Sonar Members Club No41

since December 2013

20年前から昨年秋そして昨日までの友達の命と神山先生( 後編)

2014 APR 27 0:00:57 am by 江崎 淳一

  彼の抱えていたトラブルは、夫婦喧嘩が発端で奥さんが警察にDVの被害の通報。警察が自宅にきてDVに当たらずと帰った翌日、奥さんの近所に住んでいる義理の父から体調が悪いので病院に連れって言ってくれとの電話。免許停止処分中の彼、奥さんは自宅におらず彼が無免許覚悟うえで、義理のお父さん宅へ車に乗り駐車場から出た瞬間に、前後パトカーに挟まれそのまま拘留(無免許運転の通報で警察待ち構えてました、ハメられた)。20日間の勾留後家に帰ると、家はめぼしい物を持ち出されもぬけの殻に。何故か警察から出てくる時に、自宅に行くときは警察に事前に連絡することと言われていて自宅に住むことも出来ない状態になっているとのことだった(アメリカで旦那の知らぬ間に子供を連れ去ると逆に、奥さんは誘拐犯になるのになーとその時は思った)。 その状態で知り合いの家に身を寄せ1カ月以上。

  息子が何処に居るか未だに分からないと。

  何よりも息子がどこにいるのか知りたいと。

  ほかのことはともかく、息子さんの居場所だけ絶対に探すと思い、再び九州に。 彼が集めていた情報、親族関係(奥さんの家族は全て地元にいる)、奥さんの交友関係を聞いて、次の日地元の知り合いの方が(元タクシー運転手さん)車の運転をしてくれるために来る朝、ほんの少し考えました。 彼が住んでいた人口44万人の市それと隣合わせの人口14万の市、そのどちらかかに絶対にいる。 ただどちらの市なのか? 車に乗り込み「どこにいくのー?」の問いに、自分の勘が囁いてくる「14万の方だ」と。「その町の中学校回ってください。」とお願い出発。 その日は日曜日、閑散としている1校目の中学校を車の中か見て次の学校へ。それの繰り返しで4校目。何故か「この学校にいるな」と思うと同時に車から一人黙って降り、部活を終へ着替えをしていた生徒に「2学期に一年生でXXXX君って転校生徒きた?」と聞くと、名前身長体格共にドンピシャの転校生がいるとの事。その後何校か、通り過ぎましたが何も感じないので、その日は終わり。 翌朝月曜日、昨日の中学校門前のコンビニへ。一人目の生徒登校から30分後に彼の子供さんが。一週間あれば見つけれるかなと思っていたのに、実働時間にして6時間。

  一か月後、奥さんのフェースブックを地元知り合いが見つけ、佐世保に移り住んだと言われた彼(そんなわけないじゃん。普通の人は2か月チョイで2回も、引っ越しできるわけない)。自分の勘がささやいてくる。翌日また九州に飛びました。6枚位ある、彼女のFBの写真。その中で外で取られているのは4枚。息子さんがいた中学校へ。スマホの地図を開き水路が一枚映っていた場所のを見つけるまでに15分。学校はちょとした丘の上。後は、等高線と水路とそれに河川を見ると学校を中心に12時から2時の間に絞られる。あとの3か所探し終えるのに、一時間少々、やっぱりなと。

  この間一番の懸念は彼の体がかなり悪いなと感じていた事、彼と共に歩くと息が上がり50メーター歩くのがやっと。息子さんの件で興奮して動き回っている彼を見ているのが本当に辛かった。60過ぎたばかりの彼。ありえないほどの血圧の数値。飲みすぎの人生。あれほどタフだった40代の彼。これは神山先生に。でも連れていけるでしょうか。しかし、願って待ってると来るいいきっかけが。彼は自分がそんなになりながら知り合いの老夫婦を見てもらいたと言い出す、それが11月。それじゃついでに彼も見てもらえる。先生の見立ては内臓全てが腫れ上がってるとのこと、でも「大丈夫直せます」の先生の一言。その夜ホテルの部屋で医者からは18ヵ月前にあと2年の寿命と言われていたと聞いた。

  その後漢方薬は飲み続けていた彼。しかし1月になり体調が辛いらしく地元の市民病院に行くと検査検査の毎日に。血圧220、血糖値3倍、C型肝炎、心臓血液逆流、それに伴い肺にも影響が出てると。夜になると背中が痛くて起きるとの電話。

  あまりにも問題があるので、医者も検査をたらい廻しにし、どう手を打つか考えているようで、でも心臓の弁を人工にするのが先決だと3月末をめどに手術の予定が立てられた。今回は、無理やり呼びました。3月の第2月曜日から、中2日開けて3回の鍼、神山先生が打ってくれました。来月また同じく3回鍼しましょう。そして、もう病院に行けば手術しないから検査してきなさいとの事。見事お医者さんが信じられない数値が出て手術は延期、また検査だと。何をしたと聞いてきたお医者さんに、鍼と漢方と言っても信じなかったらしい。

  そして今回、14日から1週間また3回の鍼。「もう、心臓はいきなり止まらないよ。次は肝臓を治すから。」と先生。「また、来月ねと」もう一回来れば後は漢方で治るかなと思うと。それが、昨日(4/21)でした。(ちなみに現在血圧130切ってます)
  
  今年初乗り1月3日モービルに一日乗って以来、体調が最悪になった自分。その時、神山先生からやんわりと、「お付き合いでモービル乗るのを止めれば」とのアドバイスを頂き乗るのを止めた。例年通り乗っていたらはたして彼を神山先生に連れていけてたか。勿論モービルに乗らないなんて夢も思っていなかったわけで。乗り始めれば週末はこっちにいなかった。結果モービルの唯一の弟子、年上の男友達、しょうがない小僧といつもフォローしてくれた彼の命が延びたのか。

  20年間の借りちょと返せたかな、健さん。

  それにしても、神山先生の技術(神山先生は自分は技術者と自分を表現する)は凄い。乗り物の機械を直し改造しパワーを上げるの簡単で、ちょっとした勉強と地味に時間を掛けて上げて行く機械いじりの腕と、それを判断できる感性と、プラス体力。しかし先生は命を直す。全ての患者さんは、体質など全てワンオフな訳で。エンジン焼きついてるはずなのに、部品も変えず。何のダメージを与えず、再生させる。「君はアメリカにモービルをいじるのを教わりに行く。私は海外に教えに行く。」神山先生から頂いた、未だに頭に焼付いるお言葉です。そう、先生は THE MASTER KAMIYAMA なのですね。生きてる間に1人会えるか会えないか。出会えました。ありがとうございます先生、友達助けて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories:未分類

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