Sonar Members Club No.36

Since July 2013

序章は既に始まっていた

2018 NOV 15 0:00:47 am by 西室 建

 約十年程前、物凄い不眠になった。48時間キッチリ眠れなかった後に、やっと寝たが10分ほどで飛び起きてしまう。次の36時間もその繰り返しで、昼間はぼんやりするかというとそうでもなかった。そして泥酔すると眠れたが多少の酒は返って目が冴えてダメだった。
 一ヶ月くらい経って怖くなり、かかりつけの内科医に相談してみた。実はこの医者に酒を飲むな、と厳命されていたので殊勝な顔で禁酒しているフリをしていたのだが、不眠を訴えたら『酒飲めばいいんじゃない。どうせ飲んでるでしょ』等とふざけたことを言った上(当たっていたのでギョッとはしたが)で ××××ミン という薬を処方してくれた。これが効いた、効きすぎた。よく分からないが深く眠り過ぎるのか翌日手足がだるく、これでは二日酔いと大して変わらない。しかも効き目が出るのがやや時間がかかるのが難点で、飲んでから全然聞かない、とビールもついでにやって2時間くらいしてから眠っていた。これは後に大変に脳と体に悪いと知れたが、その時は知らなかった。 
 丁度その頃マイケル・ジャクソンが何かの薬で死んだのでビビり、医者にもう少しチョロい薬にしてくれ、と訴え ×××リー というのに代えた。すると眠りには入れても4時間くらいで目覚めてしまう。結局処方された以上に服用してしまうことが多かった。
 一度ヨーロッパ便の飛行機の中で酒と併用したところ、とんでもないボケ方をして徘徊してしまった。トイレに行った後、自分の席が分からなくなり機内を二周くらいして不審がられた。無論その後は併用は固くやめた。この間、かなりの数の脳細胞をダメにしたはずだ。
 不眠は未だに直らないが、この年になってあんまり依存するのもマズいと少し薬を減らそうとはしている。なぜかいくら訴えても医者の奴は『うつ病の恐れがある』とは絶対に言わない。
 かつての無頼派、坂口安吾は覚醒剤ヒロポンをやってハイになり、無理矢理眠るためにアドルムを飲んだというが、言うまでも無く僕は覚醒剤何かやっていない。
 眠れずに意識がはっきりしていても、体は休まっているのでジッとしていれば多少はウトウトして睡眠は取れているという説があるが、全くの嘘である。何度も寝返りをうっている内に夜が白々と明けて来た時の疲労感たるや凄まじいものがあった。

 加えてSMCのメンバー野村氏が投稿したブログによれば、そろそろ男性更年期障害の心配もしなければならないと知った。ただ、不眠の症状に陥った時にはブログに記載されたような状態は観察されず、年齢的にも早すぎる。いや待てよ、若年性という可能性もある。更に私の場合、多量の飲酒とそれによる泥酔に止められない煙草というハンデもあるので、そのテの症状が人より早まっても不思議ではない。
 そうか、これらはみなこれからの『年齢』への戦いのプロローグなのだ。この戦いに挑むにはそれなりの準備が必要であろう。戦略は何とか膠着状態を作り出すことだ、死なない人間はいないから。不眠がその兆候だとすれば十年前から戦いは始まっていたとは。だがまだ間に合うだろう。衰えが何だ、ボケが何だ。

 だけどなぁ・・・。今夜も眠れない。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

 

