Sonar Members Club No.22

since November 2012

有馬記念が今年もやってきた

2014 DEC 26 15:15:14 pm by 中村 順一

あっという間に年末になってしまった。今年も、あと一週間もなくなった。さて、競馬ファンにとって年末の盛り上がりは何と言っても「有馬記念」である。今年で第59回を迎える。ファン投票で出走馬を決めるレースで、日本人特有の、年末の盛り上がりの中で行われる大レースだ。筆者の知り合いの馬主に聞くと、一番勝ちたいのは、ダービーでも天皇賞でもジャパンカップでもなく、有馬記念なのだそうだ。一年の締めくくりという意味もあるのだろう。

舞台は中山競馬場の2500M、スタートしてすぐ右回りの第3コーナーになる。今の冬の中山は昔のドロドロ馬場ではなく、芝の整備がいいので、あまり外を回る必要はなく、内をうまく突いてこれる。昭和40年の有馬記念で、シンザンが大外を強襲し、その姿がテレビから消えるほど、外ラチぎりぎりを駆け抜け、ミハルカスを振り切り、競馬の迫力を万天下に示したドラマはもう必要ないのだ。中山は小回りなので, 2500Mだとカーブを何回も廻らなければならない。馬も少し走りにくい。有馬記念は騎手の腕の巧拙がでるのだ。西室兄が、今でもクレームしてくる昭和45年のレースなどは典型で、外を回ったアカネテンリュウが内を突いたスピードシンボリを捉えられなかったレースだった。筆者もあのレースではかなり損をさせられた。

今年はどうなのか。強豪の馬が勢揃いだ。かなり盛り上がりそうだ。G1馬ばかりである。現時点で世界ランク1位のジャスタウェイと2位のエピファネイアが両方出てくる。もっとも最近言われだしたこの世界ランクの概念は筆者には何だか良くわからない。日本馬をちょっと評価しすぎ、という気もする。

有力馬が皆、外枠になった。エピファネイア13枠、ゴールドシップ14枠、ジャスタウェイ15枠である。騎手の腕の見せ所だが、外枠は難しい。折り合いが極めて難しいエピファネイアを初乗りの川田がこなせるか、大レースにはさっぱり勝てない福永が、ジャスタウェイの有終の美を飾れるか、あてにならない大物、ゴールドシップを変則スタイルの岩田が仕切れるか、絶好の4枠になったジェンティルドンナが、苦手の冬の中山の馬場を戸崎の好騎乗でこなせるか、興味はつきない。おそらくこの4頭が1番人気から4番人気を占めるだろう。

中山は東京コースとは違い、何が起こるかわからない。どの馬にもチャンスがある。筆者は内枠の人気薄の馬が狙い目と考えている。28日、日曜日の午後、楽しみですねえ。

Yahoo、Googleからお入りの皆様。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:競馬

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