Sonar Members Club No.19

カテゴリー: 未分類

遅ればせながら三社詣

2021 MAR 9 10:10:26 am by 中島 龍之

いつもなら、1月にする三社詣を先週完了しました。

太宰府天満宮、筥崎宮、宮地嶽神社は福岡の主たる三社詣の目的地であり、大宰府天満宮は1月に行けたのですが、残りの二つはまだになっていました。コロナの影響で初詣の分散が呼びかけられていたので時期をずらしておりました。

まず、筥崎宮にいきました。

本殿に向かった様子です。今日は休みかと思うほど人影がありませんでした。3月という時期もありますが、コロナの影響は大きいですね。

本殿の反対方向に向かって、

丁度、タイミング悪く車が中心に映ってしまいましたが、特に意味はありませんのであしからず。この先は昔は海になっており、国道3号線を越えると筥崎浜という砂浜でした。今は、埋め立てられてしまい昔の風情はなくなってしまいました。残念なことですね。

この後、東に向かい宮地嶽神社を目指しました。

本殿に入る門ですが、こちらも人は少なかったです。

やはりこれですね。宮地嶽神社の大しめ縄です。変わらぬ姿を見せてくれます。

帰りに参道で恒例の「松が枝餅」を食べて帰りました。

やっと三社詣が終わり、私の2021年がスタートします。ちょっと大袈裟でした。

太宰府天満宮の梅2021

2021 FEB 27 16:16:23 pm by 中島 龍之

今年は大宰府天満宮の梅を見に行ってみました。

境内の左右の梅は、

右の飛梅は少し遅かったのか僅かの残った程度でした。

左の紅梅はまだ残ってました。来るのが1~2週遅かったかな。残念でした。

他の梅の木も蕾の残った木もあれば、半分散ったような木もあり、寒暖の波のせいでしょうか、一斉に咲き誇るような状態ではないようです。毎年3月にある、梅の林の下で行われる曲水の宴はコロナのため中止になりました。来年はいい状態で開催してほしいものです。

ホークス、日本一5連覇へ赤信号!

2021 JAN 31 1:01:47 am by 中島 龍之

まさかのことがおこりました。

ヤンキースの田中将大投手が楽天に戻るとは。5連覇を目標とするソフトバンク・ホークスとしては、予想外のことが起こってしまいました。

順位予想を前年成績をもとにしている私としては、前年55勝57敗の楽天が、日本球界最後に24勝0敗を加えると79勝33敗となり73勝42敗のホークスを抜いて、1位になってしまいます。昨年は120試合なので単純にはそうなりませんが、負けてしまいそうです。

楽天の投手陣は田中、則本、涌井、岸のエースクラスに、塩見、辛島、釜田に、若手の安樂、藤平が育てば、松井、牧田が抑えで万全になりそうです。

打撃陣も浅村を中心にロッテからきた鈴木大地が活躍したので、茂木に、若手の小深田、辰巳が成長すると怖いメンバーです。

ホークスは昨年の優勝メンバー中心に行くでしょうから、安定感ありますが、ロッテがコロナで脱落するまで、ぎりぎり優勝を争ったように層が厚いわりに勝負弱いので、層は厚いが優勝はわからなくなりました。ヘッドコーチに小久保がもだったのはうれしいのですが、心配ですね。

今後のトレード状況が興味深いですね。

坂本八幡宮行ってきました

2021 JAN 21 13:13:55 pm by 中島 龍之

今回は、西室さんの期待に応えて、「坂本八幡宮」に行ってきました。場所は、大宰府政庁跡の北西方向にあります。

太宰府政庁の入口に立っています。

これが入口からの景色です。ゆったりした広場です。後ろの山は四王寺山という山です。この広場を横切って北西に向かいます。

太宰府政庁を抜けた道路脇に、坂本八幡宮があります。

見た通り小さな神社ですが、一昨年の令和の年号決定により大ブームになり、参拝客が増え御朱印を求める客も多く、神社関係者の健康のため御朱印発行一次停止などもありました。