歩く火薬庫 来島又兵衛のラリアット

2018 NOV 10 0:00:22 am by 西室 建

 八月十八日の政変で長州と七卿は都を追い払われる。憤懣やるかたない長州勢は例によって藩内の意見が沸騰し、四分五烈の状態に陥った。下関で四カ国艦隊に破れてこのかた四面楚歌。幕府も会津も薩摩も気に入らない、どうしてくれる、と。
 奇才高杉晋作は奇兵隊を組織した。
 すると”歩く火薬庫”来島又兵衛も遊撃隊を組織してこれを率いた。この藩の指揮命令系統は常にそうだが、下がワーワー騒ぎ出して良く分からなくなり、藩主毛利敬親の「そうせい」の一言が出るまでまとまらない。
 来島は激高し藩主の卒兵上京を主張するが、あの過激派である高杉でさえ抑えにかかるという事態に。意見具申が入れられないとなると、今度はいささかお門違いであるが薩摩藩島津久光の暗殺を企てる始末だった。
 いくらなんでも、と一度投獄されるのだがこのあたりが長州藩の変なところで直ぐに釈放してしまう。
 この時点で長州以外の世論は公武合体、諸侯の参預会議は機能していた。
 ところが誠にマズいタイミングで池田屋事件が起こり、吉田稔麿以下長州系の尊皇攘夷派が新撰組に惨殺される。
 こうなると来島も藩論も収まらない。2000の藩兵を上洛させる。
 すると、後の鳥羽伏見では無残な腰砕けになった一橋慶喜が、なぜかこの時は猛烈に踏ん張った。
 一方、来島のまわりにも冷静な久坂玄瑞らがいたことはいたが、”歩く火薬庫”と化した来島は「この期に及んで何をしている。卑怯者は戦いを見物していろ」と自ら組織した遊撃隊600人を率いて蛤御門に突撃し戦死する。
 それにしても御所に向かって発砲し切り込むとはどういう勝算があっての戦いなのか、理解に苦しむ。そういう事を企てておいて、時代が下って長州が官軍になるとはどこか自己矛盾を抱えていないのか。
 そしてこの戦闘で俗に”鉄砲焼け”と言われる大火事になるのだが、なぜか京都における長州の評判が落ちなかったのは不思議だ。

ラリアット決まる

 これは大河ドラマ「西郷どん」での迫力ある戦闘シーンである。禁門の変における来島だが風折烏帽子甲冑姿の出で立ちがピッタリのこの巨漢、誰あろうプロレス界の歩く火薬庫、長州力である。
 長州力、本名吉田光男、山口県は徳山出身で長州出身だからとつけられたリング・ネームだ。
 かつては武藤敬司や大仁田、真壁といったところが出たことがある大河ドラマだが同じプロデューサーなのだろうか、巧みな配役だ。
 演出の人もプロレス・ファンらしく「長州さん。ラリアットをやってください」といわれてこのシーンになったとか。

ついに海老蔵 織田信長になる

 それが、ですな。僕としたことがこの回と前後を見ておらず、最近知った、痛恨の極みなのだ。有難い事に動画に残されていたので迫真の演技を堪能できた。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

あの移民キャラバン・・・

2018 NOV 6 12:12:03 pm by 西室 建

 インタヴューには「犯罪から逃れて仕事を求めて来た」と答える。
 初めは160人(誰が数えたのだろう)くらいだったのが今や数千人になってメキシコ国内を移動中。パスポートも無さそうな集団が、ホンジュラスからメキシコにはどうやって入国したのか。
 あんな大集団では食料の確保も簡単ではなかろう。しかし何故か飢えた様子が見てとれない。金なんか持ってなさそうなのにメシはどう調達しているのか。
 子供もいる、乳母車を押している夫婦もいる。
 夜はどこで寝ているのか。雨は一度も降らないのか。 
 時にアメリカ中間選挙直前。この時期になぜ突如発生したのだろう。
 おまけにやけに統制が取れているのも不思議だ。整然と進むにあたっては誰かが『出発』の号令くらいかけているはずだ、ハーメルンの笛吹きみたいに。
 メキシコ政府が冷静なのもよく分からない。難民として受け入れるつもりなのかアメリカに追っ払うつもりなのか。直近の報道では首都のスタジアムを開放して食料を提供しているらしい。

 トランプ大統領は軍を出動させ、国境を固めるという。まるで戦争準備ではないか。これ、ある種のアメリカ人に受けないはずがない。「壁を作れ」で当選してしまったのだから、公約を忠実に実行することにもなる。
 そして中間選挙になってしまった。
 大統領は精力的にスピーチをこなすが、会場は典型的なレッド・ネック(白人のこと)ばかりで大歓声。なぜか大都市には行かない。
 対する民主党は嫌われヒラリーを出す訳にもいかず、オバマ元大統領が孤軍奮闘するが、迫るキャラバンを止めることなんかできない。

