Sonar Members Club No.19

カテゴリー: 未分類

ソフトバンク・ホークス、4年連続日本一となる

2020 NOV 26 10:10:21 am by 中島 龍之

ソフトバンク・ホークスが、巨人との日本シリーズに4連勝し、4年連続日本一となりました。

ホークスは2017年はDeNA,2018年は広島、2019年は巨人、そして今年、2020年も巨人を相手に戦い、4連覇となりました。それも素晴らしいですが、広島戦からの連勝が12連勝となり、圧倒的な強さを示したと言えるでしょう。しかし、パ・リーグ内では、2018、2019はリーグ戦は2位(首位は2年とも西武)であり、今年もリーグ優勝直前まで、ロッテに0ゲームに追い詰められていました。この厳しい戦いから勝ち上がっての日本一であり、圧倒的な資金力で選手層が厚いとはいえ、苦しんでの優勝です。もし今年リーグ優勝できなかったら、工藤監督交代かと思っていましたが、日本一にもなったので首がつながったことでしょう。孫オーナーは厳しいですからね。

このシリーズでは、パ・リーグとセ・リーグの差が出てしまいましたね。ホークスの千賀以外の投手、石川をはじめ昨日投げた松本、若手の杉山、椎野のらの速球に押され巨人打線が差し込まれ、ファウルがやっとで三振、凡打を繰り返しました。ホークスファンとしては、安心して見られました。巨人の投手陣は菅野、サンチェスは良かったですね。菅野は栗原、サンチェスは中村に打たれなかったら、どうなったかわかりません。と言っても、誰かが打つのがホークスの強さ、層の厚さなのでしょう。

打線は、巨人の主力、坂本、丸、岡本がホークス投手陣の球威に押され過ぎですね。ホームラン、打点王の岡本がこれではセ・リーグのその他の打者は何してたの、ということになります。それに対し、ホークスは2番中村、3番柳田、4番グラシアル、5番栗原、6番デスパイネ、9番甲斐がホームランを打っており、どこからでも打てる打線は巨人投手陣には脅威だったでしょう。これがホークスの強さなのでしょう。

今シリーズでは、巨人、セ・リーグの弱さ批判の多く出てましたが、巨人の坂本選手の中心選手としての責任と打てないもどかしさで不安そうな顔がテレビに映し出され可哀そうに思いました。セ・リーグ全体でもっと頑張ってほしいです。パ・リーグはさらに闘争心を持ってホークス打破してほしいものです。ホークスファンとしては、また来年もおいしいビールを飲むつもりです。

2020年プロ野球順位予想の振り返り

2020 NOV 18 10:10:55 am by 中島 龍之

今年のプロ野球もリーグ戦は終了し、残すは日本シリーズとなりました。

そこで、リーグ戦の順位予想の反省をしておきたいと思います。

パ・リーグ

予想            結果           当否

1. ソフトバンクホークス   ソフトバンクホークス    〇

2. 日本ハムファイターズ   ロッテマリーンズ      ✖

3. 楽天イーグルス      西武ライオンズ       ✖

4. ロッテマリーンズ     楽天イーグルス       ✖

5. 西武ライオンズ      日本ハムファイターズ    ✖

6. オリックスバファローズ  オリックスバファローズ   〇

パ・リーグは、1位と最下位の二つが当たりましたがその他はハズレでした。ホークスは層の厚さはダントツでしたので当然当たるべきですし、最下位オリックスは申し訳ないですが、戦力不足でしょう。2-5位を当てるのが腕の見せ所ですが一つも当てられず大反省です。来年は当てるぞ~。

セ・リーグ

予想           結果            当否

1. 広島カープ        巨人読売ジャイアンツ    ✖

2 .巨人読売ジャイアンツ   阪神タイガース       ✖

3. DeNAベイスターズ     中日ドラゴンズ        ✖

4. ヤクルトスワローズ     DeNAベイスターズ      ✖

5. 阪神タイガース       広島カープ         ✖

6. 中日ドラゴンズ      ヤクルトスワローズ      ✖

セ・リーグは、全ハズレですので、大大反省です。次回はもう少しよく検討してみます。広島の首位は期待しすぎですが、最下位予想の中日の3位は、大野の活躍が読めてませんでした。首位と最下位を外すと全滅はやむなしですね。

