Sonar Members Club No.36

Since July 2013

セ・パ最下位チームの激突

2022 JUN 7 6:06:04 am by 西 牟呂雄

『下を見ろ!まだ阪神がいる』
 を胸に秘め、ビッグ・ボスの元で苦戦が続く我が日本ハム・ファイターズが、ついに阪神と雌雄を決する。
 決戦前の成績はファイターズが22勝32敗、阪神22勝33敗1分と、誠に日本最弱を争うにふさわしい。
 ビッグ・ボスも簡単に負けるのもナンだと思ったのか、エース上沢を持ってきた。ビッグ・ボスにとっても甲子園はかつてのフランチャイズだから、舞い上がって更なるメチャクチャ采配が見られるかも知れない。スタメンに清宮を入れたのが気にはなったが。
 セ・リーグは良く知らないのでウィルカーソンがどの程度なのかは分からない。と、思ったら実に大したことのないピッチャーでボカスカ点を取るではないか。万波のH・Rに上川畑のスクイズも決まる。
 7-1のスコアに多少気を良くしたが、待てよ。両リーグ最下位同士がこんな一方的な試合で終わるはずがないではないか。
 すると案の定というか上沢がジワジワ取られて5失点である。更にファイターズの弱点のセット・アッパーがやらかしてくれた。堀のバカめが一発は喰らうわ押し出しの四球は出すわで試合がひっくり返る。終わって見ればドベ争いにふさわしい大味な試合で負けた。9回のチャンスにいつもの清宮の見逃し三振までオマケについた。
 ビッグ・ボスは『負けたのは、うちの実力なんだけど』と強がったがふざけるな。
 続く第二戦はもっとひどい。これまたセ・リーグに疎い当方としてはノー・マークの川端とやらに完全に抑え込まれて0敗。そもそも出ると負けの杉浦かに投げさせるのだからこの試合は最初から捨てだ。
 そして第三戦。吉田の先発の段階でもう見てはいられなくなった。当然のように負けて、涙に暮れながらスコアを恐る恐る検証した。清宮のチャンス逃しの打席、おとといあんな試合しかできなかった堀の中継ぎ、やはりビッグ・ボスは何もやっていない。堀なんか、立ち直りのきっかけを与えたつもりなのかほかに誰もいなかったのか(いないのだが)。そして試合後のコメントに腰が抜けそうになった。
『タイガースもこれをきっかけにしてほしいですね。タイガースが勝ってプロ野球を盛り上げてもらわないといけないと思う』
 お前はパ・リーグを盛り下げてるじゃないか!お前が言うことじゃないだろう!このバカ!
 更に恐ろしいことに気が付いた。次の相手もまた両リーグ通じてウチ(ファイターズ22勝)の次に勝ち数の少ないDeNA(23勝)との闘い、すなわち今日から再びプロ野球最弱を争う試合なのだ。
 
 こと、ここに至ってはなぜ私がファイターズを応援し続けるのか、という根源的な疑問が湧いてくる。ダルや大谷がいた頃の幻影を追っているのか、はたまた栄光の東映フライヤーズを想っているだけなのか。
 ついにプロ野球最弱の烙印を押された今、私は深く思い悩むのである。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

Categories:日本ハム ファイターズ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