Sonar Members Club No.27

カテゴリー: 未分類

劇詩劇 「死詩の詞(ししのし)」 加藤道夫へのオマージュ

2018 MAY 5 14:14:40 pm by 阿曾 靖子

 お久しぶりです。皆様のご様子何よりです。私も元気に過ごしております。
 早速ですが5月25日から27日まで、両国の「シアターX」で、新新演劇研究所による上記タイトル作品にSMCメンバーで俳優座所属の 早野ゆかりさんが出演します。
 戦前、加藤道夫という劇詩人が芥川比呂志らと新演劇研究会をたち上げ(後に文学座入座)、「なよたけ」「襤褸(ぼろ)と宝石」(俳優座上演時は千田是也演出)など、数々の作品、名舞台を創りました。劇作や戯曲翻訳から演出まで手掛ける多才な演劇人ですが、戦後1953年に自殺してしまいました。訃報を聞いた三島由紀夫は加藤邸に駆けつけたそうです。
 
 新演劇研究会とは、主催者・山本健翔さんが、加藤道夫さんを敬愛していらっしゃる為、そのように命名されました。
 内容は今年が加藤道夫生誕100年という事で、その演劇人生、出征を通じての苦悩と愛、友情などが描かれています。あの国民的大女優・加藤治子さんの御主人でもありました。
 早野さんは加藤さんが愛した蔵書の登場人物、執筆した戯曲のヒロイン、妻・加藤治子さん等を演じて歌も歌います。
 ジャン・ジロドゥ「オンディーヌ」、折口伸夫「死者の書」といった愛蔵書を知れば知るほど、加藤道夫が名作「なよたけ」を生む核のようなもの、そして共鳴する深い心をを感じずにはいられません。 
 お時間が許せば、ぜひ観劇をお勧めさせていただきます。

クリックして下さい

クリックしてください

節分の日

2016 FEB 10 12:12:40 pm by 阿曾 靖子

 皆様、節分の日はどうお過ごしでしたでしょう。勢ぞろい

 節分の翌日発売された週刊新潮(2月11日号)のグラビアで『悪質客引き撲滅』のキャンペーンに着物のお姉さん方が大勢写っている中に私がいたことに気が付いた方はいらっしゃいますか。
 1月27日午後6時頃からこのイベントに真面目に参加しておりました。グラビアは白黒だったのですがこの煉瓦色の着物だったのです。

 TBSのニュースアイの記事の表紙にもなっていました。

寒かった

 初めに中央区長様、警視庁様、GSK銀座社交料飲協会会長様のご挨拶を頂き、並木通りを七丁目から八丁目まで十五分くらいかけてトコトコ行きました。
 あれだけの人数ですとまるで着物の洪水の様で、歩道を歩いていらっしゃる方は皆様「何が起こったの」状態。
 せっかくですのでスタッフが撮ってくれた立ち姿ももう一枚。寒かったです。

 

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

Luise Ono
三遊亭歌太郎
小林未郁