この神社の場所が、昔、大伴旅人が「梅花の宴」を開き歌を詠んだ場所で、万葉集の序文に令和の起源となる「初春の令月にして、気淑く風和らぎ」というところから採ったとのことです。(真偽不明ですが)

大伴旅人が住んでいたとの推測から坂本八幡宮がゆかりの土地となってしまいました。他にも候補地がありますが一番らしい場所です。

坂本八幡宮にくるなら、大宰府政庁跡を抜けてゆく、丁度よい観光コースです。

もう一つ、観光コースに加えるならブームの場所を紹介します。

太宰府天満宮の裏手にある「宝満宮竈門神社」です。昨年、漫画から、アニメ、映画と話題になった「鬼滅の刃」の主人公竈門炭治郎の「竈門」からゆかりの地となった模様です。作者は何とも言ってないので真偽不明ですが。

ここは縁結びの神として有名ですが、大宰府政庁の鬼門除けとしての役割もあるとのことです。今は「鬼滅の刃」の影響で絵馬がたくさん掛けられていました。

ちょっと遠すぎてわかりませんが、絵馬には漫画のキャラクターの絵が上手に書かれています。

おまけの「鬼滅の刃」ネタでした。

大宰府天満宮から今年もよろしく

2021 JAN 13 12:12:16 pm by 中島 龍之

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

毎年、大宰府天満宮には1月1日の夜に初詣していたのですが、コロナの影響で分散が叫ばれた中でしたので、1月4日の昼間に行きました。人出はあまり多くありませんでした。いつもは4日に来ていないので比較できませんが、1日から少なかったようです。

今年はコロナが早く収束することをお願いしてきました。

昨年は、ホークス関連のブログばかりでしたので、少しは花の風景なども載せたいと思います。

ソフトバンク・ホークス、4年連続日本一となる

2020 NOV 26 10:10:21 am by 中島 龍之

ソフトバンク・ホークスが、巨人との日本シリーズに4連勝し、4年連続日本一となりました。

ホークスは2017年はDeNA,2018年は広島、2019年は巨人、そして今年、2020年も巨人を相手に戦い、4連覇となりました。それも素晴らしいですが、広島戦からの連勝が12連勝となり、圧倒的な強さを示したと言えるでしょう。しかし、パ・リーグ内では、2018、2019はリーグ戦は2位(首位は2年とも西武)であり、今年もリーグ優勝直前まで、ロッテに0ゲームに追い詰められていました。この厳しい戦いから勝ち上がっての日本一であり、圧倒的な資金力で選手層が厚いとはいえ、苦しんでの優勝です。もし今年リーグ優勝できなかったら、工藤監督交代かと思っていましたが、日本一にもなったので首がつながったことでしょう。孫オーナーは厳しいですからね。

このシリーズでは、パ・リーグとセ・リーグの差が出てしまいましたね。ホークスの千賀以外の投手、石川をはじめ昨日投げた松本、若手の杉山、椎野のらの速球に押され巨人打線が差し込まれ、ファウルがやっとで三振、凡打を繰り返しました。ホークスファンとしては、安心して見られました。巨人の投手陣は菅野、サンチェスは良かったですね。菅野は栗原、サンチェスは中村に打たれなかったら、どうなったかわかりません。と言っても、誰かが打つのがホークスの強さ、層の厚さなのでしょう。

打線は、巨人の主力、坂本、丸、岡本がホークス投手陣の球威に押され過ぎですね。ホームラン、打点王の岡本がこれではセ・リーグのその他の打者は何してたの、ということになります。それに対し、ホークスは2番中村、3番柳田、4番グラシアル、5番栗原、6番デスパイネ、9番甲斐がホームランを打っており、どこからでも打てる打線は巨人投手陣には脅威だったでしょう。これがホークスの強さなのでしょう。

