Sonar Members Club No.36

Since July 2013

悶え苦しむ日本ハムファイターズ・ファン

2022 AUG 4 23:23:54 pm by 西 牟呂雄

 解説者が必ず言う。『大混戦のパ・リーグ。首位から5位までが3.5ゲーム差』それがどうした。続けて『最下位のファイターズに取りこぼしたチームが落ちていく展開です』そんなことわかってる、ウルセーな。
 我がファイターズは最下位ながらも7月には7連勝をするなど(そのあと6連敗)B・B(バカ・ボス)の継投の下手さと節操のない打順変更にもかかわらず11勝11敗の五分である。
 そして誠に気の毒ながらそのファイターズ戦を唯一取りこぼしているのがホークスなのだ(7勝9敗)。
 そしてファイターズはオールスター明けもパッとしないまま、その宿敵ホークス戦を戦うことになった。
 この時点で、すでに醜く歪んだファン心理に陥った私は、長年戦ってきた中島(影の)オーナーのためではないが、ホークスの足を引っ張りたくない気分になっていた。
 初戦、こちらのエース伊藤は良くない。ところがホークスの石川はもっとダメで両チーム6本のH・Rが飛び交うグチャグチャな試合で勝った。まぁ、こう大味ではB・Bが余計な差配をするまでもないマグレ勝ちと言えよう。
 翌日、上原の熱投が凄かった。しかし相手は大の苦手の東浜。それをよせばいいのに清宮が今シーズン初めてランナーを置いてのH・R、何ということだ。さらに東浜キラーのアルカンタラが一発。清宮はその後もう一本打ち込む(もっとも投手は去年までファイターズの疫病神だった秋吉だが)。これで何とホークス6連勝となってしまった。
 そして3試合目は稀にみるダレた試合となった。互いにコロナの影響を受けて苦しい時期ではあるが、何と性懲りもなく杉浦を先発させた。こいつの防御率なんか気にしたこともないが10点は行くだろう。案の定、周東に先頭打者H・R。スイスイ3点を取られて3回KO。
 ところが万波が二か月ぶりにH・Rで同点にする。そこからはまた一段と酷い展開となり、延長でも互いにチャンスを潰し合った。
 私はもういい加減に負けろ、とファンにあるまじき心境に陥って錯乱した。

 思えばここ数年に渡り、そして今年は特に、ブログの内容はほとんどがファイターズの悪口かグチである。この惨めな環境でもついつい試合を見てしまう悲しい性をどうしてくれよう。私の青春を返せ!

 結果?引き分けです。ホークスはどうしちゃったのか・・・。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

Categories:日本ハム ファイターズ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