来年は5割を目指して頑張ります。

 

 

ホークス、日本シリーズ進出、巨人と戦う

2020 NOV 16 12:12:01 pm by 中島 龍之

ホークスがパリーグCSを制し、4年連続日本シリーズ進出となりました。

今年のプロ野球はコロナの影響で開幕も遅れ、コンディション調整も難しい年だったと思いますが、ホークスは順当に勝ち進んだと言えるでしょう。ロッテの息切れはちょっと残念でしたが、確実に優勝を争うチームになったのではないでしょうか。来年は楽天が、石井GMが監督になりさらに面白くなりそうです。ファイターズは栗山監督のマジック次第ですね。西武優勝する力はありますが波がありすぎというところでしょうか。オリックスは山岡、山本、田嶋の若手投手が面白いので、監督と打撃陣が変われば優勝争えると思うのですが、来年予想はまたにするとして、日本シリーズを予想してみます。

第1戦 ホークスは千賀、巨人は菅野の先発で、両投手好投し7回まで1-1で8回ホークスが2点を取り。、2-1でホークス勝利。

第2戦 ホークスは東浜、巨人は戸郷の先発で、5回までにホークス5-3でリードし、その後7-4となってホークス勝利・

第3戦 ホークスはムーア、巨人はサンチェスが先発、5回まで4-4でその後巨人が3点取り、そのまま7-4で巨人勝利。

第4戦 ホークスは和田、巨人は今村が先発、和田は6回まで0に抑え、今村は3点取られ降板、その後両チームとも中継ぎが2点取られ、5-2でホークス勝利。

第5戦 ホークスは石川、巨人はメルセデスが先発、石川は7回まで0に抑え、メルセデスは5回まで2点失点、中継ぎも2点とられ、ホークスは8回1点取られるが逃げ切り、4-1で勝利し、日本一となる。

こんなシナリオは如何でしょうか。

ホークス、CSの相手はロッテとなる

2020 NOV 10 12:12:44 pm by 中島 龍之

パリーグの2位争いは決着し、ホークスの相手はロッテとなりました。リーグ戦ではロッテがホークスにゼロゲーム差に追いついたところで、コロナ感染が発生し失速しました。再び復活してCS進出となってよかったです。これで本当の戦いとなります。ホークスにとって分の悪い相手ですが、ここで勝って実力を証明したいものです。ここで、CSの流れを予想してみました。

第1戦 ホークスは千賀、ロッテは石川が先発、千賀が7回1失点に抑え、打線が石川から3点とり、3-1でホークスが勝ち、アドバンテージを入れて、2勝。

第2戦 ホークスは和田、ロッテはチェンが先発、5回まで1-1で和田は降板し、7回ロッテが3点をあげ、3-1で勝利、ホークスの2勝1敗となる。

第3戦 ホークスはムーア、ロッテは美馬が先発、両投手好投するが、6回ムーアが4点取られ、美馬は8回1失点でロッテ4-1で勝利、2勝2敗のタイとなる。

第4戦 ホークスは東浜、ロッテは二木が先発、東浜が好投7回をゼロに抑える。ロッテは継投に失敗し、6点取られ、ホークスもリリーフが2点を取られるが6-2でホークスが勝利、ホークス3勝2敗となる。

第5戦 ホークスは石川、ロッテは岩下が先発、5回まで両投手好投する。

この後の結果は、プロ野球ニュースをご覧ください。

という訳で、この後は思いつかなかったので、皆さんで想像してください。

 

 

 

ホークス、3年ぶりにリーグ優勝!