今シリーズでは、巨人、セ・リーグの弱さ批判の多く出てましたが、巨人の坂本選手の中心選手としての責任と打てないもどかしさで不安そうな顔がテレビに映し出され可哀そうに思いました。セ・リーグ全体でもっと頑張ってほしいです。パ・リーグはさらに闘争心を持ってホークス打破してほしいものです。ホークスファンとしては、また来年もおいしいビールを飲むつもりです。

2020年プロ野球順位予想の振り返り

2020 NOV 18 10:10:55 am by 中島 龍之

今年のプロ野球もリーグ戦は終了し、残すは日本シリーズとなりました。

そこで、リーグ戦の順位予想の反省をしておきたいと思います。

パ・リーグ

予想            結果           当否

1. ソフトバンクホークス   ソフトバンクホークス    〇

2. 日本ハムファイターズ   ロッテマリーンズ      ✖

3. 楽天イーグルス      西武ライオンズ       ✖

4. ロッテマリーンズ     楽天イーグルス       ✖

5. 西武ライオンズ      日本ハムファイターズ    ✖

6. オリックスバファローズ  オリックスバファローズ   〇

パ・リーグは、1位と最下位の二つが当たりましたがその他はハズレでした。ホークスは層の厚さはダントツでしたので当然当たるべきですし、最下位オリックスは申し訳ないですが、戦力不足でしょう。2-5位を当てるのが腕の見せ所ですが一つも当てられず大反省です。来年は当てるぞ~。

セ・リーグ

予想           結果            当否

1. 広島カープ        巨人読売ジャイアンツ    ✖

2 .巨人読売ジャイアンツ   阪神タイガース       ✖

3. DeNAベイスターズ     中日ドラゴンズ        ✖

4. ヤクルトスワローズ     DeNAベイスターズ      ✖

5. 阪神タイガース       広島カープ         ✖

6. 中日ドラゴンズ      ヤクルトスワローズ      ✖

セ・リーグは、全ハズレですので、大大反省です。次回はもう少しよく検討してみます。広島の首位は期待しすぎですが、最下位予想の中日の3位は、大野の活躍が読めてませんでした。首位と最下位を外すと全滅はやむなしですね。

来年は5割を目指して頑張ります。

 

 

ホークス、日本シリーズ進出、巨人と戦う

2020 NOV 16 12:12:01 pm by 中島 龍之

ホークスがパリーグCSを制し、4年連続日本シリーズ進出となりました。

今年のプロ野球はコロナの影響で開幕も遅れ、コンディション調整も難しい年だったと思いますが、ホークスは順当に勝ち進んだと言えるでしょう。ロッテの息切れはちょっと残念でしたが、確実に優勝を争うチームになったのではないでしょうか。来年は楽天が、石井GMが監督になりさらに面白くなりそうです。ファイターズは栗山監督のマジック次第ですね。西武優勝する力はありますが波がありすぎというところでしょうか。オリックスは山岡、山本、田嶋の若手投手が面白いので、監督と打撃陣が変われば優勝争えると思うのですが、来年予想はまたにするとして、日本シリーズを予想してみます。

第1戦 ホークスは千賀、巨人は菅野の先発で、両投手好投し7回まで1-1で8回ホークスが2点を取り。、2-1でホークス勝利。

第2戦 ホークスは東浜、巨人は戸郷の先発で、5回までにホークス5-3でリードし、その後7-4となってホークス勝利・

第3戦 ホークスはムーア、巨人はサンチェスが先発、5回まで4-4でその後巨人が3点取り、そのまま7-4で巨人勝利。

第4戦 ホークスは和田、巨人は今村が先発、和田は6回まで0に抑え、今村は3点取られ降板、その後両チームとも中継ぎが2点取られ、5-2でホークス勝利。

第5戦 ホークスは石川、巨人はメルセデスが先発、石川は7回まで0に抑え、メルセデスは5回まで2点失点、中継ぎも2点とられ、ホークスは8回1点取られるが逃げ切り、4-1で勝利し、日本一となる。

