Sonar Members Club No.36

Since July 2013

風任せゴールデンウイーク航海記

2014 MAY 7 9:09:11 am by 西 牟呂雄

 桜も終わる季節に、身内の不幸がありドタバタしていて5月の初めまで身動きが取れなかった。連休前半に諸事片付いたので、もう半年以上足を向けなかったヨットに乗りに行った。しかしこの時期はまだ風は冷たく、またすぐに向きが変わるので航海計画を立てるのが難しいタイミングでもある。
 3日朝に集合して伊豆の大島を目指そうかとなったのだが、災害の起こった元町には入れない。波浮の港もいいのだが、北側の岡田港を目指すことにして、ハーバーの僚船にそのことを告げると、オレも行くというのがいてランデブーで午前9時に出港。
 大島は天気の良い日に全貌が見えると他の島より遥かに大きく、飛行場もあるし、源為朝の伝説も残り中々面白い。9ホールのゴルフ場まである。尤もセルフだしグリーンも芝をうんと短く刈っただけ、フェアウェイが普通のラフぐらいのコースなのだが。何年も前にワン・セット持っていくのは大変なので、一人クラブ3本縛りで回ったことがある。各人バラバラの選択だったが、パターは皆持っていた。結果はドライバーを選択した者はダメでアイアンのみを揃え、サンドウェッジをもってきたものが勝った。これは我々レベルがいかにドライバーでOBを出し、バンカーに打ち込んでいるかを表しているのではないだろうか。
 航海は大島岡田まで大体6時間くらいだが、この日は午後から南風が強くなるとの予報が出ていた。航路から言って南風は上りできつい。その風の吹く前に後1時間の所まで行ければと思っていたがアラ不思議、2時間も経たない内にその風に変わってしまった。しかも21~23ノットの強風で、波の頭が吹きしぶく白波が立ち船はバンバン叩かれ出した。僕達はズブ濡れになってすぐにやる気を失くした。
 問題は僚船で、見捨てて反転するのも気が引ける。それが今日では携帯がかなりの沖まで通じるので掛けてみると話せた。案の定(有難いことに)向こうも挫けていて、それじゃあと反転した。
 ヤレヤレとホッとはしたが、このままホームに帰港するのはいかがなものか。風にビビッて帰ってくるのはヨット乗りとして恥ずかしいのではないか、という意見が出てまたもや携帯会談。苦肉の策ではあるが、油壷の目と鼻の先にある三浦港に入って大島に行っているフリをすることになった。
 三浦港は鮪料理で有名で、近場の観光地として以前より人出が多い。観光案内を手にして食べ物屋を訪ね歩くカップルがたくさんいた。その中で一際みすぼらしいオジサンが僕達だ。何しろ寝泊りは船だから人目を気にすることも無く、髭も剃らなきゃカッコも汚い。おまけに散々波に叩かれた後である。仲睦まじそうなカップルや親子連れに交じってビールをガバガバ飲んで騒いでいるオッサンは顰蹙を買っていたに違いない。その勢いで三浦の街を飲み歩き早く寝た。
 翌日も、まさか一日中停泊している訳にもいかず、近場でいいや、と千葉の保田に向けて出港する。城ケ島の大橋をくぐり、東京湾に出てみれば、今度は昨日とは打って変わった東風。保田は三浦からは90度の真東にあるのだ。僚船はこの時点でまたも反転、僕たちは破れかぶれになって進むこと2時間半。タックすることもなく直進して保田に入港した。空は良く晴れていたのだ。
 保田はヨットやパワー・ボートのようなプレジャー組が漁船とトラブルにならないように、浮桟橋を整備していて入りやすいから、東京湾の船や三浦の船がよく集まってくる。入港の時に、『熱海か伊東に行く。』と言って別れたホーム・ポートの船とすれ違い、お互い昨日の風にやられて方向転換したことがバレてしまった。笑ってごまかした。
 昼過ぎに着いてしまってやることもなく、まずお風呂に入る。人口炭酸泉の銭湯にじゃぶじゃぶ漬かってその後は昼寝だ。あしたは帰るだけだし『こういうのが休日ってもんだ。』等と言い合い、昼夜積んでいたワイン・ビール・焼酎・日本酒をズーッと飲んだ。贅沢な無駄と言うかどうかは諸説ある。維持費は別にすると数人で航海するのは割に低コストなのだが、一方丘で飲んでも出来上がる酔っ払いは同じ、という説もあるからだ。
 5日の早朝の大島沖の地震には警報も出なかったので誰も気付かず、全員二日酔いで目覚めると天気は悪い。それも目の前の三浦半島の上空から太平洋に掛けて、前線が展開しているのがはっきり分かる雲の配置にあせった。
 朝の7時には舫を解いて一目散に逃げ帰った。が天は不義を見逃さず、城ヶ島沖で土砂降りに見舞われる。セールを降ろしほうほうの体で帰港すると、何故か大島には挫けて行かなかったことをみんなが知っていて『二日もどこに浮かんでいたんだ。』とバカにされた。
 連休は後二日もある。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

Categories:ヨット

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

ライフLife Documentary_banner
加地卓
金巻芳俊