Sonar Members Club No.27

since December 2012

「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス 1990年上演舞台と「オンディーヌ」

先月6月14日、米国の作家ダニエル・キイスが亡くなりました。
彼の名を一躍有名にしヒューゴ賞に輝いたこの作品を知ったのは
劇団昴 上演作品としてでした。(「文学座」から有志による「劇団雲」が生まれ
それが「劇団円」と「昴」に分かれた経緯があります)
1900年 千石の3百人劇場にて、主役は牛山茂。こちらのあらすじ
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n265/n265_04-01.html
またはWikiでも概要がありますが
このチャーリーという純粋で心優しい精神遅滞の大人、(のちに天才に
進化してしまう)主役は、作品の完成度の高さと衝撃度と共に
いわゆる「役者(男優)が演じてみたい役のベスト20」に入ると直感しました。
ストレートプレイでの上演は残念ながら最近あまり無いようですが、今年ミュージカルとして商業演劇ベースで秋に再演されるようです。
原作、映画、ストレートプレイ、ミュージカルと媒体が違うと、当然「別物」として味わうようにしていますが、「素材の優れた名作」としてお好みのもので機会があれば触れていただきたいです。

それからラヴェル「夜のガスパール」の項で、東さんが「オンディーヌ」に触れておられましたし、ジャン・ジロドゥの至宝の傑作、演じて見たい役(女優編)というカテゴリにも入るかなと思いますのでhttp://www2.tbb.t-com.ne.jp/meisakudrama/meisakudrama/ondinu.html
の詳細なあらすじもお薦めします。
これはまさに、劇団四季の記念碑的な作品でもあり、1981年版は、オンディーヌ、三田和代、ハンスは山口雄一郎。(初演は北大路欣也!日生劇場で大ヒットしたとか)
3度の水の精の呼び声に約束通り記憶を消されてしまったオンディーヌが、最愛の人の亡骸にそれとは気づかず、「なんて美しい人・・・。生きていれば、きっと好きになったでしょうに。」
という最後の台詞、透明感溢れる三田さんの声が今も耳に残っています。

Categories
演劇

    2 comments already | Leave your own comment

  1. 東 賢太郎

    7/14/2014 | 11:56 PM Permalink

    オンディーヌのあらすじは劇団四季HPがわかりやすかったです。これはオペラには向いていないのか、たしかチャイコフスキーにあるぐらい(ウンディーネ)ですが有名ではありません。魅力あるストーリーですから劇を見てみたいですね。

    Respond to this comment

  2. 阿曾 靖子

    7/15/2014 | 2:54 AM Permalink

    まさにドイツのフーケによる「ウンディーネ」を元にジロドゥの戯曲は書かれましたが
    上記のURL「名作ドラマへの招待」byMIYUに、2作品とも詳細があり、かなり違った解釈とストーリーなっています。
    「ウンディーネ」はバレエにもなっていますし。
    (初めのURLは「『アルジャーノンに花束を』DINF」のサイトになります。)

    Respond to this comment

  3. Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *


    *


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>