着のメジロオー、ダイシンボルガードが勝った昭和44年のダービーで、大外27番枠から果敢に逃げ、惜しくも3着のハクエイホウ、等々、枠順を巡るレース展開の議論は、昔からダービー、オークスに付いてまわってきた。現在は出走頭数が18頭までに制限されたので、昔ほどの内外の差はないが、やはり、内の方がかなり有利である。

既に寄稿済みだが、牝馬のみのオークスはハープスターがぶっちぎり人気だろう。2番手の馬は評価が分かれる。あまりにもハープスターの存在が大きいのだ。牡馬に交じっても最強かも知れない。ただ、待てよ。3歳牝馬のレースに絶対はない、とよく言われる。例えば2004年のオークスだ。4戦4勝のダンスインザムードが絶対的本命で単勝はなんと1.4倍だった。しかしレースはダイワエルシエーロが勝ち、ダンスインザムードは何と4着。先行策を採った福永祐一の好騎乗だった。ダンスインザムードはパドックから、明らかに入れ込み、発汗していた。自分に負けていたのである。今回もハープスターは自分さえコントロールし、実力を発揮できれば、相当の確率で勝てるだろう。当日は枠順とパドックでの体調に注意したい。追い込み一辺倒なので、先行馬がひょっとしたら番狂わせも、という予想もあるが、府中は直線も長く、あまり心配していない。距離の壁があるかも、という心配もあるが、それはどの馬にとっても初距離であることには変わりなく、血統的には問題なさそう。大外枠になって、外ばかり廻っていると内の馬に逃げ切られる心配はあるが。筆者のハープスター以外の注目馬は、良血のサングレアルとレーヴデトワールである。ただレーヴデトワールは賞金が足りず、出走できない可能性が高い。桜花賞が5着だったのが惜しまれる(4着迄、オークスに優先出走権)。

ダービーはオークスの次週。何といっても、競馬界の頂点といっていい、お祭りの大レースである。本命は皐月賞馬のイスラボニータだろう。6戦5勝、2着1回の堂々たる成績、ただその一回の敗戦はハープスターにぶっちぎられているので、どうも印象が悪い。2番人気は皐月賞2着のトウザワールドだろうが、こちらも弥生賞でやっと勝ったりしており、絶対的な強い印象がない。要は牝馬に比べると混戦ムードとも言えるのだ。予想は難しい。これから各馬の調教をじっくり見て、枠順、当日のパドック等、見極めていく必要がある。注目は既に寄稿した、牝馬のレッドリヴェール。小柄で馬体のキープがポイントだが、桜花賞の後もカイバの食いはしっかりしており、体調は良さそう。福永祐一がうまく乗れば、牝馬のダービー馬誕生もあり得よう。

皆さん、是非この2つのレースに注目してください。

Categories
競馬