Sonar Members Club No45

Since December 2014

男性更年期障害を克服する

2018 OCT 28 7:07:20 am by 野村 和寿

このおよそ6ヶ月の間、ぼくのなかで苦しんでいました。よく男性同士の会話で「おまえ、男の更年期なんじゃないの?」と冗談とも付かぬ言葉を交わしたりすることがある。ぼくは、その「男性更年期障害」に本当になってしまいました。

「うつ」のように塞ぎ込む毎日、「自分はもう駄目なんじゃないか」と落ち込む日々、かといって、「些細なことを気にし出す」。周囲の些細なことにもイライラして神経過敏になる。いつも体がだるくて、すぐに眠くなり休日はよこにごろんと横になってばかり。いつもは好きな趣味もなんとなくしたくなく、なにもしたくない日々が続きました。仕事もなかなかうまくはかどりません。このことと、頻尿。夜なんどもトイレに立つ、 1日じゅうそれこそすぐにトイレに立つことが多い。この前者の神経内科的な、うつのような症状と、頻尿とがまさか、結びつくとはなかなか考えていませんでした。

本を見つけた。『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書

https://www.shogakukan.co.jp/books/09825023)、

やる気が出る!最強の男性医療

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166609192

ともに、

順天堂大学病院の泌尿器科の堀江重郎先生の本でした。

順天堂大学の泌尿器科のhpをためしにみてみると、「メンズヘルス外来」という診療科目が目に入った。詳しくは、ここにあります。

男性更年期障害という病気は、まだまだ泌尿器科の医者にも理解が少なく、メンズヘルス外来を設置しているところは、全国に数えるほどしかありません。しかも、外来は第一と第三土曜日の午前中に限られているので、千客万来の様相を呈しております。

メンズヘルス外来、そして、上記の2冊の著書よると、男性は、ある年代から、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」の分泌が悪くなり、泌尿器に向けてだけでなく体全体を司るこのホルモンの減少が、男性更年期障害を引き起こす。と書いてあった。

女性は閉経による女性更年期があることは周知の事実で、みながよく知っている。女性はエストロゲンという女性ホルモンの一種を減少させ、かわりに、女性のもっている男性ホルモンであるテストステロンが結果的に割合がふえる。女性が高年齢になると活動的になることが多いのは、女性の男性化なんだそうだ。ところが男性は、男性ホルモン テストステロンが減少すると、男性更年期になってしまい、活動力がにぶるのだということを、上の2つの本で知りました。

テストステロン

男性ホルモンの一種テストステロンの働き(順天堂メンズヘルスhpより)

 

 

 

そこで順天堂大学病院に設置されている「メンズヘルス外来」を受診してみた。泌尿器科の中にある。5本の血液検査、検尿検査と同時に、30ページにもおよぶ、細かなチェックリストをマークシート方式で行い、現在の症状をチェックする。この調査項目のなかには、「朝だち」を最近するかといった、性についての、こまかな質問も多くある。ここではデリケートな話なので、触れられないけれど。

目にたいしての質問、心身の疲労感についての質問、尿についての質問、腰痛や背中のむくみ痛みについての質問もある。

ぼくのばあい、初診なので、細かな結果は次回にもちこしだったが、基本的には中度から重度の男性更年期障害ではないかと、メンズヘルス外来の先生にいわれた。

メンズヘルス外来で、自分の体の悩みが、決して、心療内科的な悩みではなくて、泌尿器科とむすびついたれっきとした病気であることを、お医者に認めて貰ったことだけで、随分と楽になりましたた。

治療としては、まずは、牛車賢気丸(ごしゃけんぎがん ツムラ107番)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう ツムラ41番)の1日食前3回の服用、そして、検査結果の後に、テストステロンの院内での注射ということになりそうです。 これからです。

人にほめてもらうことはこの病気にはいいそうです。

お医者さんにいっただけなのですが、大分安心したので、ご報告しました。

順天堂病院のパフェ

順天堂病院にはヒルトップホテルが食堂に入っていてパティシエが調整した「シャインマスカット・パフェ」を久しぶりにいただきました。

Categories:未分類

Tags:

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

Luise Ono
三遊亭歌太郎
小林未郁