Soner Menbers Club No43

カテゴリー: 雑感

切手の世界

2017 NOV 17 22:22:28 pm by 吉田 康子

目白にある切手の博物館に行ってきました。実家から古い切手帳を預かり、処分を頼まれたのがきっかけでした。一体どうしよう?と思いましたが、知人から郵趣協会に訊いてみたら?というアドバイスを戴きました。
http://yushu.or.jp/index.html
早速電話をして相談すると2か月に一度のオークションに出品してくれるとのこと。お値打ちものは無いですが折角集めたものを捨てるには忍びない、そんな状況を一気に解決してもらった感じでした。HPを見ると、ブラームスについての展示をやっているとのこと、折角の機会ですから足を運んでみた、という次第です。

博物館は目白駅から学習院大学に沿って徒歩5分ほどのところ。入口にはストライプのポスト、中に入ると切手を販売しているコーナー。それが外国と国内のものだけでなく年代、図柄の種類によって分類されて展示されていました。もちろんコレクター向けの雑誌、切手帳やピンセット、ファイルまで。
催し物の掲示板には「昆虫切手の研究会」とか「世界のキノコ切手展示会」のお知らせや、押印技能講習会、各地での切手交換会など、切手にまつわる催し物がこんなにあるのかと驚きました。


お目当てのブラームスの展示の部屋では、音楽関連の切手を所有する各コレクターのご自慢の切手やスタンプ、現地撮った写真などが初日カードに添えられて、パネルに沢山展示されていました。ブラームスだけでなく、ベートーヴェン、ワーグナーなど一つのテーマに沿って多岐にわたる音楽切手の世界が展開されて、なんだか思いがけずディープな世界を垣間見た気がしました。そういえば1963年の映画「シャレード」にも切手が出てきたっけ、と思い出しました。

久しぶりに

2017 NOV 15 16:16:07 pm by 吉田 康子

ブログ記事を書きました。[忘れていたわけではない」というのは言い訳ですが、日々「何か書かなきゃ」と思いつつも他の方の記事を読んでは、圧倒されて気後れしていました。一つの物事に対しての知識、経験の足りなさを痛感し、また何かを表現出来る言い回しや語彙、気持ちの表し方の絶対量が少ないなと。
まぁそこまで気負わなくても私なりに身の周りの出来事や思った事を書けばいいかなと自分を励ましています。やはり勉強不足というのが一番の反省点ですが。

11月に入って、次回のライヴイマジン39の練習が始まりました。弦楽器の方々は大半が3曲全部に参加なので、準備だけでも大変そうです。イマジン以外にも他のオケや室内楽の団体にも所属している方ばかり。私はバッハのピアノ協奏曲第1番のみの参加でも大変なのに一体どうやって時間を工夫しているのだろう?と感心してしまいます。

「バッハの協奏曲をピアノで弾く」ということ自体に一つのハードルがありましたが、私はチェンバロが弾けないし巷でもピアノで弾く場合が多いことを踏まえて「ピアノでの」協奏曲という形に落ち着きました。ブランデンブルグ協奏曲第5番を弾いたことはあるものの、今回は更に大きな役割を担う立場になります。

ロシアもののような分厚い和音やショパンのような大きな跳躍は無いので、そういう点での左手の負荷は少ないですが、和声の移り変わり、拍節感やリズム、主題の展開やフレーズには独特の難しさがあります。やはりバッハの音楽の深さに改めて姿勢を糺す思いです。

まだまだ駆け出したばかりですが、26日の初顔合わせに向けて万全の体勢で臨むべく全力で取り組んでいる、といったところです。色々な参考文献や音源などをアドバイスして下さる方、レッスンをお願いしたい先生方が身近にいて、とても心強いです。これからが私自身の勉強です。

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