2020 OCT 28 9:09:17 am by 中島 龍之

ホークスが、3年ぶりにリーグ優勝を果たしました。毎年、優勝予想されながら2年連続パ・リーグ2位に甘んじており、工藤監督もやっと肩の荷がおりたことでしょう。

福岡のテレビ局は夜中までホークス優勝特番を放送しておりました。今年のホークスを語るには、昨夜の優勝を決めたときに守っていた選手のうち、5人が若手(セカンド周東、サード牧原、ショート川瀬、レフト栗原、ライト真砂)だったことが象徴していると指摘されておりました。世代交代のシーズンかもしれませんね。ベテランに対しても非常の采配で勝ち取ったと評価されるかもしれません。内川が一度も1軍に呼ばれなかったり、松田の連続試合出場を途絶えさせたり、ベテランへの対応は今後のトレードに影響するでしょう。すでに内川が退団の意向と報じられました。今年はベテランのトレードが増えるでしょう。ただ、まだ若手は育っていないので勘違いしなければいいのですが。このリーグ優勝はコロナのお陰であり、私からすると少しも嬉しくない優勝です。ロッテと対等に戦ってほしかった。

今年の戦いは、投手陣ではエース千賀が今一つだったのが苦しい原因でしょうか、とは言え9勝を挙げ涌井の11勝に次いでいます。健闘したのは石川の9勝、開幕投手の東浜8勝も貢献してます。そして昨夜の優勝ゲーム先発の和田の8勝が最も貢献していると思います。若手投手では、笠谷が健闘してますが、昨年の高橋礼のような投手は出ませんでした。高橋礼を中継ぎに回したのが疑問なのですが。

打線は柳田は最低限の活躍はしましたが、ホームランはもう少し欲しいところです。今年も打順が決められず、工藤監督采配は相変わらずですが、周東の終盤になっての1番定着は正解でした。ただ塁に出られるかが課題です。まだ厳しく攻められていない状態ですので。それ以外のオーダーはまた来年も悩むことでしょう。上林のように主力に定着と思われながら、今はほとんど出ない状態であり、1シーズン活躍しただけではわかりませんね。

ということで、課題解決しないまま、ラッキーなリーグ優勝してしまったので、あとのCSがどうなるかまだ油断できません。ロッテか、西武かどちらにしろ対戦成績の厳しい相手です。

 

 

ホークス、首位を守れるか?

2020 OCT 8 15:15:45 pm by 中島 龍之

10月に入るもホークスは何とか首位をキープ、このままゴールできるだろうか?

2位ロッテはコロナ感染により主力選手の離脱が出ております。これでホークス有利となってはホークスファンも嬉しくないので、ロッテには頑張ってほしい。実際、この2試合ロッテは1勝1敗、ホークス2連敗で1ゲーム差になりました。今シーズンのロッテ強しです。ホークスはエース千賀が今一つなので、ロッテとのCSも危ないでしょう。ロッテは、唐川、澤村、益田のリリーフがいいですね。ホークスは苦手ロッテ戦あと6試合、どんな展開となるでしょうか。

最後まで競り合うでしょう。ホークスも3年連続、リーグ戦2位ではね。楽天もそろそろギブアップでしょうか。則本が今一つなのが予想外でした。

セリーグは全く面白くなく、巨人の楽勝でしたね。いつもCSで盛り上がるので、CSは必要ですね。パリーグも3位争いがあれば面白かったのですが。

とはいえ、優勝が決まるまで追いかけましょう。

ホークスは大丈夫か?

2020 SEP 12 11:11:37 am by 中島 龍之

ホークスは9月首位で迎えたものの、ロッテに追われ、3連戦3連敗するなど、いまや0.5ゲーム差。対ロッテ3連敗のあと楽天に3連勝でなんとか踏ん張っております。また今年もリーグ戦終盤になり、打率の悪いお祭り男松田のスタメン外しが始まりました。今回は試合にも出場させず、連続試合出場が途切れてしまいました。その2試合サードはグラシアルが守りましたが、2試合ともノーヒットと不調でした。調子の悪い選手を起用しないのば監督として当然で、それが刺激となって頑張る、という図式はどの監督もやることですが、昨年も同じことをしましたが、リーグ戦2位に終わりました。多分、刺激を与えるタイミングが悪いのでしょう。今回はどうなるでしょうか。松田は、打率はあまりよくありませんが、優勝決定するヒットを打ったり、リーグ終盤戦で同点、逆転ホームランの印象が強い選手です。うまく使ってください、工藤監督。