 これはどこかの陰謀ではなかろうか。
「お前ら、金をやるからアメリカに向かって進め。途中から幾つかの集団が合流スル手はずだが決して争うな。ナニちょっとしたピクニックだと思えばいいさ。食い物は何とかするからテキサスを目指すんだ。なんでこんなことをするのかとCNNのようなマスコミがインタヴューしたら『国は犯罪とテロばかりで仕事も無い。アメリカに移民したい』と言いふらせ。特にテレビカメラが取材に来たら大げさにやれ。11月6日までにメキシコシティーを出発したら後はもう好き勝手やっていい。帰りのヒッチハイクは手配する」
 と囁いて、あたかも大集団がテキサスに押し寄せる画像を写し、今頃はSNSを駆使して『実はあのキャラバンには凶悪な武装集団が混じって入国しようとしている』とフェイクを蔓延させる作戦だったりして。
 秘かに選挙に介入するロシアか、ナリを潜めていたあのバノン氏か。

 というのは冗談だとして、このタイミングでは共和党に有利に働く気がする。
 気の毒な人々の行く末を祈らずにはいられない。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

 

アルツハルマゲドン 秋空292

2018 NOV 3 8:08:37 am by 西室 建

クリックして遠くから見て

 美しい秋空の不思議な文様に思わず撮って楽しんでいた。
 だが、後日アップして拡大、そして遠くから見るとある数字が浮かび上がってきてゾッとした。
 見えるだろう・・ 2 9 2が。
 天が私に何かを告げようとしたのだろうか、ハルマゲドンが近いのか。

 ここは私の信仰する滋養神社にて斎戒沐浴し、気を静めてこの3桁の数字に集中した。超神道、滋養流の秘法を駆使するためである。すると二つの整数は、
 2・・・エネルギー、確信
 9・・・周期、同調、完結
 を意味することがわかった。これが並ぶということは、ある強い波動が来て完結し、その後また蓄積されていくという暗示であろう。通常ならば戦争であるとか地震が起こるといった予言をするのだろうが、滋養神社のお告げは違った。292とは二つのエネルギーに挟まれたピークであり、破壊的惨事を指してはいない。
 残念ながら、滋養神は私にそのお告げを明らかにすることを許さなかっので、詳しくは書けない。
 そしてそれはいつ起こるのか、も啓示がなかった。従ってこの292から解いていかなければなるまい。
 この数字 二百九十2を分解すると 2×10×10 + 3×3×10 + 2 となる。
 これは滋養流数秘術で見立てると2020年3月30日プラス2なのだが、この+2がミソだ。
 ご存じの通り2020年は閏年で1年が366日ある。しかも新年号になって初めての正月を迎える年でもある。年度末までに1日多い。即ち新年度の始まる4月1日まで3月30日から(30日は月曜日で1日は水曜)と読めるのである。

クリックして下さい
その後見る見るうちに

 例えば改正憲法が新年度から発布されるにあたって国民運動が頂点に達する。或いは新天皇陛下の新年号による始めての年度スタートにあたって、特別な条約が結ばれる。はたまた全国民が見ている中で異変が起こり神秘体験をするかもしれない。革命的な盛り上がりを見せるピークが2020年3月30日から2日間と解いた。
 実は、空はその後いつのまにか二つに割れてしまい、下の方から滝のように崩れ落ちていったのである。
 これだけは言っていいだろう。ある『文化』『科学』『思想』といったものが頂点に達した飽和状態になって日本人の気質が変わる。そして社会は一度分断された後に、再び安定するのである。

春夏秋冬不思議譚 (秋の日に慌てた少年)

空に文字が・・・

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

 
 
 

断捨離道 指南

2018 OCT 31 20:20:56 pm by 西室 建

 もうこの年になると大抵のことは知り合いの中だけで事が済むのではなかろうか。人間が普通につきあっていける人数の上限は大体150人と言われる。英国の人類学者が割り出した数字らしい。
 先日、惜しくも亡くなった友人をご家族も含めて6人で偲んだ。既に、とっておきの、と言った類の昔話も出尽くしていて、何度か話題に上げた思い出などをして供養した。
 そしてその後、上記150人の数字について考えた。故人とはもうつきあえないから、現時点では1人減って149人とつきあっているとしよう。こういう場合にそれではもう一人空きができたから友人なりパートナーなりを増やす、ということになるだろうか。僕自身はどうもそうならないように思える。仮に、言い方は悪いがその空きを埋めるような密度の付き合いが加えられると、偲んだり供養したりしている故人の影が薄くなっていくようで淋しい。
 別にオジサンは前向きに生きてはいけない、とか人と付き合うな、じゃない。そうではなくてもう充分に背負い込んでいるものを丁寧に見直すべきではないか、と。今更名詞を交換したぐらいでどうってことはないし、何かの拍子に面倒見の悪い奴だと思われる方が残り少ない人生ではマイナスに働くだろう。
 これが『断』なのだな。

