Soner Menbers Club No43

カテゴリー: 演奏会

ブラボー!イッサーリス。

2018 NOV 7 16:16:52 pm by 吉田 康子


スティーブン イッサーリスのリサイタルに行ってきました。音楽ってなんて素晴らしいんだろうと心から愉しむことが出来ました。たった一度の東京でのリサイタル、もったいないですね。チケットは完売でした。

今回は「音楽に[失われた時]を求めて」という副題が付いた演奏会。熱狂的な音楽愛好家であったフランスの作家マルセル・プルーストの長大で難解な作品「失われた時を求めて」の世界と同時代のベルエポック期に活躍した作曲家フランク、サン=サーンス、フォーレ、アーンなどの作品を重ね合わせた、というのがコンセプト。そうは言われても、正直なところ、この時代の文学に疎い私にとっては縁遠い世界のように思えました。

久しぶりに登場したイッサーリスは少し恰幅がよくなり、トレードマークのカーリーヘアも幾分白くなっていました。共演のピアニストのコニー・シーも12年ぶりで落ち着いた雰囲気に。やはりこんなところにも時の流れを感じました。

イッサーリスの自然でのびやかなフレージングはますます磨きがかかり、音楽が溢れてくるよう。そしてコニー・シーのピアノはとても繊細に寄り添い息がぴったり合っていて、ため息が出るほど見事なものでした。この人は間違いなく一流。アーンの甘い旋律から始まり、晩年の美しい響きが散りばめられたフォーレのソナタも技巧的ながらもそれ感じさせない歌心を聞かせてくれました。

そして今回のメインテーマでもあるアデスの「見出された場所」。イギリスを代表する現代作曲家トーマス・アデスがイッサーリスの為に書いた作品でプルーストの「失われた時を求めて」に直接触発されたとか。2009年の初演は作曲者のピアノとイッサーリス。難曲中の難曲といわれるだけあって、チェロのあらゆる技巧を詰め込んだ印象。気迫のこもった演奏で緊張感がこちらにも伝わって一気に引き込まれました。2016年のプロムスではオケ伴でやったそうですが、フィナンシャルタイムズの記事に、アデスとイッサーリスとの間で、「こんな悪魔的で難しいものは弾けない!」「だったら他のチェロを探す!」などギリギリのやり取りの末行きついたもの、とありました。

休憩を挟んでの後半のサン=サーンスのロマンス、フランクのソナタは、アデスから解放されたのかリラックスしてのびのびと音楽を楽しんで演奏しているよう。客席の雰囲気はお馴染みのフランクのソナタを楽しみにしていた様子でしたが、私はアデスの作品がこの日一番の素晴らしい演奏だったと思いました。

あいにくの雨でしたが、楽器がよく鳴っていて最弱音から最強音までのダイナミクスの幅の広さが真っ直ぐに届いてきました。アンコールはサンサーンスのロマンスop.36と白鳥。ストラドにお辞儀をさせると「今日の演奏はこれでおしまい」という意味だということをお客さん達もよく解っていました。

終演後のサイン会に並びましたが、もうイッサーリスとは10年来の友人でもあるので、サインでなく久しぶりに会えたご挨拶を。気さくな彼は、つい数日前に会ったかのような相変わらずの様子でした。

オリ・ムストネンの印象

2018 FEB 11 17:17:18 pm by 吉田 康子

 
オリ・ムストネン ピアノリサイタル  
2018.2.10(土)14時開演 
すみだトリフォニーホール

■シューマン:子供の情景 op.15
■プロコフィエフ:ピアノソナタ 第8番 変ロ長調「戦争ソナタ」op.84
■ベートーヴェン:ヴラニツキーのバレエ「森のおとめ」のロシア舞曲の主題による12の変奏曲 イ長調 WoO.71
■ベートーヴェン:ピアノソナタ 第23番 へ短調「熱情」op.57

オリ・ムストネンのピアノリサイタルに行ってきました。彼の名前はピアニスト・作曲家として知っていました。また友人であるチェリスト、スティーヴン・イッサーリスの共演者という存在でもありましたが、演奏を聴くのは初めて。
彼の写真はいつも口を一文字に結んで何か言いたげにこちらを見ているものばかりでしたが、実際にステージに現れた様子は笑みを浮かべて穏やかな表情。