ホークス、少し早い首位となる

2020 AUG 19 15:15:44 pm by 中島 龍之

ホークスは9月に首位争いかと思っていましたが、少し早い首位となりました。それがよかったがどうかはシーズン終了後の結果次第ですが、悪くはないですね。昨日は、千賀が打たれて、苦手ロッテに負けてしまいました。楽天も負けたので、2位がロッテになりました。ロッテと争うのはホークスとしては昨年の相性からもマズイ展開ですが、最後は楽天が怖い存在になると思います。

楽天の今年のオーダーには、鈴木大地(元ロッテ)、茂木、浅村(元西武)、ロメロ、そして。若手の辰巳、小深田と2,3年前とは別のチームになったみたいです。投手陣は今年ロッテから移籍の涌井が目立ってますね。リリーフの牧田(元西武)を入れると西武とロッテの混成チームみたいになってますね。ただ、則本、松井が今一つなので、優勝争いでどこまでできるかのポイントになりそうです。

ホークスはやっとデスパイネ、グラシアルがもどって来たので、これからですが、誰を使うかという難しい局面になることでしょう。工藤監督の力量次第ですが、またリーグ2位にならないよう祈るばかりです。

ファイターズは中田が好調なので優勝争いに絡みそうですね。混戦は栗山監督の得意とするところでしょう。

9月にどんな状態で入るか楽しみですね。

今更ながら、プロ野球順位予想

2020 JUL 1 11:11:58 am by 中島 龍之

プロ野球、始まってもう10試合経過しようという時ですが、今年も順位予想してみます。

パリーグ

1位  ソフトバンクホークス

2位  日本ハムファイターズ

3位  楽天イーグルス

4位  ロッテマリーンズ

5位  西武ライオンズ

6位  オリックスバファローズ

予想ポイント・・・1位ホークスはやはり層の厚さですね。キーマンは、バレンティン 2年連続2位という詰めの甘さをホームランで覆せるか、です。2位ファイターズ、頑張ってパリーグを面白くしてほしい、願望です。キーマンは栗山監督。栗山マジック次第です。3位楽天 ロッテからの涌井、鈴木大地、大リーグからの牧田で怖い存在です。キーマンは今年から先発の松井。成功するでしょうか。4位ロッテ 美馬、ホークスから福田の加入で活気ありますね。元ホークス井口監督、鳥越コーチで今年も、ホークスを叩くでしょう。キーマンは、佐々木投手のデビューです。5位西武 過去2年、菊池、浅村を放出しても優勝というエース、主力抜きで優勝する訳のわからないチームです。キーマンは打線の要、山川ですね。6位オリックス 山岡、山本の2本柱、田島もありながら上位を狙えないので、あとは監督次第です。キーマンは新監督でしょう。

セリーグ

1位  広島

2位  巨人

3位  DeNA

4位  ヤクルト

5位  阪神

6位  中日

予想ポイント 1位広島は、大瀬良、鈴木誠也が安定しているので間違いなし。キーマンは、森下投手。(既に1勝しているので、後出しジャンケン的にあげました。)2位巨人 層の厚さは一番。キーマンは丸。今年も活躍できるかですね。3位DeNAは、若手が多いので勢いありますね。筒香の穴が埋められるかですが、投手の成長を期待して、キーマンは新人坂本投手にします。(既に1勝、福岡大濠高校出身で期待します。)4位ヤクルトは、打線青木、山田、村上が居るので投手のやりくりを高津監督がやれれば優勝争えるでしょう。キーマンは楽天から来た嶋捕手。5位阪神 投手、選手とも軸が見えないのですが、投手は西、選手は糸井しか浮かばないのが残念。キーマンは復活の藤川投手。6位中日は、やはり軸が見えないですね。キーマンは、根尾選手のレギュラー定着でしょうか。

という訳で、開幕後に10試合の様子を見ながら予想してみました。最後はどうなるでしょうか。

宮地嶽神社で三社詣で完了

2020 JAN 14 10:10:03 am by 中島 龍之

残っていた宮地嶽神社に参拝しました。今回は車も混んでいなかったので駐車場もすぐには入れて楽でした。

本堂前の門の国旗が目出度い感じです。

大しめ縄が特徴的です。

これで、大宰府天満宮、筥崎宮、宮地嶽神社の博多の定番三社詣で完了です。人によりいろんな三社詣でしていますが、我が家はこの定番です。今年もよい年になりますように。

 

 

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