 実は我が山荘の喜寿庵で引越まがいの整理をしている。おばあちゃんの絹の嫁入り布団だの、誰が履いたか分からない(恐らく二代前)乗馬ブーツだの、絶対に使えないモノを大量に捨てている。それから重いのが大量の本。古本屋に写真を送っても値段がつかなかった。
 こういう物をセッセと捨てるのは実にせつない。約百年の埃が付いていると思うと何やら悪いことでもしているような、自分がひどくバチあたりな(多少当たっていなくもない)人間のような気がして胸騒ぎを感じる。これは一種の修業なのだ。
 特に本の場合「~全集」等の背表紙を見ると、そもそも購入した時の心情がいかなるものだったのか思いを馳せさせられるのだ。というのもどうやらその全集をとうてい読破したとは思えない量だからだ。きっと結構な金額を使ってそろえた本を眺めてニヤニヤしていたに違いない。
 『捨』とはやはりかなり精神的なエネルギーがいるのだ。

 僕は財布を持たない。通常カバンの類も持たない。手に持つのは文庫本を一冊、上着の内ポケットに手帳、左ポケットに携帯、現金をズボンの右に、鍵を左。女性のようにハンド・バックが無いから、余計な物は持てない、持たない。何故か。何かを持っていると酔っ払って忘れてしまうからだ。財布ごと免許証とかクレジット・カードを失くせば大変なことになってしまう。鞄なぞ以ての外。
 地下鉄の終着駅で(自宅とは反対方向の)目が覚めた時にポケットの現金が一銭も(コイン一つも)無かったことがある。あれなんかは酔っ払い専門のスリに合ったのかもしれない。コインの一枚までスルのは恐らく名人芸の域に達した達人に違いない。
 つまらないこと前置きをを書き綴ったが、忘れる、失くす、奪われる、スられる、これら全て天が『別れの時が来た』と知らせたのではないか。
 『離』である。そして困った事に殆んどの場合それは突然やってくる。離れてから気が付いたってたいがいもう遅い。
 そういえば子供の頃は『さよなら』と言ってもちっとも淋しくなかった。どうせすぐ会えると思っていたのだろう。還暦過ぎの『さよなら』は違う。根性をいれなければならない。
 
 とツラツラ書き綴っていたら、ある老人が徘徊した挙句に行方不明になって、遥か遠い所で介護施設に保護されたというニュースを見た。発見された人は初めから自分が何だかわからなくなっているのだからどうでもいいが、突然の発見が伝えられた家族の方はびっくりしただろうと思う。無論良かったことだが。
 身に着ける物を減らして見すぼらしい恰好をし、知り合いのいない所で完全にボケてしまったら僕の家族は絶対に捜索願なんか出さないだろう。先行き危ないな。