最初の曲、シューマンの子供の情景のは、私も弾いたことのある曲でしたが、美しい旋律を期待していた気持ちは冒頭部分から裏切られました。出だしの音が聞こえないくらい微かなものだったのに比べて3つ目の裏拍がアクセントごとく強打されてビックリ。わずか1ページの短い曲に本来知っていた旋律が違うフレーズと色合いを持っての演奏。腕を大きく回したり、手首をヒラヒラさせながら中に浮かせる様子に客席は戸惑いの空気が漂い、それとは対照的に彼はどの音も確信を持って弾き13曲から成るこの曲集を全く違ったものに聞かせました。

「聴き慣れた作品に新たな光を与えるもの。即興性と刺激に満ち、鋭敏な完成が隅々まで息づき、作品が今生まれたようなみずみずしさを放つ」という評論家の言葉がチラシに添えられていましたが、なるほど上手い事を言ったものだと感心。

続くプロコフィエフは、彼のアプローチがピッタリとハマる感じで鋭利なリズムや複雑な和声が説得力を持って迫ってきました。強靭なタッチと繊細なフレージングは十分な技巧と沢山の音のパレットを持っているのが伺われ、それを存分に駆使しての構築に圧倒されました。

後半のベートーヴェンの変奏曲と熱情ソナタは、もはやベートーヴェンに聞こえない、という印象。これが試験やコンクールだったら?と考えるのは野暮な話なのでしょうか?天才鬼才としての定評があれば、何でもアリで許される?結局のところ彼にとってこれらの作品は、作曲家の意図を汲んで表すものではなくて、自分の表現に置き換える素材でしかないのでは?と思い当りました。そういえばイッサーリスも「彼はいつも新鮮なアイデアを提供してくれる」とは言うものの、ベートーヴェンやショパンを一緒に演奏することは無さそうです。

演奏に際しては、楽譜持参で譜面台に楽譜を置き、しかも脇には譜めくりの人までずっと座っていました。アンコールのバッハも知らない曲に聞こえて不思議な感じがしました。先に読んだ本のランランとは全く違った世界を歩む人として特異な存在であることを強く印象付けられました。

代官山コンサートシリーズ 第6回 ラインハルト・オッペル作品の試演と後期ロマン派様式

2017 DEC 5 23:23:10 pm by 吉田 康子

ライヴ・イマジンの演奏会で度々ご一緒して頂いているヴァイオリンの前田 秀さん、薫さんご夫妻が年末に行う演奏会のご案内です。
 ■平成29年12月29日(金)19:00開演  
  代官山教会 東京都渋谷区代官山町14-3  (詳細はチラシをご覧ください。)

前田秀さんは、2015年10月ライヴ・イマジン32でR.シュトラウス「メタモルフォーゼン」を演奏するにあたり、資料を調べていて北テキサス大学のジャクソン卓越教授とお知り合いになりました。そのご縁がきっかけでオッペルの弦楽四重奏曲第4番に取り組むようになったと伺っています。以下、前田さんの文章を引用させて頂きます。

北テキサス大学のジャクソン卓越教授からのご依頼により、ラインハルト・オッペルの弦楽四重奏曲第4番の蘇演に取り組んで参りましたが、この度、雁部一浩先生のご尽力によりコンサートを開催することになりましたので、ご案内させていただきます。
 オッペルは、19〜20世紀のドイツの作曲家であり、フルトヴェングラーも強い影響を受けたハインリヒ・シェンカーの弟子です。ナチスに批判的だったせいか、その作品は日の目を見ないまま現在に至っております。今回、おそらく日本初演となると思われます作品群は、いずれも後期ロマン派の第一級のものであることは間違いありません。また、今回主催されておられます雁部先生の作品や、ほぼ同時代であるR.シュトラウスやM.レーガーの作品を併せて演奏することにより、オッペルの作品の特徴が分かりやすくなるのではないかと思われ、皆様に貴重な機会をご提供できますことを大変嬉しく思います。

この会についてのお問い合わせ先は、 concertoppel@gmail.com です。
ソナーメンバーズのブログをご覧になった旨お書き込み下さい。ご招待させていただきます。

前田 秀

■チラシの上でクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

BUG!?
柴野大造
福井利佐