こんなシナリオは如何でしょうか。

ホークス、CSの相手はロッテとなる

2020 NOV 10 12:12:44 pm by 中島 龍之

パリーグの2位争いは決着し、ホークスの相手はロッテとなりました。リーグ戦ではロッテがホークスにゼロゲーム差に追いついたところで、コロナ感染が発生し失速しました。再び復活してCS進出となってよかったです。これで本当の戦いとなります。ホークスにとって分の悪い相手ですが、ここで勝って実力を証明したいものです。ここで、CSの流れを予想してみました。

第1戦 ホークスは千賀、ロッテは石川が先発、千賀が7回1失点に抑え、打線が石川から3点とり、3-1でホークスが勝ち、アドバンテージを入れて、2勝。

第2戦 ホークスは和田、ロッテはチェンが先発、5回まで1-1で和田は降板し、7回ロッテが3点をあげ、3-1で勝利、ホークスの2勝1敗となる。

第3戦 ホークスはムーア、ロッテは美馬が先発、両投手好投するが、6回ムーアが4点取られ、美馬は8回1失点でロッテ4-1で勝利、2勝2敗のタイとなる。

第4戦 ホークスは東浜、ロッテは二木が先発、東浜が好投7回をゼロに抑える。ロッテは継投に失敗し、6点取られ、ホークスもリリーフが2点を取られるが6-2でホークスが勝利、ホークス3勝2敗となる。

第5戦 ホークスは石川、ロッテは岩下が先発、5回まで両投手好投する。

この後の結果は、プロ野球ニュースをご覧ください。

という訳で、この後は思いつかなかったので、皆さんで想像してください。

 

 

 

ホークス、3年ぶりにリーグ優勝!

2020 OCT 28 9:09:17 am by 中島 龍之

ホークスが、3年ぶりにリーグ優勝を果たしました。毎年、優勝予想されながら2年連続パ・リーグ2位に甘んじており、工藤監督もやっと肩の荷がおりたことでしょう。

福岡のテレビ局は夜中までホークス優勝特番を放送しておりました。今年のホークスを語るには、昨夜の優勝を決めたときに守っていた選手のうち、5人が若手(セカンド周東、サード牧原、ショート川瀬、レフト栗原、ライト真砂)だったことが象徴していると指摘されておりました。世代交代のシーズンかもしれませんね。ベテランに対しても非常の采配で勝ち取ったと評価されるかもしれません。内川が一度も1軍に呼ばれなかったり、松田の連続試合出場を途絶えさせたり、ベテランへの対応は今後のトレードに影響するでしょう。すでに内川が退団の意向と報じられました。今年はベテランのトレードが増えるでしょう。ただ、まだ若手は育っていないので勘違いしなければいいのですが。このリーグ優勝はコロナのお陰であり、私からすると少しも嬉しくない優勝です。ロッテと対等に戦ってほしかった。

今年の戦いは、投手陣ではエース千賀が今一つだったのが苦しい原因でしょうか、とは言え9勝を挙げ涌井の11勝に次いでいます。健闘したのは石川の9勝、開幕投手の東浜8勝も貢献してます。そして昨夜の優勝ゲーム先発の和田の8勝が最も貢献していると思います。若手投手では、笠谷が健闘してますが、昨年の高橋礼のような投手は出ませんでした。高橋礼を中継ぎに回したのが疑問なのですが。

打線は柳田は最低限の活躍はしましたが、ホームランはもう少し欲しいところです。今年も打順が決められず、工藤監督采配は相変わらずですが、周東の終盤になっての1番定着は正解でした。ただ塁に出られるかが課題です。まだ厳しく攻められていない状態ですので。それ以外のオーダーはまた来年も悩むことでしょう。上林のように主力に定着と思われながら、今はほとんど出ない状態であり、1シーズン活躍しただけではわかりませんね。

ということで、課題解決しないまま、ラッキーなリーグ優勝してしまったので、あとのCSがどうなるかまだ油断できません。ロッテか、西武かどちらにしろ対戦成績の厳しい相手です。

 

 

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