ごくろうさま、おつかれさま


ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

A sound mind in a sound body 健全なる精神は健全なる肉体に宿る

2018 OCT 26 20:20:10 pm by 西室 建

 週刊誌の藤原正彦氏が執筆する巻頭随筆で『健全なる精神は健全なる肉体に宿る』の原文は「A sound mind in a sound body」だと知った。どうも訳語とは違う流れの文章が原典のようである。
 僕はこの文言を懐かしく思い出した。
 今では信じられないであろうが、小児喘息だった僕は体が弱く、チビの頃はしょっちゅう熱を出したり気持ち悪くなって早退していた。
 無論勉強は遅れるし体育は見学する。あの体育の見学というのはやった人はわかるだろうが実に手持ち無沙汰で、しょうがないから一人で石を並べたりして退屈だった記憶がある、小学校の頃の話だ。
 その後喘息は治まったが、肺炎やら気管支炎、腎盂炎、あげくの果てに結膜炎だのモノモライをやりまくる。どうやら人並みに皆勤通学できるようになったのは中学になってから。ただ、いきなり目の前が暗ーくなってボヤッと意識が飛んで倒れる(本当にバタリ)貧血は成人するくらいまで続いた。あれはなるときは結構気持ちがいいのだが気が付くと息があがり物凄い頭痛がする。
 偉い人の話の中には、そうした状況でよく読書をしその後の人格形成に役立ったことが記されたりするが、僕の場合は漫画ばかり読んで全く人格は向上しない。まぁただのヒネたガキになった訳だが口は達者になった。
 そしてその頃には今から考えれば奇怪な会話を日常的にしていて、妙なオリジナルの惹句を作っては遊んだ。
 「僕はチボー家で言えばジャックなんだな」
 これでピンと来る人には敬意を表するが、恥ずかしながらロジェ・マルタン・デュ・ガールの原作を読み通せていない。長すぎる。18年もかけて発表された作品だ。
 そしてもう一つ。偉大な哲学者は結構病んでいることを知って冒頭の言葉を捻って編み出したのがこれだ。
 「健全なる精神はしばしば不健全な肉体に宿る」
 当然仲間からはバカにされた。
 おまけにその後、酒を覚えてからは心身共に不健全になってしまい、このセリフの真贋は極めようがなくなった。
 更に考えると作家や詩人はしばしば肉体は健全でも不健全な精神になるケースが少なくない。
 例えばヘミングウェイ。マッチョのイメージが強いが、鬱病っぽくなってショットガンで自殺。父親・弟・姉妹も自殺という最初からおかしかった家系なのか。
 本邦も自殺・心中には事欠かないのはご案内の通り。芥川・太宰・三島・川端とヤバい筋が並ぶ。
 僕が日本の良識だと思っていた江藤淳の自殺には本当にびっくりした。体調悪化と愛妻を亡くした絶望感からと言われたが、あんなにバランスのいい(右よりではあるが)人が。
 一方作曲家の方は飲酒の逸話が多い。リスト、ブラームス、シューベルト等は酔っ払っては恥ずかしい行いをしたことが記録に残っている。モーツァルトにいたってはそれどころではない。ワーグナーは麻薬だったか。
 してみると惹句は正しくはこうではないか。
 「不健全な精神は美しい作品を生み出す」

 話は変わるが、肉体を鍛え上げているアスリートが健全な精神を保っているかどうかも微妙な問題である。現役の時はそれなりに節制するのだろうが、引退した途端にヤバいことに手を染めた輩は枚挙に暇がない。最近では指導者の道に進んで騒ぎを引き起こした例がアメフト、ボクシング、体操、シャブをキメた野球OB・・・・。これらは肉体だけではなく脳みそまでを鍛えすぎて、モノを考える機能に障害を起こしたかもしれない。
 一般論ではないが、”天才”プレイヤーは、やや”天然”の域に達するとバランスが良くなって”健全な精神”を保つように見える。一流と二流の違いだとも言えよう。
 そう思えたのは先日の大坂なおみが優勝した際の純情極まりない一筋の涙を見たからである。試合は色々あったのだが彼女の素直なメンタルはそのまま伝わり、あの自然体にはアメリカ中が参ったはずだ。この健全ぶりは、例えば長嶋茂雄がそうだった。我がファイターズで言えば新庄がそうだった。あの人は本当に何も考えていないで好き勝手やって、バリ島に移住して絵描きになったところが凄い(稼いだ金はどこかに行ってしまったらしいが)。
 それに対して二流所はどうしても心に奢り高ぶりが感じられる、謙虚さがない。そこで妙に偉そうに振る舞ったりして引退後に墓穴を掘ってしまう。故星野仙一の自称「超二流」というのがあったが、こういう謙虚さが大事なのだろう、引退後もいい仕事をした。
 
「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

話芸の間 Ⅱ

2018 OCT 20 6:06:55 am by 西室 建

 肺がんの手術を成功させた圓楽さんの高座を聞きに、きょうは大トリです。
 枕はやっぱりそのネタで『いや歌丸さんの百箇日がおとといでして、丁度その日に退院です。最初にお医者様に宣告されたときは、あ~歌さんが呼んでやがるな、と思いました』でした。
 内視鏡で7つほど穴を開けた手術だったそうですが、喉をやられたわけではないので声はちゃんと出ていました。
 散々笑わせてくれて、出し物は人情物の”一文笛”。元々は上方のネタで米朝さんが復活させたのですが、お江戸が東京になった頃のスリの話しに仕上がってさすがです。

演目です

 ところで、聞いたのは某公会堂でしたが、こういうところでやる時は何をやるのかは楽屋で客のノリを窺いながらネタを絞り込んでいき、高座に上がる時にヨシッこれで行こうと決めます。ですからプログラムには名前しか案内がありません。そして終わって帰り際に演目が張り出されるのですね。

