Sonar Members Club No.36

Since July 2013

ヒジョーに不思議な夢 ボケ進行中

2019 JUN 16 16:16:27 pm by 西室 建

 起き上がって歩こうとしたら何かを蹴飛ばして、それはドライヤーだった。そしてそれが突然作動して物凄い音を立てる。ドローンのようなプロペラが付いているやつで、僕はうるさくて敵わないと叩きつけて壊そうとした。
 ところが、何故かそこで目が覚める。ああ、あれは夢なんだなと分かったもののその不快な音はまだ聞こえているのだ。夢だと分かっていつつも音が聞こえているのは優れて幻聴なのではないかと冷静に疑った。
 そしてもう一度音に悩まされながらも寝入ると、今度はそのドライヤーを折りたたみ始め、まてよ、これは夢の続きだろう、とそのドライヤーの風口に手をかざした。すると手には温風を感じるではないか。これは夢ではないのか、と夢の中で思った。
 すると又、目が覚めて今度はタバコを吸いにベッドから起きた。その時点でドライヤーの音は聞こえなくなりホッとした。時計を見ると朝の五時だ。
 もう一眠りしようと横になると『あっ、ナントカだナントカ』と人の名前を言っているのが聞こえて、奇怪にも『これは夢なんだな』と冷静に判断できる。そのナントカカントカさんは逆光のようにシルエットなのだが、僕の寝込みを確かめるように擦る。頬の所に手の感覚があった。そこで、夢であるかどうか確かめようと手先を動かしてみると、肌触りを感じた。ひょっとしてこれがオバケというものかな等と考え、何故か菊池寛が満州に講演に行って旅館で幽霊に会ったという文章を(確か小林秀雄が書いていたはずだ)思い出しているうちに再び目が覚める。ベッタリと汗をかいていた。
 恐怖感は全然無く、その続きはどうなるのかと再度眠る。
 いきなり先ほどの部屋(ドライヤーを壊そうとした部屋)にいて、ボランティアの仲間の(なぜボランティアとわかったのか不明)オニーチャン4人と世間話をしているではないか。
 そのうちの一人の若者はロンゲでパーマをガリガリかけているのだが、某大学の剣道部出身だという。そこで僕の知り合いの名前を出すと、その先輩ならば知っています、と答えた。

 以上の夢を少し前に見て今も鮮明に記憶に残っているのでブログに書いてみたが、この「あっつ、これは夢だな」と自覚があるような感覚で夢を見るというのは一体どういうものだろう。ユングやフロイトの研究者だったら分析してくれるだろうか。いや、これでは精神異常者と判断されるのがオチか。
 そしてそれよりも恐ろしい考えが浮かんでおびえた。
 これはボケの前兆で、四六時中そういう状態にあることをモーロクというのかもしれない。
 そういえばこの間、ゴルフ場で練習ボール用のコインを買った途端にそのコインが消え、スタートしたらキャディさんが『練習場に忘れてましたよ』とアイアンを持ってきてくれた。恐い。

 「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

Categories:アルツハルマゲドン

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

久保大樹
山階早姫
北田雄夫