 小遊三さんには多少の御縁がありますので楽屋に御挨拶を。この日は中を取ったのでまだ1時間くらい時間があるから私服の師匠に果物をお届けに上がりました。師匠は『おっどうも。旦那によろしく』とニコニコ握手してくれます。
 で、こちらの枕でも歌丸さんの話が出ましたが、現在の大喜利の司会者は春風亭昇太さん以外初代の立川談志・前田武彦・三波伸介・三遊亭圓楽(先代)・桂歌丸と皆さん鬼籍に入られて。小遊三さん、ここで『次は誰かってーと、お分かりでしょ』どうやら暗に木久扇さんのことを指して言っていました。なぜかここでドッと受けます。
 小遊三さんは『金明竹(きんめいちく)』をやりました。終わりの方の関西弁がわかりづらく何べん聞いても分からないという仕掛けのお話。結局意味を間違えてしまうのですが、聞いている僕も分かりません。それもそのはずで、入門したての落語家が口を鍛える意味であの有名な『寿限無』の次に『金明竹』を教わることになっているのです。早速検索すると以下の台詞でしたね。
「わては、中橋の加賀屋佐吉方から使いに参じまして、先度、仲買の弥市が取り次ぎました、道具七品(ななしな)のうち、祐乗(ゆうじょ)・光乗(こうじょ)・宗乗(そうじょ)三作の三所物(みところもん)。ならび、備前長船の則光。四分一ごしらえ、横谷宗珉の小柄付きの脇差……柄前(つかまえ)な、旦那さんはタガヤサンや、と言うとりましたが、埋もれ木やそうで、木ィが違うとりましたさかい、ちゃんとお断り申し上げます。次はのんこの茶碗。黄檗山金明竹、遠州宗甫の銘がございます寸胴の花活け。織部の香合。『古池や蛙飛びこむ水の音』言います風羅坊正筆の掛物。沢庵・木庵・隠元禅師貼り混ぜの小屏風……この屏風なァ、わての旦那の檀那寺が兵庫におまして、兵庫の坊(ぼん)さんのえろう好みます屏風じゃによって、『表具にやって兵庫の坊主の屏風にいたします』と、こないお言づけを願いとう申します」
 分かりますか? 途中に金明竹が出てきますが、観賞用に栽培される竹の一種です。
 

話芸の間 圓楽と小遊三

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

ファイターズよ これは何のマネだ

2018 OCT 16 23:23:24 pm by 西室 建

 宿敵ホークスとのCS初戦は情けない結果に。試合のターニング・ポイントは、ミランダが満塁から連続四球で2点献上してくれたというのに突け込めない勝負弱さ。
 ここでのホークスの武田投入は、僕が編み出したダブル先発方式のパクリとは言え、あのピッチャー出身の工藤監督がやるとはねぇ。
 第二戦はホークスに強いマルティネスが千賀を相手に何とか持ち堪えた。
 問題はこの2日間ロクに働きの無いあの4番。そう、中田、お前だ!おまけにレアードは肉離れ。
 それに、あれ程清宮を出せと言ったのを無視してくれた栗山監督。来季のことも考えて死に物狂いで戦わないと、ホークス戦はそんなに甘いもんじゃない(だから出せないという話もあるにはあるが)。
 そして運命の第三戦は杉浦を持ってきた。後半に結構なフォークを投げていたので期待できると思ったのに2発。井口もやられてトンキンも2発。下克上の夢は断たれた。全得点がシングルのホームランというふざけた負け方だった。
 打たれたら打ち返さなければ勝てないのは当たり前だ。ところが中田めはタコタコ。
 
 失意の僕は不貞腐れながら見たくもない新聞を見れば、絶望の淵に追い込まれるような文字が踊っている。
中田翔内野手(29)が、来季も残留する可能性が高いことが15日、分かった。球団も、チーム一筋11年目で通算202本塁打の主砲を欠かせない戦力と判断。今後、本格的に残留交渉を進めていく見込みだ』
 ここぞというチャンスをことごとく潰したウルトラA級戦犯をチームは残留させるのか。来年に清宮を鍛え上げて1塁のレギュラーになったら居場所がないだろう。
 今季、一度は首位ライオンズに肉薄したものの後半に力尽きた。シーズンを通して上沢・マルティネス以外に先発が安定せず、有原を押さえに回したりしたが穴が広がっただけの感がある。白村、加藤、高梨はシーズン通じて調子が上がらない。

 嘆いてばかりもいられない。ここまできてファイターズ・ファンをやめるくらいなら阪神ファンに申し訳ない(阪神ファンの方失礼)。
 そこでまた(影の)オーナーとしては秘策を考え抜かなければなるまい。取り敢えず。
① 詰め腹を切らされた高橋由伸を現役復帰させて4番に据える
② 手術のリハビリを兼ねて大谷に代打専門で三ヶ月来てもらう
③ プロレスラーの棚橋を代走にスカウトして盗塁の時ドロップ・キックを相手選手に浴びせる
④ 中田をライオンズに取らせてチームワークを乱す

 えーい、こんなんじゃダメだ。
 とにもかくにも選手の皆さんはご苦労様でした。ホークス、日本一を目指して下さい。
 既に僕の来年への闘いは始まっている。
 
ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

狂言 蝸牛(かぎゅう) 

2018 OCT 14 21:21:05 pm by 西室 建

 『かぎゅう』という演目ですが、『かたつむり』と読めましたか。内耳にある器官のラセン状器官を蝸牛管(かぎゅうかん)と言いますがカタツムリの殻に似ているからですな。
 野村万作・万斎親子競演の狂言を堪能してきました。
 かたつむりを知らない太郎冠者が山伏をかたつむりかと思ってドタバタするという話です。
 太郎冠者は万作さんが、山伏を万斎さんが演じます。万作さん、狂言に3人いる人間国宝の一人です。
 万斎さんは東京オリンピックの開・閉会式の演出を統括するので物凄く忙しいそうです。伝統的な日本の『美』を現代的にアレンジし、宋代なスペクタクルを見せてくれると思うと二年後が今から楽しみですね。
 しかしこの方はやっぱり華があります。山伏を”かたつむり”だと信じ込んだ太郎冠者が主から怒られて、再び山伏の元にやってくると、これをおちょくり倒して謳い出します。

山伏姿

雨も 風も 吹かぬに
出ざ 釜 打ち割ろう

 太郎冠者がつられて唱和すると

でんでん む~しむし でんでん む~しむし

 と踊って見せます。角も出します。ホラ貝も見せて”かたつむり”だと説明します。この可笑しさは文字化不能ですので動画がありますから検索して下さい。いやもう達者な事達者な事。
 ところでこの『でんでん』は『出ん出ん』です。昔から殻に篭ったかたつむりに子供が『出て来い出て来い』とやって遊んだのでしょうね。
 『出ざ 釜 打ち割ろう』これはどんな意味が込められているのかわかりません。どなたかご教示いただけませんでしょうか。

 えー、続いてのお能は「恋重荷(こいのおもに)」というお話です。
 解説によれば美しい姫に懸想してストーカーになったオッサンがパワハラで死んでしまい、亡霊になって出てくるというのですがねぇ・・・。
 途中で爆睡してしまいまして、すみません。太鼓と鼓を聞いている内に。

宝生会館にて

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

喜寿庵に留学生が 

2018 OCT 13 7:07:21 am by 西室 建

 

うわぁー!

 25号台風の被害が報道されたが、喜寿案のある地域にも避難勧告が出ていた。まぁ大したことは無かろうと思って行くと何やら様子がおかしい。着いたのが夜で真っ暗だったから良く分からないが、通用門の植え込みがこんもりしているのだ、変だな。
 で、翌朝改めて見に行くと・・ギャー。いつもは使っていない表玄関の横に立っていたハナミズキがドターッと倒れていた。根っこのところなんか敷石を持ち上げてめくれあがっているじゃないか。凄い風だったのだ。
 しかしこれ、どうすりゃいいのか。
 しょうがないから鋸で少しづつ枝を切り出し始めたが、幹になるととんでもなく硬くて4時間やっても半分にもならない。途方に暮れて煙草をふかしていたところにコーちゃん(近くに住んでいる古い知り合い)が通りかかった。
「そんなんでやってたってとてもハカが行かないよ。チェーン・ソーじゃなくちゃダメ」
 とあきれ返り、ちょっと待って、と家から持って来て貸してくれた。
「歯が行く方向に向けて押し付ける感じで重さで落すんだよ。ゆっくりやらないと木がたわんだら抜けなくなるから」
 音がブワーッとしてけっこう怖い。
 それが木くずを巻き上げながら人が4時間もかけた倍の仕事量が30分ですんでしまい、コーちゃんは帰っていった。
 僕はあまりの能率の悪さに全く無駄な時間を使ったことに唖然とし、暫く何もできなかった。手も痛かったし・・・。このハナミズキも80年位はここにズッと立っていて花を咲かせていた。十分に水を吸い上げたのだろう、50~60cmに切った幹は持てばズッシリと重い。切った所を見ればみればそれだけの年輪がギッシリと詰まっている。
 ここの所だけ殺風景になった。見慣れればどうってことないのか、いずれにせよハナミズキ一本で落ち込んでもしょうがない。もっと大変な目に合った被害者がいるだろうに。

デンマークから

 途方に暮れていた時にスマホが鳴った。あっ、今日は学生さんが来るんだ。
 聞けば15人も。しかも留学生が6人、どこから来たのか知らないが。
 気を取り直して慌てて掃除機をかけて机を並べているとゾロゾロとやって来た。『コンバンワー』えっ女性?何と男女半々だ。
 デンマークとフィンランドからはるばる来たそうだ。早速オジサンはビールで、学生さんはコーラやウーロン茶、フィンランド人はビールで乾杯。自己紹介を留学生は日本語で、日本の学生は英悟でやることにした。留学組は教育と歴史専攻だったがまだ一月しかいないので日本語はまだまだ。こちらは『比較文学』を英訳できずに四苦八苦する、僕も知らなかった。

みんなでチーズ/

 デンマークについては童話のアンデルセンくらいしか思い浮かばない。王朝は変わりながらも続いて現在は前国王の長女、マルグレーテⅡ世女王を戴く立憲君主国である。
 高福祉高負担の北欧型社会で税金は高く、所得税55%、消費税25%(食料品も全て)車は特に高く280%ってほんとかよ。「君達そんな高い税金ズーッと払い続けるのかい」と聞いても何とも思わないようでキョトンとされた。まァ学生で、22歳だったか、まだ子供だから所得税は関係ないだろうが。一方で教育費や介護はほとんどタダ。うーむ。ちなみにフィンランドも消費税は高く23%(食品は12%)、所得税も20%以上だそうだ。
 それでも国連の国民幸福度ランキングでは1位はフィンランド、2位 ノルウェー、その次はデンマーク。消費税も慣れればこんなものなのか、財務省がやりたがる訳だな。
 ただ、この調査は「所得」「健康と寿命」「社会支援」「自由」「信頼」「寛容さ」などの要素を基準に1000人にアンケートを取ってのランキングなので、順位は鵜呑みにはできない。参考までに日本は54位である(2018年)。
 北海油田に位置している産油国で、油田は国有だとか。
 ふと思い出して『シェークスピアのハムレットはデンマークが舞台だったよね』と言ったら『昔は我々がブリテン島を支配していた。我々はバイキングの子孫だ』と誇らしそうに笑った。
 
 フィンランドについてもサウナやムーミンとサンタクロースの故郷といった申し訳程度の知見だ。F1パイロットのミカ・ハッキネンやスキー・ジャンプのヤンネ・アホネンはフィンランド人だが、留学生は興味がないのかハッキネンの方は知らなかった。
 逆にニトベという日本人について大変有名だと聞かされた。スェーデンとの領土問題を解決した人だ、と。
 多少バツが悪かったが検索すると、あの5千円札の新渡戸稲造のことだ。恥ずかしいことに、かの『武士道』の著者でクリスチャン、台湾総督府で活躍した農政家だったということしか知らなかった。国際連盟の次長の時にこの問題を調停し、人々から徳とされたのは事実、へぇー。

 みんな日本が好きだと言いつつ都会育ちなため、ここは田舎で夜に街が真っ暗なのが淋しいとしょっちゅう東京に行くみたいだ。将来は先生になると言ったのは誰だったっけ、例によって酔いが回ってしまった。
 僕はもっとスポーツの事、勉強の話、宗教や移民について聞きたかったが、これ以上は記憶に残らないだろうからそろそろお開きに。留学生はクリスマスまでいるので、またおいで、と言うと『ハイ』と返事が返ってきた。
 

 ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

 

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

Luise Ono
三遊亭歌太郎
小林未郁